« 41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ55 | トップページ | 41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ66・モハ62 »

2019年1月 7日 (月)

41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クモハ51・クハ68

1977年9月の身延線の旅で撮影した旧形国電、今回は1936年から1943年にかけて鉄道省が製造した3扉セミクロスシート車のグループ、国鉄51系に属するクモハ51形・クハ68形です。

51800_770923 1977/9/23 身延 クモハ51
この当時としても珍しい腕木式信号機が印象的です。

セミクロスシート車は30系・31系17mロングシート車、40系3扉ロングシート車、32系2扉クロスシート車(横須賀線用)、42系2扉クロスシート車(東海道・山陽線吹田~須磨間電化)といった歴史を経て、ラッシュ時、データイム双方における利便性を考慮して、51系において初めて登場した座席配置方式でした。

オリジナル車は
モハ51形 51001-51057 片運転台、車体後位にパンタ
モハ54形 54001-54009
モハユニ61形 61001-61003
クハ68形 68001-68020
クロハ69形 69001-69011
から構成されていました。

モハ51形は車両製造技術が進歩している時期の登場であったため、製造年次で形態が変わり、
1936年製造 従来型ヘッドライト、布張り屋根、軽合金製客用ドア
1937年前期製造 砲弾型ヘッドライト、鋼板屋根、ランボード2列
1937年後期製造 張り上げ屋根
1938年製造 半埋め込み式ヘッドライト、木製客用ドア となりました。

51810_770923 1977/9/23 撮影場所不明 クモハ51

57両のオリジナル車の他、モハ40、モハ41、モハ42からモハ51に編入された車両、一方でセミクロスシートをロングシート化し、モハ41にした車両、戦後の復元などで多くの車両が変化を受けています。

身延線のトンネルは中央東線同様に狭小のため、パンタの高さ制限を受けるため、身延線に配置換えとなったクモハ51は低屋根化改造を受け、800番台となりました。このうち、モハ42形からの改造車(202、204)はパンタが前位にあったので、改造の際に後位に移設し、低屋根化され、850番台となりました。

1975年当時の静ヌマのクモハ51の配置データは
クモハ51 800、802、806、810、812、814、816、818、820、822、824、826、828、830、850、852 でした。

クハ68はオリジナル以外に、昨日のクハ55の記事で紹介したようにクロハ59形からの改造、戦後、クハ55形に改造された車両の復元などでかなりの車両が改造による変化を受けています。

1975年当時の静ヌマのクハ68の配置データは
クハ68 019,093,095,103,107,109 でした。

クハ68019はクロハ59014からクハ68034に改造され、さらにクハ55148に改造、さらにクハ68019に復元された車両です。
クハ68093、095、103は半流型のクハ55形がセミクロスシート化改造を受け、クハ68に編入されたものでした。
クハ68107、109はサロハ46形101、102として製造された後、46015、46015に改番され、クロハ59023、59024に改造、さらにクハ55107、108に改造、最後にセミクロスシート化されクハ68になった車両です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ55 | トップページ | 41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ66・モハ62 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

電車_旧形国電」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ55 | トップページ | 41年ぶりの身延線甲府~富士間の旅 その5 身延線の旧形国電 クハ66・モハ62 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村