« 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 12 20070系 | トップページ | 18切符で会津若松日帰りの旅 その1 郡山まで »

2017年7月22日 (土)

海外から飛来する787 4 LOT ポーランド航空

LOT Polish Airlinesはポーランドのフラッグキャリアであり、その創立は1929年、それまで存在した民間航空会社数社が合併して設立しました。LOTとはポーランド語でFlightを意味する言葉で、99.82%の株式が国有財産省の所有となっています。

Splrb_boeing_7878_37894_78_170529_nSP-LRB Boeing 787-8 cn37894 ln78 2017/5/29 NRT

1989年のベルリンの壁崩壊、それに続く東欧の民主化、ソ連の崩壊で、ポーランドも西側陣営に取り込まれ、1999年にNATOに、2004年5月1日にEUに加盟しました。

Splrb_boeing_7878_37894_78_170529_2
LOTの使用していた機体も冷戦時代はソ連製のTu-134などを西ドイツの空港で何度か見ましたが、現在は今回紹介するBoeing 787をヨーロッパの航空会社では最初に導入した会社になりました。

Splrb_boeing_7878_37894_78_170529_3
787-8に関しては8機目を先日受領したそうで(関連記事)、-9を3機導入の予定だそうです。787-8のコンフィグはビジネス18席、Pエコノミー21席、エコノミー213席の計252席仕様です。

それら以外のFleetは

737-400 3機
737-800 4機 発注中

737-8MAX 6機 発注中

DHC-8-400 Q400 10機

Embraer170 6機
Embraer175  12機
Embraer195 6機     となっており、45機が運用中、13機が発注中となっています。

成田への就航は定期便としては2016年1月14日からで、当初は週3便でしたが、7月から週4往復になっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 12 20070系 | トップページ | 18切符で会津若松日帰りの旅 その1 郡山まで »

旅客機 Boeing 787」カテゴリの記事

コメント

B767-281様お早うございます。LOTと言えばIL62やTu154が浮んできます。アエロフロートの777を成田で見て魂消ましたが、787がLOTで飛んでいるなんて時代は変わったな、と思います。

細井忠邦さま、おはようございます。

我々の世代、ポーランドで思い出すといえば、音楽家フレデリック・ショパンの故国であり、ナチスドイツとソ連によって侵略された歴史、さらに「連帯」のワレサ議長などでしょうか。

どうもヨーロッパの中でも東欧的イメージが強い国ですが、今はその国の航空会社がヨーロッパのどの航空会社よりも先に787を手に入れたというのは驚きですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外から飛来する787 4 LOT ポーランド航空:

« 小菅の複々線を走る様々な列車達 東武の車両編 12 20070系 | トップページ | 18切符で会津若松日帰りの旅 その1 郡山まで »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村