« 秩父夜祭号EL3重連を撮影しに寄居まで | トップページ | 2018/11/24 西武秩父往復の旅 »

2018年12月 5日 (水)

西武101N系 1245F 無線関連機器リニューアル

12月3日月曜日、一橋学園駅から寄居に向かう際に、久しぶりに101N系1245F(白電)を見かけました。

最近、多摩湖線では伊豆箱根ラッピングと言えば1261Fのみ、もう一編成あるはずの1241Fは見かけなかったもので、思わず1241Fと1245Fを勘違いして、「1245Fが伊豆箱根カラーから白に戻ったようだ」とTweeetしてしまいました(後に削除)。SNS等の情報を調べてみると、1245Fが運用入りも久しぶりのようで、列車無線関連の機器が更新されたとのこと。(追記:1241Fは10月20日に多摩川線に甲種回送されていました)。

早速、寄居からの帰路とつくばへ向かう行程で1245Fに乗車する機会がありましたので、運転室内を観察しました。

Dsc07704 2018/12/3 萩山 1245F(1246)の運転席
正面窓左隅の機器(A)、および中央柱そばの列車運行情報表示装置(B)が新しいタイプになっています。

Dsc07705 Aのアップ

Dsc07706 Bのアップ

参考に以前、撮影した1241F(1242)の同機器の写真を載せます。

101n_241f_170318_2 2017/3/18 国分寺 機器A

101n_241f_170318_3 2017/3/18 国分寺 機器B

外観的には列車無線のアンテナにも変化があるようです。

Dsc07710 2018/12/3 萩山 1245

Dsc07711 アンテナ部分のアップ

Dsc07708
新造から38年、更新からも7年経っていますが、これらの機器が更新されたことを考えると活躍はまだまだ続きそうですね。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 秩父夜祭号EL3重連を撮影しに寄居まで | トップページ | 2018/11/24 西武秩父往復の旅 »

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

一般車両も順次このタイプに変更していくのですね。

にゃんきちさま、おはようございます。

その様ですね。他の系列もそういった観点で眺めてみると、運転室内を観察しなくてもアンテナがこのタイプになっている車両をいくつか見かけました。

こんばんは。お久しぶりです。

微妙な違いとは言え、特徴的な無線アンテナの形が変わるとなんだか時代を感じますね。

MiOさま、お久しぶりです。
はっきり言って101N系に新装備と聞いて、まだ使うのかという気もしましたが、むやみに新しい車両を新造せずに古いものを大切に使ってゆくのは大事ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西武101N系 1245F 無線関連機器リニューアル:

« 秩父夜祭号EL3重連を撮影しに寄居まで | トップページ | 2018/11/24 西武秩父往復の旅 »

カテゴリー

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村