« 小湊鉄道キハ5800形公開イベント その3 キハ5800形の外観 | トップページ | 近鉄 50000系豪華観光特急 「しまかぜ」 »

2017年9月 3日 (日)

小湊鉄道キハ5800形公開イベント その4 キハ5800形車内の様子

小湊鉄道五井機関区におけるキハ5800形の公開、昨日の記事に引き続き、今回は車内の様子です。

Dsc08080 2017/8/27 五井機関区

庫内に戻されたキハ5800に特製の階段がセットされ、車内見学のための立ち入りが可能になります。

Dsc08083
細井忠邦氏が指摘されているようにこの車両は鋼製車の祖と言われる30系よりも遙か前に製造された木製車です。

運転台は貫通扉が設置されているせいもあり、妻面の1/3程度の広さです。

Dsc08088
計器類は電流計、速度計、圧力計が2基と恐らく現役のキハ200形と揃えられているとおもいます。

Dsc08087
運転席反対側のスペースには手ブレーキが装備されており、昔、西武のクハ1411形などでもよく見たものでした。

Dsc08097
座席はオールロングシートです。

Dsc08093
上の写真にもあるように現役時代の写真が数点展示してあります。

Dsc08098
前面の錆を落として、上の写真の検査上がりの状態が復元できれば素晴らしいとおもいます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 小湊鉄道キハ5800形公開イベント その3 キハ5800形の外観 | トップページ | 近鉄 50000系豪華観光特急 「しまかぜ」 »

私鉄」カテゴリの記事

催事」カテゴリの記事

気動車」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

屋根の下で保存していれば、これだけ古くても中に乗れる位の状態は維持できるのですね。やはり屋根は重要ですね。

MiOさま、おはようございます。

仰る通り、雨風をしのぐ屋根の存在は大きいですね。
小湊鉄道、五井機関区にはこの車両の他、創業期から活躍した3両の蒸気機関車も保存されており、今回見学可能でしたが、それらも屋根の下にあり、美しい状態を保っていました。
一方で、休車中で屋外にあったキハ200の一両209はかなり錆が表面に出て危ない状態でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小湊鉄道キハ5800形公開イベント その4 キハ5800形車内の様子:

« 小湊鉄道キハ5800形公開イベント その3 キハ5800形の外観 | トップページ | 近鉄 50000系豪華観光特急 「しまかぜ」 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村