« 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 8連 | トップページ | 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 2連 その1 »

2018年2月 7日 (水)

西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 6連

昨日に続いて西武2000N系9次車の話題、今回は6連です。

<2047F>

2000n_6_2047f_160506 2016/5/6 沼袋
6連の場合、新宿線配置で本線では4連もしくは2連との併結での運用、あるいは単独で国分寺線運用に入ります。

2000N系の6連は6次車として、2051F一編成が製造され、7次車で2053Fと2055Fが製造されましたが、2055Fは8連の製造計画から番号枯渇を回避するために、後年2045Fに改番されました。9次車では2047F2049Fが製造され、6連の製造は終結しました。

2000n_6_2048_161218_2 2016/12/18 東村山 
国分寺線運用
2047Fは2008年にシングルアームパンタ化、戸袋窓撤去、前面ナンバープレート化などの更新修繕を受けています。

<2049F>

2000n_6_2050_160508_2 2016/5/8 小川

2000n_6_2050_160627 2016/6/27
一方,2049Fの方はパンタはひし型、戸袋窓ありとオリジナルスタイルを維持しています。通風機の撤去はされています。

この2編成はいずれも東急車輛での製造です。

2047F  1990/9/28      
2049F  1990/10/12

以上の複雑な番号配分の結果、2000系,2000N系では
2001~2008 8連 当初6連に2031F,2033Fのモハを組み込み
2009~2034 旧2000系 但し、2031,2033は2代目
2035~2044 欠番
2045~2054 6連
2055~2098 8連 2055Fは2代目
となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 8連 | トップページ | 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 2連 その1 »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 6連:

« 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 8連 | トップページ | 西武2000N系 4扉車を主流にした車両 9次車 2連 その1 »

カテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村