« 秋田旅行 秋田駅のことなど その1 駅の構造 | トップページ | 秋田旅行 車両個別編 EV-E801系 »

2017年7月 5日 (水)

秋田旅行 秋田駅のことなど その2 展示物

秋田駅に関する続編、構内の展示物に関してです。

2017年はJR東日本設立30周年及び同社の新幹線に関してはいろいろ記念すべき年て、

・1982年6月23日の東北新幹線大宮~盛岡間暫定開業から35周年
1982年11月15日の東北新幹線本格開業、上越新幹線大宮~新潟間開業から35周年
・1992年7月1日の山形新幹線福島~山形間開業から25周年
・1997年3月22日の秋田新幹線盛岡~秋田間開業から20周年、昨日の記事にあるように秋田駅の橋上駅化から20年、さらに1997年4月1日からは五能線経由の観光列車「リゾートしらかみ」も運転開始されました。
・2002年12月1日の盛岡~八戸間延伸開業から15周年

となります。

20_170630 2017/6/30 秋田新幹線20周年、リゾートしらかみ登場20周年、そして秋田駅橋上駅化20周年の電飾

また昨年2016年は軽便鉄道として1916年12月16日に船川軽便線が全通してから100周年でした。因みに同線は1922年9月2日に船川線と改称され、1968年4月1日、船川駅を男鹿駅と改称、線名も男鹿線となりました。さらに2004年9月17日には「男鹿なまはげライン」となりました。

100_170630 男鹿線全線開通100周年と蓄電池電車ACCUM EV-E801系導入の幟

100_170630_2 なまはげの姿が浮かび上がる電飾

170630 男鹿線のシンボル「なまはげ」のレプリカ

さらに新跨線橋には土崎工場(現 秋田総合車両センター)で製造された9両のD51の製番9号のD51554の煙室扉、ブレーキ弁、汽笛と1/5模型が展示されています。

D51_554_170630
D51_554_170630_3
D51_554_170630_2

さらに大館機関区設立52周年を記念して、1952年に製造されたD5152号機の1/10スケールの模型も展示されています。機関区の研修技術力のアピールの目的で製造されたミニSLで国鉄小型蒸気として東北各地を走ったそうです。

D51_52_170630_3 本物のD5152号機はナメクジスタイルですが、こちらは標準スタイルでした。

メトロポリタン口のそばには、「リゾートしらかみ」初代「青池」編成を模した五能線の風景を再現した鉄道模型のコーナーもありました。

170630_2 2017/6/30

141130 2014/11/30 常陸大子 キハ48 533+540 水郡線イベントにて クルージングトレインになった後

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 秋田旅行 秋田駅のことなど その1 駅の構造 | トップページ | 秋田旅行 車両個別編 EV-E801系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田旅行 秋田駅のことなど その2 展示物:

« 秋田旅行 秋田駅のことなど その1 駅の構造 | トップページ | 秋田旅行 車両個別編 EV-E801系 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村