« 秋田旅行 車両個別編 高頻度輸送のための701系 100番台 | トップページ | 秋田旅行 車両個別編 E653系1000番台 特急「いなほ」 »

2017年7月13日 (木)

秋田旅行 車両個別編 標準軌対応 701系 5000番台

秋田駅で見ることのできる701系、3回目は秋田新幹線開業による田沢湖線の標準軌化で登場した5000番台です。

7015000_n5001_030126 2003/1/26 盛岡 N5001編成

1996年から1997年にかけて2連10本(N5001~N5010)が製造されました。

室内はボックスタイプのクロスシートを1両に4か所千鳥状に配置し、側窓は両開き扉間の4枚のうち中間2枚が大型1段下降窓となっています。客用扉にステップは設置されていません。

7015000_n5002n5008_170702 2017/7/2 N5002+N5008編成
角型の尾灯が上部ブラックフェイス部分に設置されているのが特徴的です。

外観的には後部標識灯が窓上のブラックフェイス部分に角形のタイプが装備されました。パンタグラフはシングルアーム方式、台車は標準軌用DT63、TR248形、冷房装置はインバータ方式のAU723形を搭載しています。

7015000_n5007_030126_2 2003/1/26 盛岡 N5007編成

帯色は青紫とピンクです。

時刻表を調べると田沢湖線のローカル電車の秋田直通運用はなく、秋田センターからの出入りで一旦、秋田駅新幹線ホームに入線し、大曲まで回送の後、運用に入るようです。

大曲~秋田間で臨時列車として運用された実績はあるとのことです。

7015000_n5008_170702 2017/7/2 N5008+N5002編成
秋田駅新幹線ホームに入る定期列車はすべて回送表示でした。

検査は全般検査も含めて秋田車両センターで実施されますが、機器更新などがある場合は、狭軌用の仮台車に履き替え、甲種回送で秋田総合車両センター(旧土崎工場)に入場することがあるそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 秋田旅行 車両個別編 高頻度輸送のための701系 100番台 | トップページ | 秋田旅行 車両個別編 E653系1000番台 特急「いなほ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車701系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田旅行 車両個別編 標準軌対応 701系 5000番台:

« 秋田旅行 車両個別編 高頻度輸送のための701系 100番台 | トップページ | 秋田旅行 車両個別編 E653系1000番台 特急「いなほ」 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村