« 函館市電で活躍中の車両 8100形 8101号 | トップページ | 函館市電で活躍中の車両 9600形 9602号 »

2018年5月17日 (木)

函館市電で活躍中の車両 9600形 9601号

1両のみの更新に留まった8101形に対して、全面低床式電車としてアルナ車両が開発したリトルダンサーシリーズで初の2車体連接車両タイプC2を2007年から導入したのが9600形でした。
9601_151223_3 2015/12/23 駒場車庫
残念ながら9601号は訪問時、車庫内におり、こういった写真しか撮れませんでした。
床面高さは360mmで、補助スロープにより、車椅子での乗降も可能となっています。座席はロングシートで、一部の座席を跳ね上げて、車椅子2台分を固定することも可能となっています。車内には液晶式ディスプレイが搭載され、駅、運賃表示の他。映像ソフトの上映も可能となっています。
9601号は9601A,9601Bとナンバリングされており、2007年1月31日に駒場車庫で報道向け公開が行われました。
らっくる号」と命名されたのは「楽に乗り降りでき、ふたこぶラクダ(らく)のような電車が迎えに来る(くる)」という意味をこめてのことだそうです(情報源)。
主要諸元
軌間    1,372 mm
電気方式    直流600V架空電車線方式
最高運転速度    40 km/h
車両定員    62人(うち座席31)
車両重量    20.0t
全長    13,250 mm
全幅    2,340 mm
全高    3,700 mm
台車    住友金属工業SS05
主電動機    東洋電機製造TDK6407-B
三相かご型誘導電動機 85kW×2
駆動方式    車体装架式直角カルダン駆動方式
制御装置    VVVFインバータ制御
(IGBT素子)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 函館市電で活躍中の車両 8100形 8101号 | トップページ | 函館市電で活躍中の車両 9600形 9602号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館市電で活躍中の車両 9600形 9601号:

« 函館市電で活躍中の車両 8100形 8101号 | トップページ | 函館市電で活躍中の車両 9600形 9602号 »

カテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村