« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その21 8000系(2代) | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その23 大阪府都市開発5000系 »

2018年8月10日 (金)

2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その22 8300系

南海電鉄としては目下のところ最新の系列となっているのが8300系です。

8303_180323 2018/3/23 天下茶屋 8303F 

8353_180323_21 2018/3/23 天下茶屋 8353F 4連+2連の6連です。

8305_180323 2018/3/23 天下茶屋 

8405_180323_21 2018/3/23 天下茶屋    8305F 4連

南海の車両はこれまで東急車輛製造(現、総合車両製作所)で製造されたものを長いこと使用して来ましたが、この系列は1973年製の7100系以来となる近畿車輛の製造です。

主要諸元

最高運転速度    110 km/h
編成定員    588名
車両定員    先頭車141名 中間車153名
全長    先頭車20,765mm 中間車20,665 mm
全幅    2,830 mm
全高    先頭車4,140mm 中間車4,050 mm
車体    ステンレス
主電動機    全閉内扇式かご型誘導電動機 東洋電機製造製TDK6315-A
主電動機出力    190kW
駆動方式    TD平行カルダン駆動方式 歯車比    85:14 (6.07)
制御装置    IGBT素子VVVFインバータ制御
保安装置    南海型ATS

動力系の特徴は国内で初めて全閉内扇式かご型誘導電動機を使用し、騒音の低減を図ったことです。

現在までに4両編成9本、2両編成10本の計56両が製造されており、今後も引き続き製造される予定です。

形式は 4連 モハ8300 サハ8600 サハ8650 モハ8400
           Mc1           T1            T2            Mc2
             2連 クハ8700 モハ8350
           Tc1     Mc3

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その21 8000系(2代) | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その23 大阪府都市開発5000系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:南海電鉄」カテゴリの記事

コメント

B767-281様お早うございます。8300系が最新ですか。今回の関西遠征で偶然見たのが、8359の編成でした。最近出たばかりのようで、ピカピカの新車といった趣。7100も廃車が出ていくのでしょうか?ところでまた酷暑に戻ったようですね。お身体お大事にどうぞ。

細井忠邦さま、おはようございます。

8359編成は2連の編成でしかも前パンスタイルですね。
関東に較べるとJRにしても私鉄にしてもラッシュ時の混雑規模が違うのか、編成両数が少なく感じますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その22 8300系:

« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その21 8000系(2代) | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その23 大阪府都市開発5000系 »

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村