« 三重県のJRの駅と近鉄、その他の鉄道の駅が併設されている駅 2 津駅 | トップページ | 三重県のJR,近鉄併設駅 2 鳥羽駅 »

2017年11月21日 (火)

三重県のJR,近鉄併設駅 1 伊勢市駅

日本を代表する観光地伊勢志摩の中心、伊勢市の代表駅で、伊勢参りの玄関口として利用されている駅です。JR東海は参宮線、近鉄は山田線の乗り入れとなっています。

25_m113_170805 2017/8/5 キハ25形気動車

170805_5 2017/8/5 線路の奥は鳥羽方面 背後の長い跨線橋を介して、近鉄伊勢市駅と繋がっています。

駅構造は手前の単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線からなります。

170805 駅名標

参宮鉄道が宮川~山田間を延伸開業した1897年11月11日、山田駅として開業しました。宇治山田町が市制施行された4年後の1959年7月15日に伊勢市駅となりました。戦前から戦後のしばらくの間は「神都」の玄関口の駅として東京駅や大阪駅からの直行列車も発着していました。

170805_2
奥に架線柱が見える場所が近鉄の線路ですから、かなり距離は離れています。その間には伊勢車両区が存在していました。

伊勢車両区は参宮線開業以来(1989年11月に参宮鉄道山田機関区として設立)の歴史を持つ車両基地で国鉄分割民営化の際に亀山機関区に統合・廃止も検討されていましたが、関西本線の非電化区間および亀山機関区はJR西日本管轄となり、三重県内の非電化区間の運行拠点を確保するため存続されました。その後、気動車の点検体制見直しで2016年3月31日をもって、名古屋車両区、美濃太田車両区に統合されました。

170805_3 ホームで見かけた古そうな木製のベンチ

伊勢の名物「赤福」、江戸時代初期には皇大神宮(伊勢神宮内宮)前、五十鈴川のほとりで「赤福」の屋号を持つ餅屋が営まれていたそうです。

170805_2_2
伊勢車両区の線路を越えて近鉄駅とを結ぶ跨線橋

170805_4
跨線橋の内部 JR駅と近鉄駅間で中間改札はありません。

1231_170805
近鉄伊勢市駅も地上駅でこちらは相対式ホーム2面2線です。ホームの番号はJRの1,2,3に続いて4,5となっています。甲特急、しまかぜを含む全列車が停車します。
近鉄が乗り入れたのは1930年9月21日、参宮急行電鉄が外宮前駅(現、宮町前)から延伸し、当駅に乗り入れた時でそれ以来、共同使用駅となりました。

170805_2_3
伊勢神宮外宮に通じる南口

170805_6
駅前から商店街を進むと外宮の正面へ

Dsc06938
かつてこの参道には三重交通神都線が走っていたそうです。

Dsc06937
その頃の写真も展示されていました。
三重県の駅シリーズの後に伊勢神宮の様子も記事にします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 三重県のJRの駅と近鉄、その他の鉄道の駅が併設されている駅 2 津駅 | トップページ | 三重県のJR,近鉄併設駅 2 鳥羽駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

民鉄:近畿日本鉄道」カテゴリの記事

気動車キハ25形」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三重県のJR,近鉄併設駅 1 伊勢市駅:

« 三重県のJRの駅と近鉄、その他の鉄道の駅が併設されている駅 2 津駅 | トップページ | 三重県のJR,近鉄併設駅 2 鳥羽駅 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村