« 2018年3/10月の関西旅行 近畿日本鉄道編 その5 一般型車両 大阪線 1435系 | トップページ | 2018年3/10月の関西旅行 近畿日本鉄道編 その5 一般型車両 大阪線 1436系 »

2018年11月 6日 (火)

小手指車両基地を偵察 001系A編成を撮影

近鉄車両の話題が続いていますが、11月5日月曜日、小平からつくばに向かう道中でちょっと寄り道して来ました。

お目当ては先週の月曜日(10月29日)記者発表が行われた西武の新特急50000系ではなく001系です。

1606052016年6月5日 武蔵丘公開での新型特急のアナウンス

160605_4 その完成予想図

この車両は西武鉄道創業100年記念で登場した4000系改造の「52席の至福」や新型通勤車両40000系とともに今後100年に向けた西武鉄道のFlagship Trainとしての期待が込められた車両ということでこれまでの流れからの50000系ではなく001系とし、「Laview」という愛称が与えられたようです。

Dsc06919 2018/11/5 駅名標

小手指車両基地は西武池袋線小手指駅と狭山ヶ丘駅の中間にあり、私自身訪れるのは2回目ですが、編成がどういった状態で停まっているのか、庫内なのか、野外なのかを基地の横を通過する車内から偵察してからということで、今回は狭山ヶ丘から歩くことにしました。

Dsc06922 2018/11/5 小手指車両基地の西側エンド

狭山ヶ丘駅北口から線路沿いに歩いて約10分で小手指車両基地西側エンドに到着しました。

2000系、6000系、20000系、30000系、40000系などの池袋線の主力通勤車両が停車していますが、

Dsc06931 2018/11/5 小手指車両基地

その中に無塗装(追記:コメントにあるようにシルバー塗装であるそうです)のように見え、見慣れぬスタイルの8両編成が居ました。
基地の横を通過する電車からも見えましたが、これが新特急車両001系です。

Dsc06930
正面からのスタイルはゲゲゲの鬼太郎の目玉親父を連想させるスタイルでしょうか。

Dsc06926
隣に40000系40101Fが停車していますが、編成両数は8連で56両製造ということは7編成製造が予定されているようです。

3枚上の写真からも分かりますが、「Laview」という愛称にもあるように眺望にはこだわったようで側窓の大きさがかなり上下に大きいことが分かります。

Dsc06942

池袋側のサイドからの写真でもかなり特異的な球体のような前面構造であることがわかります。

これから、さらにラッピングが施されるのかどうか分かりませんが、2019年3月のデビューが楽しみな車両です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年3/10月の関西旅行 近畿日本鉄道編 その5 一般型車両 大阪線 1435系 | トップページ | 2018年3/10月の関西旅行 近畿日本鉄道編 その5 一般型車両 大阪線 1436系 »

」カテゴリの記事

鉄道施設」カテゴリの記事

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

無塗装のように見えますが、公式発表にもあったようにアルミ車体にシルバーで塗装されています。
写真にある無塗装の40000系と見比べればわかりやすいかと。

私は所沢へ甲種を見に行きました。

ぽんこ さま、はじめまして。
コメントありがとうございます。
アルミの地肌にシルバー塗装ですか。光加減で見え方が変わるかもしれませんね。

にゃんきちさま、おはようございます。

そうでしたか、所沢まで行かれましたか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小手指車両基地を偵察 001系A編成を撮影:

« 2018年3/10月の関西旅行 近畿日本鉄道編 その5 一般型車両 大阪線 1435系 | トップページ | 2018年3/10月の関西旅行 近畿日本鉄道編 その5 一般型車両 大阪線 1436系 »

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村