« JAレジの737 2 ANKが独自に導入した737-500 part1 | トップページ | JAレジの737 3 ANAが主力小型機として導入した737-700 »

2017年5月 9日 (火)

JAレジの737 2 ANKが独自に導入した737-500 part2

ANAは自社のブランド戦略のために2003年以降、737のペイントをANAロゴに変更し始めました。それでも737-500に描かれたイルカもマークは消されずに残されました。一方で、2004年4月1日から、フェリー便を除くすべてのANK便名はANA便となりました。

Ja305k_051210_fuk 1998/12/1 FUK JA305K
垂直尾翼や胴体のロゴはANKからANAになり、小さくAIR NIPPONと書かれたJA305K

ANAに737-700型が導入され始めてから、2005年~2006年にかけて2機の-400が、さらに2008年から2011年にかけて7機の-500がANAと包括提携を行うAIRDOに移籍となりました。これはANAが新千歳と東北、北陸各地を結ぶ路線をAIRDOに移管したためでした。

Ja303k_boeing_73754k_28991_3017_110 2011//7/29 NRT JA303K  ANAロゴの機体ですが小さくAIR NEXTと書かれています。

2005年6月にはLCCのエアーネクストが設立され、737-500が共通事業機として使用されるようになります。そのエアーネクストはANAグループの再編でエアーセントラルとともにエアーニッポンネットワークに統合され、ANAウイングス(AKX)として再スタートを切りました。一方、ANK2012年4月にANAと統合され会社が消滅となりました。

Ja307k_boeing_73754k_29795_3116_170 2017/5/3 NRT JA307K
こちらはANA WINGSと書かれています。

2012年10月からはANAで運航されてきた737-700がAIRDOに移管され、AIRDOで働いてきた737-500はリタイアするのかと思われましたが、AKXフリートとして復帰することになりました。737-500のリース機の退役はすでに始まっており、自社導入機でもJA84192016年6月にリタイアしています。機齢からして退役してもおかしくない年代ですが、国産ジェット機MRJの開発の遅れで737-500はあと数年活躍が続くようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« JAレジの737 2 ANKが独自に導入した737-500 part1 | トップページ | JAレジの737 3 ANAが主力小型機として導入した737-700 »

旅客機 Boeing 737」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAレジの737 2 ANKが独自に導入した737-500 part2:

« JAレジの737 2 ANKが独自に導入した737-500 part1 | トップページ | JAレジの737 3 ANAが主力小型機として導入した737-700 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村