« 京王井の頭線 その路線と3000系の時代 その6 伊予鉄道3000系 | トップページ | 左内頸動脈狭窄症で再び入院 その1 »

2017年12月 4日 (月)

京王井の頭線 二代目1000系の時代1 一次車1701F~1705F

井の頭線で活躍した3000系、引退後の活躍はアルピコ交通、北陸鉄道などでも見られますが、まだ撮影していないので、訪問する機会があれば続編を記事にします。

続いては、現在、井の頭線で活躍中の二代目1000系の話題です。

1701_091010 2009/10/10 下北沢 1701F

1751_171113_21 2017/11/13 高井戸

二代目1000系は3000系以来、33年ぶりの新車として1995年に製造が開始され、1996年1月9日から、営業運転が開始されました。井の頭線としては初の20m級4扉車体でVVVFインバータ制御車両となりました。「京王帝都電鉄」最後の新規形式であり、「京王電鉄」と社名変更後も増備が続けられました。現時点までに3000系とおなじ29編成が登場しており、製造は東急車輌製造と日本車輌製造です。

1702_170217_21 2017/2/17 新代田 1702F

1752_170213 2017/2/13 高井戸

主要諸元

編成     5両 (2M3T→3M2T) 1701Fから1710Fまでは2M3T,1711F以降は3M2T
最高運転速度     90 km/h
設計最高速度     110 km/h
起動加速度     2.6(1710Fまで) km/h/s
3.3(1711F以降) km/h/s
減速度(常用)     3.7km/h/s
減速度(非常)     4.0km/h/s
編成定員     748
車両定員     143(先頭車)・154(中間車)
全長     20,000mm
全幅     2,864mm
全高     4,100mm
主電動機     かご形三相誘導電動機
主電動機出力     180 kW(4次車まで)
160 kW(5次車)
駆動方式     WNドライブ
歯車比     99:14=7.07:1
制御装置     VVVFインバータ制御
制動装置     回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置     京王形ATS

1703_171113 2017/11/13 高井戸 1703F

1753_171113_2 2017/11/13 高井戸

←渋谷方 1701F~1710F
               <            <             <
クハ1750ーデハ1100-サハ1500-デハ1000-クハ1700
 Tc1          M             T             M'          Tc2
  CP        VVVF SIV               VVVF SIV    CP

VVVFインバータ制御装置の制御素子は1710Fまでの奇数編成は東洋電気製造製GTOサイリスタ、偶数編成は日立製作所製IGBTです。

←渋谷方 1711F~1715F、1721F~1734F
               <            <             <
クハ1750ーデハ1100-デハ1050-デハ1000-クハ1700
 Tc1             M           M1            M2        Tc2
  CP        VVVF SIV               VVVF SIV    CP

1704_170213_21 2017/2/13 永福町 1704F

1754_170218 2017/2/18 高井戸

1711F~1715Fは東洋電気製造製IGBTでデハ1000形にはユニットを組むデハ1050形も制御するATR-H8180-RG682A-Mを、単独M車のデハ1100形はATR-H4180-RG683A-Mを搭載しています。1721F以降は日立製作所製IGBTでデハ1000形にVFI-HR2820Kを、デハ1100形にVFI-HR1420Tを搭載しています。

1705_170507_21 2017/5/7 高井戸 1705F

1755_170507 2017/5/7 高井戸

パンタグラフが3基搭載で、1710Fまではサハにも搭載されており、1710Fのデハ1010でシングルアームパンタが試験搭載された後、1711Fから新造時からシングルアーム式が搭載されました。

一次車は1995年度製造で、
1701F  1995/11/17  東急
1702F  1995/11/21 東急
1703F  1996/1/19  東急
1704F  1996/2/1     東急
1705F  1996/2/15   日車

本日から取り敢えず2泊3日で不在となりますので、その間updateは行えません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 京王井の頭線 その路線と3000系の時代 その6 伊予鉄道3000系 | トップページ | 左内頸動脈狭窄症で再び入院 その1 »

民鉄:京王電鉄」カテゴリの記事

コメント

B767-281様お早うございます。1000系2代目ですね。3000系はまだ十分使えそうだったので、6両化した方がいいのでは?と思っていましたが、この路線も大変混雑するので、4扉車に統一して良かったと今では思っています。最近の更新で中間サハがM化されていますね。

細井忠邦さま、おはようございます。

1000系の初期タイプも登場から20年以上が経過し、リニューアルが始まっているのですね。時間の経つのは早いものです。同じ頃、生まれた3日目の子どもが成人して大学の後半に入っていますからね。
1000系の記事はまだまだ続きますが、リニューアルによる3M2T化も加えておきます。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京王井の頭線 二代目1000系の時代1 一次車1701F~1705F:

« 京王井の頭線 その路線と3000系の時代 その6 伊予鉄道3000系 | トップページ | 左内頸動脈狭窄症で再び入院 その1 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村