« ロシアの飛び地 カリーニングラード | トップページ | 2017年10月の福岡旅行 10 赤い813系の話題 その5 300番台 »

2018年6月24日 (日)

2017年10月の福岡旅行 10 赤い813系の話題 その4 200番台

今年4月30日の記事で100番台まで進んでいたJR九州の813系の話題、200番台から続けます。

813_r201_110127 2011/1/27 多々良第一踏切 
813系Rm201編成 第5次車

200番台は1997年から1998年にかけて北九州・福岡地区の列車増発と423系・715系の置き換えを目的として3両編成36本108両が製造されました。813系の中では最大のグループとなりました。

813_r223_100830 2010/8/30 博多
Rm223編成 第6次車

0,100番台に続いて
5次車 1997年3月から7月に落成 Rm201-222
6次車 1998年3月落成                Rm223-228
7次車 1998年9月落成               Rm229-236

となりました。

外見上の特徴はドア周りのビートプレスが減少したこと、号車札差しやトイレの採光窓、編成番号表示部(助士席上部)の照明が廃止されたことが大きな変化です。前照灯のフォグランプも当番台から廃止され、ダミーランプとなりました。車外スピーカーはこの番台から標準装備となりました。

813_r228_171014 2017/10/14 直方
Ro228編成

813_r229_121222 2012/12/22 西小倉
Rm229編成 第7次車

R228編成は福北ゆたか線仕様車になり、R231編成はR008・101編成と同じ事故により廃車となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« ロシアの飛び地 カリーニングラード | トップページ | 2017年10月の福岡旅行 10 赤い813系の話題 その5 300番台 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車813系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年10月の福岡旅行 10 赤い813系の話題 その4 200番台:

« ロシアの飛び地 カリーニングラード | トップページ | 2017年10月の福岡旅行 10 赤い813系の話題 その5 300番台 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村