« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その16 6200系 part2 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その18 大阪府都市開発3000系 »

2018年8月 4日 (土)

2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その17 9000系

南海9000系8200系で採用されたバーニア抵抗制御・界磁チョッパ制御方式を採用し、南海本線用車両として初のオールステンレス製車体とした20m級両開き4扉通勤車です。また回生ブレーキ付き車両としても南海本線では初でした。

9504_180323 2018/3/23 新今宮 9503F

特急「四国」などで長年使用された旧1000系の陶太を名目に1985年から1988年にかけて32両が東急車輌製造で製造されました。

9505_180323 2018/3/23 天下茶屋 9505F

主要諸元

最高運転速度    110 km/h
設計最高速度    115 km/h
起動加速度    2.5 km/h/s
減速度(常用)    3.7 km/h/s
減速度(非常)    4.0 km/h/s
全幅    2744 mm
車体    ステンレス
主電動機出力    160kW MB-3280-BC
駆動方式    WNドライブ
歯車比    85:16 (5.31)
制御装置    バーニア抵抗制御・界磁チョッパ制御 VMC-HTB-20B
制動装置    回生制動併用電気指令式ブレーキ
台車 住友金属工業FS-392B/092

CP C-2000L (M2車) SIV BS-483K2(M2車)に搭載

9509_180323 2018/3/23 新今宮 9509F サザンの自由席編成

1次車 1985/3 9001-9006 9501-9506 4両固定編成3本
2次車 1986/10, 1987/5 9007-9012 9507-9512  1986/10に6両固定編成1本が竣功し、1987/5に竣功した車両で編成替えがなされ、最終的に4両編成3本に
3次車 1988/3 9013-9018 9513-9514 6両固定編成1本と、電動車1ユニットは2次車の6連化用に

9513_101206_2 2010/12/6 浜寺公園

9000系は高野線の8200系とよく似た額縁スタイルであり、誤乗防止のため、緑の帯が窓下に巻かれて登場しました。前面窓ガラスは屋根近くまで延長され、この系列から車両番号が前面に示されるようになりました。

4両編成はSIVが1基しか搭載していないため、トラブル発生時を考慮して、2編成併結の8連、もしくはサザン、サザンプレミアムの自由席車として12000系との併結で使用されることが多いようです。6両編成は、運用上の制限なくあらゆるタイプの列車に使用されています。

今年更新を迎えるようで、8200系同様界磁チョッパ制御の部品入手の問題があり、VVVFインバータに換装も考えられるとことです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その16 6200系 part2 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その18 大阪府都市開発3000系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:南海電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その17 9000系:

« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その16 6200系 part2 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その18 大阪府都市開発3000系 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村