« 横浜市電保存館を訪問 その6 保存車両 1500型 1510号 | トップページ | 横浜市電保存館を訪問 その8 保存車両 無蓋貨車10号 »

2019年5月 9日 (木)

横浜市電保存館を訪問 その7 保存車両 1600型 1601号

横浜市電保存館の保存車両、今回は1600型の1601号です。

Dsc01533
Dsc01537
2015/4/1 1600型 1601号 横浜市電保存館


1600型は市電保存館の前身である交通局滝頭工場で製造された横浜市電としては最後の新車でした。1957年800型単車を置き換えるために6両(1601~1606)が製造されました。

Dsc01605
何と言ってもこの形式の最大の特徴はこの4枚折り戸だったようですが、乗務員からは評判が良くなかったようです。

Dsc01608
台車はKL-21Dというタイプです。

大阪市電3001形の車体に京都市電700形の4枚折り戸を取り付けたようなスタイルで軽快で近代的な印象を与えますが、前中式のドア配置は車掌からの評判が芳しくなく、ワンマン化改造を受けずに1970年の本牧線廃止とともに全廃されてしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 横浜市電保存館を訪問 その6 保存車両 1500型 1510号 | トップページ | 横浜市電保存館を訪問 その8 保存車両 無蓋貨車10号 »

路面電車」カテゴリの記事

鉄道博物館」カテゴリの記事

コメント

B767−281様今晩は。改元の連呼にうんざりしながらテレビは消して、10連休は川越を散策したり以前ご紹介していただいた流山に初めて行ったり近場で楽しみました。さて横浜市電のこのシリーズなかなかすごいですね。よくここまで保存しているなとただただ感心しています。屋内なのも今後を考えると良いですね。さて今回の1600型。台車を見る限り前出の1500型よりも近代的な感じがします。是非訪れてみたくなりました。

細井忠邦さま、おはようございます。

わたしもこの10連休は「どこへ行ってもどうせ混んでるだろう」と思い、遠出はしませんでした。唯一追っかけたのは3月の改正で101N系が運用に復活した西武沿線くらいで散歩がてら小川、東村山、西武園を訪れ、2000N系と101N系の運用交換の様子なども調べてみました。その辺はこれから記事にします。
横浜市電保存館は2015年の訪問ですが、これだけ歴代の車両が屋内に保存されており、さらに定期的にリニューアルされていることも素晴らしいと感じました。是非、お時間の許す際に訪問してみてください。尚、市電保存館としては仙台にも似た施設があり、こちらは2016年秋に訪問しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜市電保存館を訪問 その6 保存車両 1500型 1510号 | トップページ | 横浜市電保存館を訪問 その8 保存車両 無蓋貨車10号 »

カテゴリー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村