« 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その3 TGのA350 | トップページ | 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その5 Eva AirのA330 part1 »

2018年3月14日 (水)

久しぶりの羽田空港国際線デッキ その4 NHのA321neo

3月10日土曜日の羽田空港国際線ターミナルでの飛行機スポッティングの話題、今回は国内線の話題です。

Ja131a_airbus_a321272n_7839_180310_ 2018/3/10 HND JA131A Airbus A32-272N cn7839
岩国からNH634便で11:05に着陸したときのもの

全日空はA321ceoに続いて、new engine optionのneoを2017年9月12日から国内線に就航させました。エンジンはP&W PW1130G-JMで、翼端に大型ウイングチップ「シャークレット」を装備することで従来タイプより、燃費を15%改善したそうです。

Ja132a_airbus_a321272n_7881_18031_2 2018/3/10 HND JA132A Airbus A321-272N cn7881
こちらは11:44 宮崎からのNH604便で着陸したときのもの

座席数はプレミアムクラス8席とエコノミークラス186席の計194席で、シートはプレミアムクラスがレカロ製、エコノミークラスがソディアック・エアロスペース製です。両クラスとも、電源コンセントと充電用USB端子が各席に設けられており、Wi-Fi機器による機内インターネット接続サービスにも対応しているそうです。

Ja111a_airbus_a321211_7346_180310_h 2018/3/10 HND JA111A  Airbus A321-211 cn 7346
こちらはceoタイプのJA111Aで米子からのNH386便
ceoとneoとでは着陸時の逆噴射状態でのエンジンの形態に違いがあることがわかります。

1
これまで全日空が導入した3タイプのAirbus A321のロゴの比較ですが、一番上がneo, 真ん中がceo、一番下が-131です。

全日空(ANAホールディングス)は2014年7月にA321neoを23機、さらに2015年1月に3機追加し、計26機契約しており、機体記号もJA131Aから連番でJA156Aまで連番で予約していましたが、2017年12月25日付JA153AからJA156Aまでの4機については取り下げたとのことです(情報源)。現時点ではJA131AとJA132Aの2機が就航中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その3 TGのA350 | トップページ | 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その5 Eva AirのA330 part1 »

旅客機 Airbus A318/A319/A320/A321」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その4 NHのA321neo:

« 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その3 TGのA350 | トップページ | 久しぶりの羽田空港国際線デッキ その5 Eva AirのA330 part1 »

カテゴリー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村