« 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その2 モ161形 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その4 モ351形 »

2018年8月30日 (木)

2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その3 モ501形

阪堺電車の路線を経営していた南海は1938年からモ101形などの大型木造車の鋼体化に取り組み、モ205形などが登場して来ました。しかし、戦後になり、これらの車両の老朽化も進み、置き換えを目的に1957年に帝国車輛工業で製造されたのがモ501~505の5両でした。当時の最先端の技術が盛り込まれた高性能車でした。
501_180324_2 2018/3/24 新今宮
The Electric Railway Presidents' Conference Committee(ERPCC)により、アメリカ合衆国で当時台頭しつつあったバスや自家用車に対抗できる路面電車として最初の100両のPCCカーが製造されたのは1936年のことでした。
529_150110_12th_imperial_tc4 2015/1/10 San Diego 12th & Imperial Tansit Center
529 PCC Car
501_180324_4 2018/3/24 新今宮
5501_130817 2013/8/17 おもいで広場 5501

日本では第二次世界大戦後の1950年代に路面電車の高速化の取り組みが行われ、PCCカーが注目され、都電5500形5501、東急デハ200形、大阪市電3000形・3001形、そして南海電気鉄道モ501形が製造されました。

503_180324 2018/3/24 新今宮

車体は全長13,000mm、幅2436mm、高さ3200mmの全金属製で座席はロングシート、制御器は自動加速制御機能を備えた多段電動カム軸式の三菱電機AB-44-6Mで主電動機は東洋電機製造TDK-830A、駆動装置は中空軸平行カルダン方式、アイドラーギアを介した2段減速方式で歯車比は84:37:13となっています。台車は一自由度系軸箱梁式台車の汽車製造KS-53台車で日本の路面電車初の量産空気バネ台車を履いています。ブレーキは電空併用非常直通ブレーキのSME-Dを搭載しましたが、1980年の分社化でSM-3に交換されました。

503_180324_2 2018/3/24 新今宮

1985年にモ501-504、1986年にモ505が三菱電機CU77冷房装置を搭載して冷房改造されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その2 モ161形 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その4 モ351形 »

旅行・地域」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その3 モ501形:

« 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その2 モ161形 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 阪堺電気軌道編 その4 モ351形 »

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村