« 久しぶりの東十条で「TRAIN SUITE 四季島」を狙う | トップページ | 「伊豆クレイル」編成(IR01)になった651系1000番台 OM301編成 »

2018年2月20日 (火)

久しぶりの東十条 651系1000番台の活躍

昨日に続いて、東十条での列車撮影、今回は1988年から1992年にかけて、川崎重工業で99両(7両基本+4両付属編成がそれぞれ9本ずつ)が製造され、1989年3月11日のダイヤ改正で「スーパーひたち」として在来線特急として初めて最高速度130km/hの営業運転をした651系の話題です。130km/hの最高速度を出すことが可能な特急電車としてはJR九州の783系の方が先に登場していましたが、実際にその速度で営業運転したのは1990年からのため、651系が初めてになるそうです。

常磐線における651系の活躍はまだ拙blogではきちんと触れていませんが、今回は後継のE657系に常磐線特急の座を譲り、2014年3月15日のダイヤ改正から、185系の置き換え用として高崎線系統の「スワローあかぎ」「あかぎ」「草津」用に投入された1000番台について触れようと思います。

常磐線時代は
K101~109 基本編成 7両 K201~K209 付属編成 4両 勝田車両センター
651
K100番台編成とK200番台編成内における0番台車、100番台車の番号配分は上記のようになっていました。

これらの車両の中からK101,104,105~109、K205, 208. 209編成の車両が1000番台に改造されました。
改造は大宮総合車両センターと郡山総合車両センターで行われ、モハ650形についてパンタグラフをPS26からPS33Dに交換、交流避雷器の撤去が行われましたが、直流対応化に関する改造は最小限にとどめられました。1000番台は大宮総合車両センター配置となりました。

OM201<=K101     OM301<=K206
OM202<=K104     OM302<=K209
OM203<=K106     OM303<=K208
OM204<=K107
OM205<=K108
OM206<=K109

編成番号に関しては常磐線特急時代は電連カバーに表示がありましたが、1000番台に改造後は表示が一様ではなく、個人的にはどの編成の撮影しているのか不明の状態です。

OM301編成2016年7月から小田原~伊豆急下田間で運行を開始した「伊豆クレイル」用編成IR01に再改造され、国府津車両センターに転属しました。こちらも別記事で触れます。

さて2月17日土曜日の撮影ですが

6511000_180217 10:07頃 4008M 特急あかぎ8号

Img_6536
Img_6537 10:07頃 3001M 特急草津1号 

Img_6579
Img_6580 10:38頃 4010M 特急あかぎ10号 新宿行

Img_6603
Img_6604 10;43頃 列番不明列車

Img_6662 11:19頃 新宿からの「あかぎ10号」 回送列車

Img_6673 山手貨物線を行く回送列車を上野からの列番不明列車が追いかけるという場面もありました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 久しぶりの東十条で「TRAIN SUITE 四季島」を狙う | トップページ | 「伊豆クレイル」編成(IR01)になった651系1000番台 OM301編成 »

電車651系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの東十条 651系1000番台の活躍:

« 久しぶりの東十条で「TRAIN SUITE 四季島」を狙う | トップページ | 「伊豆クレイル」編成(IR01)になった651系1000番台 OM301編成 »

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村