« 南入曽電車夏まつり2017 その5 台湾コラボ編成 | トップページ | 東京総合車両センター「夏休みフェア」 その1 車両展示 »

2017年8月28日 (月)

E235系 量産編成 トウ06編成まで本線に登場

2015年11月30日より、E235系量産先行車トウ01編成が山手線で営業運転を開始しましたが、初日からトラブルを起こし、次世代車両制御システムINTEROSのソフトウエア改修などで、2016年3月7日の運転再開まで時間を要したのは記憶に新しいですが、2017年5月22日から、量産車が投入され、現在、トウ06編成までが本線上で活躍中です。

これまでに5編成までは撮影してきましたが、8月26日土曜日東京総合車両センター公開に出かけたタイミングでトウ06編成や10号車のサハE235形に関しても撮影してきました。

E235_1_160415_4 2016/4/15 大崎 4月なので行先表示器のイラストは「桜」

E235_1_e2354620_160415 2016/4/15 東京 トウ01量産先行編成 

後から2両目の10号車、サハE235形はサハE231-4620からの改造車のため、雨樋の高さが若干低く、屋根から側面の違いが分かります。

E235_2_170626_3 2017/6/26 秋葉原 トウ02 量産編成
この編成もサハE235-4640が組み込まれているため雨樋の高さの違いが分かります。

E235_3_170626_3 2017/6/26 西日暮里 トウ03編成
このカットでも後から2両目のサハE235-4603の雨樋の高さの違いが分かります。

E235_4_170717_4 2017/7/17 トウ04編成

Dsc07947
Dsc07946
2017/8/26 トウ04編成 
この編成ではE231-500番台からのサハE231-4600を待っていては量産が間に合わないとのことで新製のサハE235-501が組み込まれることになりました。雨樋の段差はなくなりました。

E235_5_170626_2 2017/6/26 西日暮里 トウ05編成
この編成もトウ04編成に続いてサハE235-502が組み込まれたため、雨樋の段差はありません。

Dsc07924
Dsc07926 2017/8/26 五反田 トウ06編成 8月なのでイラストは「ヒマワリ」

この編成では再びサハE235-4607が組み込まれているため、後から2両目の10号車の雨樋の段差が分かります。

トウ508編成のサハE231-4608を改造、サハE235-4608を組み込んだトウ07編成までが既に落成しているようですが、今年度中にはトウ15編成まで登場する予定だそうです。
一方、サハE231-4600番台を抜かれたE231系500番台トウ510、トウ513が東京総合車両センターで改修中でした。特にトウ513は所属表記が東ミツで緑帯というまさに改修中ならではの姿を見せていました。

量産先行車トウ01編成はサハE235-4620への改造も新津で施工し、11両で新潟から回送されましたが、量産編成からはサハE235-4600番台への改造は東京総合車両センターで行うため、10両で新潟から回送され、組み込む方式を採っているそうです。

中央・総武緩行線に活躍の場を移したA500編成についても後日記事にします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 南入曽電車夏まつり2017 その5 台湾コラボ編成 | トップページ | 東京総合車両センター「夏休みフェア」 その1 車両展示 »

電車E231系」カテゴリの記事

電車E235系」カテゴリの記事

コメント

現在、トウ07(10号車はトウ508から)まで出来ています。
トウ510は近日出場
トウ513は改造中
E231-4609・4610・4613は改造中です。4613はまだまだかかりそうです。

B767-281様今晩は。私見ですが、231.233.235と進むに従って顔無しになっている気がします。他の私鉄電車、例えば西武40000系や京王新5000系などのデザインと比べても、センスがないと思います。東海や西日本の車両と比較しても安っぽさを感じます。また最近思ったことですが、どんどん車両を入れ替えるお金があるなら、中央線にホームドアを付けてほしいです。基本土日にしか乗りませんが、ダイア通り走っている方が珍しいです。

ナローさま、こちらにもありがとうございます。

5月にE235系の量産が開始されてから、ひと月に1編成くらいのペースで235系の配給、A500編成の誕生、そしてE231系基本番台の他線転属の準備が行われていますね。

わたしもとりあえず、日常で撮影できるものから追っかけていますが、東京センター公開なのでその変化の様子が見られるチャンスは貴重ですね。

細井忠邦さま、おはようございます。

言われてみれば確かにE231,E233,E235と目鼻立ちがはっきりしない顔の電車になっていっていますね。これが今のデザインの流れなのかどうか分かりませんが?

山手線が東京の顔ということは確かにわかりますが、なんでそんなに早く電車総入れ替えを頻繁にするのという気持ちですね。

私は、月近週末しか乗る機会がありませんが、うちの息子も毎日中央線で通っていますが,ダイアが乱れない日は無いと言っていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: E235系 量産編成 トウ06編成まで本線に登場:

« 南入曽電車夏まつり2017 その5 台湾コラボ編成 | トップページ | 東京総合車両センター「夏休みフェア」 その1 車両展示 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村