« 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 801F-803F | トップページ | 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 807F-809F »

2019年2月 9日 (土)

2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 804F-806F

近江鉄道800系の話題、今回は804Fからですが、これらの編成は顔が変わっているためにイメージが違っていますが、西武時代の401系と基本的な部分は一緒です。

主電動機は西武時代は性能的に同等な日立製作所製HS-836-Frb・HS-836-Krb、もしくは東洋電機製造製TDK-8090-Aの3種が混用されていましたが、近江鉄道では日立製作所製HS-836-Frbに一本化されたようです。

804f_140809_2 2014/8/9 近江八幡 804-1804の連結面の切り欠き

制動装置はHSC電磁直通ブレーキがHRD-1電気指令式ブレーキになりました。車体ではワンマン運転対応工事が施工され、車外バックミラーの設置、料金表、運賃箱設置がなされ、連結面寄り裾角の切り欠きがなされました。

804f_140809 2014/8/9 近江八幡 804F

804f_140809_2_2 2014/8/9 高宮 804Fの車内の様子 401系後期タイプの座席肘掛けパイプ

804Fは1999年に竣工しており、種車は423Fです。屋根は普通屋根で雨樋の立管は埋め込みタイプです。401系改造時期の特徴として側扉の窓ガラス押さえが金属タイプとなっています。

800_805_181006 2018/10/6 彦根

805Fは2000年に竣工しており、種車は417Fです。こちらは401系への改造時期が早かった関係で側扉のガラス押さえはゴムのタイプです。現在、3代目ギャラリートレインになっています。

806f_090323
806f_090323_2 2009/3/23 米原

800_806_181006_3 2018/10/6 彦根 806Fの車内 シート肘掛けは旧タイプ

800_806_181006_2 2018/10/6 彦根 ワンマン対応装備と運転室後方の座席の撤去

800_806_hm_181006 2018/10/6 彦根 806Fは開業120周年のHMを付けていました。

806Fは2000年に竣工しており、種車は421Fです。形態的には805Fと同じです。2006年の定期検査で座席モケットが交換され、同時に乗務員室直後の座席が撤去され車椅子スペースとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 801F-803F | トップページ | 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 807F-809F »

旅行・地域」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

民鉄:西武鉄道グループ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

ドアが黄色に塗られると印象が変わりますね。車内の感じもシートの色こそ違いますが、懐かしい感じです。

MiOさま、おはようございます。

806Fのシートは、背当てと腰当てのあいだにプラスティックが入ったスタイル、701系冷房改造車などの後期タイプでよく見たタイプでしたね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 804F-806F:

« 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 801F-803F | トップページ | 2018年10月の関西旅行 近江鉄道 part4 800系 807F-809F »

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村