« 多摩湖線101N系1247F 列車無線関連機器更新 | トップページ | 東京メトロ 千代田線北綾瀬支線の10両対応 本線直通運転開始 »

2019年4月 6日 (土)

東武東上線 51092F Bluebirdラッピングから池袋・川越アートトレインへ

東武鉄道の50000系シリーズのうち、50090系2008年から2010年にかけて6編成が東上線に投入され、ロング・クロス転換可能シートであることからTJライナー、急行から普通まで幅広く運用されています。

50092-160416-22
2016/4/16 朝霞台

中でも51092F2008年2月に落成し、2008年6月から運用に就き、2015年11月からは「フライング東上号」を彷彿させるラッピングを纏って活躍して来ました。

2019年3月のダイヤ改正で東武鉄道は東上線の重要拠点である「川越」をアピールするために途中、朝霞台のみに停車し、これまで池袋から急行で30分かかっていた所要時間を26分に短縮した「川越特急」を登場させました。もちろんこれは西武新宿と本川越を10000系NRAで結んでいる西武鉄道への対抗策であることは明らかです。

川越特急といっても運行されるのは下り池袋~小川町間、上り森林公園~池袋間で平日は下り2本、上り3本、土曜・休日は下り2本、上り4本が設定され50090系のクロスシートモードで運転されます。自動放送にて川越観光に関する案内が放送され、一部の川越特急にはコンシェルジュが乗車します。

Dsc09483
2019/4/1 朝霞台

さらに2019年2月12日から、51092Fが新たなラッピング「池袋・川越アートトレイン」となりました。これは東武鉄道、川越市、豊島区の3者の連携により、国際アート・カルチャー都市を標榜する豊島区がアートの力で10両編成に川越の魅力を表現したものだそうです。

Dsc09475 Dsc09476 Dsc09477
2019/4/1 下赤塚を通過する51092F

原画は四季折々の川越の自然と人が織りなす情景を通じ、生命感の連続を群像図として表現したもので1993年生まれの古家野雄紀氏の作品です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 多摩湖線101N系1247F 列車無線関連機器更新 | トップページ | 東京メトロ 千代田線北綾瀬支線の10両対応 本線直通運転開始 »

民鉄:東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多摩湖線101N系1247F 列車無線関連機器更新 | トップページ | 東京メトロ 千代田線北綾瀬支線の10両対応 本線直通運転開始 »

カテゴリー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村