« 大井川鐵道 電気機関車 E10形 2号機 | トップページ | 西武新宿線 沼袋駅その後 »

2017年4月 8日 (土)

大井川鐵道 電気機関車 ED501

昨日に引き続き大井川鐵道の電気機関車、ED500形です。

Ed501_170312_4 2017/3/12 新金谷

大阪窯業セメント~大阪セメント~住友大阪セメントが1956年、日立製作所に発注し、2両が製造されたもので、いぶき500形と言われました。車体にはいまでもそのときの名残が残っています。

Dsc00109 2017/3/12 新金谷

近江長岡駅から分岐した伊吹工場専用線で使用され、形式名の「いぶき」は伊吹山から取られました。1999年6月を限りに同線の輸送はトラックに切り替えられ、廃線となりました。そのとき、2両とも大井川鐵道に譲渡され、ED500形ED501,ED502となり、2000年3月18日から運転を開始しましたが、昨日の記事にあるように中部国際空港の埋め立て用土砂輸送で、急遽三岐鉄道で活躍することになり、ED501は貸し出し、ED502は売却となりました。

Dsc00110
三岐鉄道では2000年5月18日から運用を開始し、土砂輸送作業が終了すると共にED501は大井川鐵道に返却され、ED502は西藤原駅構内で静態保存となりました。その後、2015年5月、保々に移され、解体となりました。

主要諸元
    全長:12600mm
    全幅:2700mm
    全高:3830mm
    機関車運転整備重量:50.0t
    電気方式:直流1500V(架空電車線方式)
    軸配置:B-B
    台車方式:組立台枠
    主電動機:HS277-Br-16形×4基
    歯車比:16:76 (1:4.75)
    1時間定格出力:600kW
    1時間定格引張力:9000kg
    最大運転速度:65km/h
    1時間定格速度:23.8km/h
    動力伝達方式:1段歯車減速吊り掛け式
    制御方式:重連総括制御(三岐鉄道使用時)、抵抗制御、直並列2段組合せ制御
    制御装置:電磁空気単位スイッチ式
    ブレーキ装置:EL14A空気ブレーキ、手ブレーキ、発電ブレーキ

Dsc09665 2017/3/11 千頭

E102号機と重連でイベント臨時客車列車を牽引し、千頭に到着後の入れ換え風景

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 大井川鐵道 電気機関車 E10形 2号機 | トップページ | 西武新宿線 沼袋駅その後 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電気機関車」カテゴリの記事

民鉄:大井川鐵道」カテゴリの記事

コメント

B767-281様お早うございます。今年も年度当初のバタバタに巻き込まれ、まともに花見が出来ずに終わりそうです。もう少し仕事が軽くなったら見たい桜は沢山あります。愚痴はそのくらいで、電機を持つ私鉄もめっきり少なくなりましたね。大井川鉄道は貴重ですね。E31も良いですが、既存の2車種も末長く活躍して欲しいです。

細井忠邦さま、おはようございます。

今年の場合、関東地方の桜の見頃が菜種梅雨と重なって、週末が天気があまり良くないのもその理由かも知れませんね。

電機を持つ私鉄、以前は貨物輸送を行っていた私鉄ということで、今でも残っているのは三岐鉄道くらいかも知れませんね。

西武、岳南、大井川、東武、上信、上毛、秩父・・・博物館展示も含めて思い出すところでも結構ありますが、今後も残して欲しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大井川鐵道 電気機関車 ED501:

« 大井川鐵道 電気機関車 E10形 2号機 | トップページ | 西武新宿線 沼袋駅その後 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村