« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part1 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part3 »

2018年8月15日 (水)

2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part2

昨日の記事では加太線の開業、貨物線として松江線の開業、紀ノ川橋梁の倒壊などの歴史に触れました。

7191_180323_2再掲ですが、7171-7968編成の側面に貼ってあった加太線をアピールするステッカー

今回は2014年11月から「加太さかな線」の愛称のもとに各種広報、イベントが行われる、今の加太線の風景について触れてみようと思います。

7187_180323 2018/3/23 八幡前で交換したピンクのめでたい電車

訪れた時間帯は昼の閑散とした時間帯で和歌山市発は毎時26分と56分の2本、2編成が八幡前で交換するパターンでした。

180323_3

25分程度で終点加太に到着します。

180323 2018/3/23 加太駅には「めでたい電車」を紹介するボードも用意されています。

7100系の記事で紹介しましたが、加太線等で運用される7100系2連ワンマン運転対応編成の中で2編成、ピンクと空色の「めでたい電車」が運用されています。

180323_2 2018/3/23 加太駅の駅舎

加太駅は1912年6月16日、加太軽便鉄道開業時に設置された駅で、現在は2面2線の構成です。駅舎は開業時以来からのもので、ホーム上屋支柱には1911年製のレールが使われています。加太電気鉄道時代は木造の車庫も存在した拠点駅だったそうです。

明日の記事では加太駅から加太港まで歩いた際の記録です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part1 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

路線について」カテゴリの記事

民鉄:南海電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part2:

« 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part1 | トップページ | 2018年3月の関西旅行 南海電鉄編 その26 加太線 part3 »

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村