« 日本橋川に沿って歩く その8 常盤橋から日本橋まで | トップページ | 日本橋川に沿って歩く その10 鎧橋から隅田川まで »

2018年4月 3日 (火)

日本橋川に沿って歩く その9 日本橋から鎧橋まで

日本橋川に沿って歩くシリーズ、今回は日本橋の下流側です。

180208_2 180208

橋の北東岸には「魚市場発祥の地」の碑があります。江戸湾などで獲れた魚を幕府に納め、その余りを人が多く集まったこの辺で売りさばいたのが魚市場の始まりなのでしょう。

Dsc03759
南岸の東側にはクルーズ船が発着する桟橋があります。

Dsc03761
橋の南東の角、桟橋への入り口は「滝の広場」といった名前が付いています。チャンスがあればここからクルーズ船に乗ってみたいものです。

Dsc03710
Dsc03709
日本橋の下流の橋は江戸橋、1927年竣工、2径間鋼製アーチ橋です。この橋は靖国通りと同じく関東大震災の復興事業で造られた都道316号”昭和通り”が通るために架けられたもので、日本橋架橋後の1631年に架けられた旧江戸橋とは別の橋だそうです。旧江戸橋から日本橋にかけて川の北岸が魚河岸となっていました。

さらに旧江戸橋の下流で北側に西堀留川、東堀留川、南側に楓川が分岐し、蔵が立ち並び物流の中心地でした。

昭和通りの直下を都営地下鉄浅草線が通っていますが開業当初、直近の駅名は江戸橋でしたが1989年に東西線との連絡、駅名をそろえるために日本橋に改称されました。

今では江戸橋と言えば首都高速の江戸橋Jctが有名ですが、ランプはC1の外回りの昭和通り北方向への出口、昭和通り南方向からC1内回りへの入り口だけです。

Dsc03719
川沿いの道が少し川から離れた場所に小網町児童遊園があり、

Dsc03723
結構この辺りに来ると川幅も広くなり、かつては渡しがあったそうです。

Dsc03729
そしてその大河に架橋された橋が鎧橋、1957年竣工、3径間鋼製ゲルバー橋です。上の写真の案内板の記述にあるように源義家の鎧伝説や平将門の兜伝説など鎧兜の地名が現在も残されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 日本橋川に沿って歩く その8 常盤橋から日本橋まで | トップページ | 日本橋川に沿って歩く その10 鎧橋から隅田川まで »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本橋川に沿って歩く その9 日本橋から鎧橋まで:

« 日本橋川に沿って歩く その8 常盤橋から日本橋まで | トップページ | 日本橋川に沿って歩く その10 鎧橋から隅田川まで »

カテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村