« 横浜市電保存館を訪問 その5 保存車両 1300型 1311号 | トップページ | 横浜市電保存館を訪問 その7 保存車両 1600型 1601号 »

2019年5月 8日 (水)

横浜市電保存館を訪問 その6 保存車両 1500型 1510号

2015年4月1日に訪問した横浜市電保存館の展示車両、今回は1500型1510号です。

Dsc01543
前面の傾斜やおでこのオフセットされた行き先表示器などにPCCカースタイルが感じられます。

Dsc01542

2015/4/1 1500型1510号 横浜市電保存館

1500型は所謂、PCCカーの和製版ともいえる車両です。PCCカーはアメリカの「Electric Railway Presidents’ Conference Committee(ERPCC:電気鉄道社長会議委員会)」によって開発された路面電車で最初の登場は1930年代でした。委員会は1929年に全米各地の路面電車運営会社によって結成され、当時、台糖しつつあった自家用車やバスに対抗しうる新しいタイプの路面電車車両の開発が目的でした。当時の流線形ブームの流れを汲んで車体は流線形でスムーズな加速性を有し、それぞれの会社の事情に合わせたアレンジなされ、全米各地に普及しました。1936年に最初の100両が製造され、1950年代まで製造は続きました。最終的に北米で4978両が製造されました。旧西ドイツのDUEWAGカー(後にシーメンスに吸収合併)やチェコのタトラ国営カーなどはPCCカーを土台にさらに高性能な車両を製造しました。
本家アメリカでも現在は両数を減らしていますが、サンフランシスコ、サンディエゴなどではレトロ車両として動態保存的に走っている車両もいます。日本では1950年代、路面電車の高性能化の取り組みにおいてPCCカーが注目され、ライセンスを受けて1954年都電5500形が1両試作されました。

Dsc01549

これまでの形式に較べると1500型の車内はかなり明るく、あか抜けた感じがします。

Dsc01554

1500型の場合、駆動方式は直角カルダンではなく、吊掛け式で1951年に300型の代替として20両(1500~1519)が製造されました。当初は間接制御方式でしたが、1967年のワンマン化の際に直接制御方式に改造され旧型車に分類される1150型と同一の性能になりました。1972年の市電全廃まで使用されました。

Dsc01619

この特異な形態の台車は防振ゴム装備のKL-20台車です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 横浜市電保存館を訪問 その5 保存車両 1300型 1311号 | トップページ | 横浜市電保存館を訪問 その7 保存車両 1600型 1601号 »

路面電車」カテゴリの記事

鉄道博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 横浜市電保存館を訪問 その5 保存車両 1300型 1311号 | トップページ | 横浜市電保存館を訪問 その7 保存車両 1600型 1601号 »

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村