« JAレジの737 3 ANAが主力小型機として導入した737-700 | トップページ | JAレジの737 5 南西航空が導入した737-200 »

2017年5月11日 (木)

JAレジの737 4 ANAが737NGシリーズとして完結させた-800

ANA2003年6月に45機の大量発注をかけた737-700型ですが、結局、2クラス制にした際の座席数の関係などから、キャパシティの大きい-800型に発注を振り替えることとしました。

Ja51an_boeing_737881_33886_2607_170 2017/4/22 HND JA51AN

737-800型の初号機JA51AN2008年5月19日に受領、6月1日から羽田~鳥取、羽田~米子線に就航しました。JA51ANは単通路機としては初のスターアライアンス塗装としても有名になりました。国内線上級クラスのプレミアムクラスのサービスを行う最初の737となりました。

Ja85an_boeing_737881_62640_5766_170 2017/4/15 HND JA85AN 東日本大震災の被災地支援の「フラワージェット」

2009年12月以降に受領したJA59ANからJA72ANまでの14機はプレミアムシートの調達の関係でモノクラス176席で受領となりましたが、順次改修を受け、2015年8月までに2クラス化されました。2013年8月に導入したJA73AN以降は再び、2クラス仕様で受領しました。

Ja86an_boeing_737881_62641_5836_170 2017/5/3 HND JA86AN -800型最終号機

2008年3月27日、将来の地方路線用機材として三菱MRJを発注し、ローンチカスタマーとなりましたが、開発遅延で機材計画の見直しを迫られ、その間の繋ぎとして9機の737-800の追加導入を決定し、2016年3月30日に36号機目のJA86ANを受領し、737の調達は終了しました。

Oelnl_boeing_7376z9_lauda_air_cn_30 2003/7/1 TXL ベルリン・テーゲル空港に着陸したラウダ航空の737-6Z9 OE-LNL

737NGシリーズ全体を見てみると、-500型の後継として登場した-600型スカンジナビア航空がローンチしましたが、胴体のサイズなどからボンバルディアエンブライエルなどのリージョナルジェットと競合し、AirbusA318同様に営業的には大苦戦し、2012年に生産を終了し、最終的な製造機数は69機に留まりました。

ボディを2.40m延長した-700型-300型の後継としてサウスウエスト航空がローンチし、1200機程度が製造されました。我が国ではANAのみが発注しましたが。現在その半数近くはAIRDOで活躍中です。-700ERもANAがローンチしましたが、結局今のところ製造されたのはJA10AN, JA13ANの2機のみで、ビジネスジェットとしてはBBJ737-700が120機程度製造されました。

もっとも製造機数の多いのがさらに胴体を5.90m延長させた-800型で既に4000機以上が就航し、未受領の機体も含めれば5000機を突破しています。クラッシクの-300型が1113機、-400型が486機の割合を考えるとNGシリーズではその関係は逆転しました。我が国でもANA以外にJAL, SKYMARK, ソラシドエア、春秋航空日本などが導入しています。

Hl7728_boeing_7379b5_cn_30002_ln_16 2014/8/2 NRT HL7728 Boeing 737-9B5

アラスカ航空がローンチした最長の派生型-900Boeing 757-200に迫るキャパシティとなり、さらに航続距離を延伸させた-900ERも製造されAirbusA321と競合する機体となりました。こちらも既に600機近く製造されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« JAレジの737 3 ANAが主力小型機として導入した737-700 | トップページ | JAレジの737 5 南西航空が導入した737-200 »

旅客機 Boeing 737」カテゴリの記事

コメント

B767-281様お早うございます。737シリーズも-900までいくと757と差別化できなくなりますね。設計の古い737が生き延びて、757が製造中止とはやはり量産効果でしょうか?最近の情勢ではこのクラスでは、エアバスのneoシリーズに軍配が上がっているように思います。

B767ー281さん、こんばんは。

B737シリーズの特集で B737の長年の製造された理由が 大変よくわかりました。


最大乗客数や航続距離でも B707を越えていたのですね。


米軍の対潜哨戒機も P3CからB737の発生機種みたいですし、これからも 活躍するのでしょう。

細井忠邦さま、おはようございます。

Boeingとしても737NGシリーズを世に出す際に、それまでに売れた737クラッシックのユーザーに逃げられないようにと考え、できるだけクラッシックの方式をかえずに、新規のテクノロジーを入れ込んだのがNGシリーズだったようですね。その結果、こと胴体に関しては707からの流れが残ったのでしょうね。

一方で、AirbusA320シリーズはエンジンの換装で高効率化を進めたのがneoシリーズでそれに対抗すべく出すのが次のMAXなんですね。

準急豊島園さま、おはようございます。

737NGのプロダクションリストを見るとUS-NAVY向けのP-8Aポセイドンとかがかなり出てきますね。
こういう世界もまた首を突っ込んでみると面白そうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAレジの737 4 ANAが737NGシリーズとして完結させた-800:

« JAレジの737 3 ANAが主力小型機として導入した737-700 | トップページ | JAレジの737 5 南西航空が導入した737-200 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村