« 名古屋~亀山間 関西本線 その2 213系5000番台 | トップページ | 名古屋~亀山間 関西本線 その4 211系 国鉄時代に投入された4連 »

2017年8月12日 (土)

名古屋~亀山間 関西本線 その3 313系

分割民営化から12年が経過した1999年当時、国鉄時代に製造された103系、113系、115系、117系、119系、165系などがJR東海の全車両の半数以上を占めており、これらを省エネルギータイプの自社形車両に置き換えるために登場させたのが313系でした。

初期車

1998年度末 77両
1999年度 104両     
103系全車廃車、165系定期運用離脱、東海道線名古屋地区の113系定期運用消滅
2001年 6両

3次車 2006年 204両
113系、115系、123系を陶太
4次車 2010年から2013年 120両
117系、119系を陶太
5次車 2014年度 28両
→武豊線電化用の名目で既存車両と共通運用

総計539両 

残存する国鉄形電車は 211系0番台、5000番台、6000番台 213系5000番台
     JR東海形は 311系 371系(廃車済み) 373系 383系  
     これらの合計を上回り過半数の車両数に

3133000_r112_111225 2011/12/25 笠寺 R112編成 東海道運用

編成番号   クモハ313(Mc4)    クハ312(Tc'2)
R101      3013            3013
|         |            | 
R116      3028                       3028

関西本線、名古屋~亀山電化区間ワンマン運転開始に向けて最初に準備、投入されたのは1998年度から2000年度にかけて大垣区に配置された3000番台2両編成(セミクロスシートワンマン運転対応)32両(R101~R116編成)でした。1999年5月6日に営業運転を開始し、2000年3月3日からワンマン運転が開始されました。

3131000_b1_090322_2 2009/3/22 多治見 1000番台 B1編成

神領区配置の1000番台初期車4両編成(B1~B3編成)も本来は中央西線(名古屋~中津川)運用ですが、211系0番台の検査での離脱発生の場合に関西本線での運用があるそうです。

3131500_b101_080904_2 2008/9/4 名古屋 1500番台 B101編成

同様に1500番台初期車3両編成(B101~B103編成)も関西本線で単独3連運用に入ったり、後述の2連と併結の5連運用に入ることがあります。

3131300_b405_120913_2 2012/9/13 名古屋 B405編成とB503編成

313_b401_170805 2017/8/5 亀山 313系1300番台 B401編成とB514編成の併結

1300番台
2010年6月に第一陣が登場した313系の4次車グループです。

編成番号   クモハ313(Mc4)    クハ312(Tc'2)
B401      1301           1301
|         |            | 
B408      1308                       1308

B401~B404編成はワンマン対応準備工事をして日本車輌製造豊川製作所を出場しており、当初大垣区に配置され、117系の運用を置き換える形で東海道本線で2+2の4連で営業運転を開始しました。本来は神領区の所属で、2010年10月中旬から、中央本線、関西本線に213系5000番台の運用を置き換え投入されました。

313_b501_140812_2 2014/8/12 桑名 B501編成

B501          1309                         1309
 |                     |                             |
B516          1324              1324

2011年度製造分は2011年8月3日に新たにB500番台の編成番号を付与され、日本車輌製造豊川工場を出場しました。当初よりワンマン運転対応済み仕様でした。313系では初となる旅客案内用液晶表示機を搭載しており、半自動ドアスィッチや運賃表示用液晶表示機はキハ25と同様のものです。

313_b517_170804 2017/8/4 名古屋 5次車 B517編成

B517             1325                        1325
  |                     |                              |
B524             1332                         1332

5次車として2014年8月6日B517~B520編成2015年1月14日B521~B524編成が日本車輌製造豊川工場を出場し、神領区に配置されました。落成当初より、ワンマン対応となっており、それぞれ2014年9月および2015年2月より、営業運転を開始しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 名古屋~亀山間 関西本線 その2 213系5000番台 | トップページ | 名古屋~亀山間 関西本線 その4 211系 国鉄時代に投入された4連 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車313系」カテゴリの記事

コメント

B767-281様こんにちは。東京に帰りマッタリしております。さて313系某雑誌によれば、153系のデザインを参考にしたらしいです。特集記事を読んだことがありますが、番台区分が多すぎてなかなか全貌が掴みにくいです。先頭部かなり強そうですが、低運転台で大丈夫なのですかね?

細井忠邦さま、おはようございます。

暑い中、とくに京阪神は関東に較べ暑かったと思いますが、涼し目の関東に帰られてまったりの気分よく分かります。

313系、そうなんですか153系の低運転台車のデザインを参考にしたのですか。

事故と言えば今年3月

2017年3月2日早朝、Y102編成が乗用車と衝突し、窓ガラスの一部が大きく破損したほか乗降扉も部分的に歪んだ。事故現場からは自走できず、救援列車により回送された。

東海道をかっ飛ばしている快速電車がこんな事故に遭いましたね。

分割民営化後、各社がオリジナルタイプの車両を出して久しいですが、線区によってどう車両を使い分けているかという視点から見てみると、地理的条件もありますが、面白いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋~亀山間 関西本線 その3 313系:

« 名古屋~亀山間 関西本線 その2 213系5000番台 | トップページ | 名古屋~亀山間 関西本線 その4 211系 国鉄時代に投入された4連 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村