« 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その4 車両検修施設 | トップページ | 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その6 HM展示 1 「さくら」から「さくら・はやぶさ」へ »

2017年6月 2日 (金)

下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その5 資料室

2016年10月15日土曜日の下関総合車両所の公開、今回は先日の大宮公開同様、資料室の展示内容の紹介です。

161015 1984年4月撮影の幡生工場の全景

161015_2
国鉄幡生工場時代の銘板

国鉄の発足は1949年6月1日、本来年度初めの4月1日に発足するところが、運輸省鉄道総局の準備遅れで6月になったそうです。下山定則氏が初代総裁に就きますが、前日から行方不明となり7月6日未明、常磐線北千住~綾瀬間で轢死体で発見されます(下山事件)、さらに三鷹事件(7月15日)、松川事件(8月17日)が起こり、3大ミステリーと言われます。

161015_3
国鉄時代最後の2年間は幡生車両所でした。

沿革の説明

1_161015
1903年6月
の開業から、幡生の地への移転まで

山陽鉄道は1888年1月に設立、同年11月1日、兵庫~明石間が開通、その後路線を延伸させ、1901年5月27日に馬関(ばかん:赤間関が略して馬関と呼んだのが始まりのようです)まで開通しました。1906年12月1日に鉄道国有化法により国有化されました。

2_161015
大戦中の幡生工機部、幡生工場、幡生車両所へ

1975年3月の新幹線博多開業を前にして、博多総合車両基地の立ち上げで大量の技術者が同所に送りこまれたのですね。

3_161015 民営化後から今日の組織へ

改造施工工場としての役割・実績

161015_4
改造実施例

1_161015_2
この頃はイベント列車用の改造車が多かったです。

1_161015_2_2
1_161015_3
SLやまぐち号用の客車も新製オハ35系が登場しました。

「あさかぜ・瀬戸」に登場した直流区間専用のスハ25などもこちらでの改造でした。
1_161015_4
115系の延命工事に続いて221系の延命工事が現在の主流のようです。
形式によって延命工事を担当する工場が分かれており、103系は吹田工場でした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その4 車両検修施設 | トップページ | 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その6 HM展示 1 「さくら」から「さくら・はやぶさ」へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その4 車両検修施設 | トップページ | 下関総合車両所一般公開 鉄道ふれあいフェスタ 2016 その6 HM展示 1 「さくら」から「さくら・はやぶさ」へ »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村