« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月30日 (日)

常磐線歴代特急車両の並び@勝田駅

日立製作所水戸事業所の「さつきまつり」、行きは勝田駅西口8:40発の送迎バス、帰りは徒歩で勝田駅まで戻りました。

Dsc01209
2019/6/1 勝田駅西口 イベントの送迎バスに関する情報は駅には掲示されていませんが、いつの間にか人が集まってきて、バスに乗り込み発車するといった感じでした。

Dsc01366
勝田駅ホームと電留線 ホームには「ときわ53号」として到着したE657系K7編成、そして651系K103編成E653系1000番台K70編成

Dsc01369

Dsc01208 Dsc01373

この電留線は勝田車両センターの一部で、電車区に収容しきれない編成の滞留場所なのか?

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月29日 (土)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その8 水戸事業所と常磐線を結ぶ引き込み線

現在、日立製作所における鉄道車両製造は、山口県下松市の笠戸事業所で行われており、水戸事業所における鉄道車両製造(主に電気機関車)は1992年が最後とのことです。

水戸事業所で製造されていた鉄道車両を工場から甲種輸送するための引き込み線の跡が今でも残っています。事業所内でED78 1 号機やEF200-901 号機が展示されている 場所はその引き込み線の延長上にあたるとのことです。

160305

2016年3月5日に撮影した勝田駅東口の周辺案内図では、勝田駅から水戸事業所に伸びる引き込み線が残っており(左下)、事業所内の線路も描かれています。

160305_20190628181801

160305-4

引き込み線は非電化で事業所からの機関車等の輸送の際には勝田駅までディーゼル機関車等が牽引したのだと思われます。現在、引き込み線は常磐線の線路に沿って北上する道路で分断されています。

ネット上の過去の「さつきまつり」の記録を調べてみると、解体される前のED500の写真や小型リニアモータ地下鉄試作車両LM-1、試作通勤電車HX-1の写真などが見つかりました(サイト)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月28日 (金)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その7 小型地下鉄用リニアモータ台車

日立製作所水戸事業所「さつきまつり」の展示物、今回は昨日の記事で触れた国鉄がヤード継走式貨物輸送を行っていた時代に操車場での貨車の仕分業務を効率化するために開発されたL4形貨車加減速装置のリニアモータシステムから発展した小型地下鉄用リニアモータ台車の紹介です。

Dsc01277
2019/6/1 日立製作所水戸事業所

従来の地下鉄車両がモータを回転させ、その動力で車輪を回し、レールとの粘着で推進力を得ているのに対し、リニアメトロは誘導電動機の外側のコイル(ステータ)を台車に装荷し、内側の回転子(ロータ)に相当する部分を軌間にリアクションプレートとして敷き、推進力を得る(車上1次リニアモーター方式)方式で、L4カーで実用化されたリニアモータ―方式にヒントを得ており、リニアモーターは最大高さ寸法20cmの極めて薄いものでした。

Dsc01282

Dsc01283
車軸の下側にある薄型の箱が1次コイル側(ステータ)で、枕木からコの字に固定されているのがアルミ製のリアクションプレート(誘導電動機のロータ)です。

Dsc01278
台車全体としては住友金属製になります。

この薄型リニアモータシステムは1973年のオイルショック以降の物価高騰、地下鉄の建設費の高騰で小断面地下鉄構想が提唱された時代に床下のモーター、台車を小型化した車両の開発に大きく貢献しました。さらに御堂筋線の混雑対策として混雑緩和に役立てるためのサブメトロの建設や人口80万から100万人程度の地方中核都市の地下鉄建設に建設費が抑えられる小断面地下鉄の検討とも重なり、リニアメトロ構想が大きく前進しました。

Dsc01280
リニアメトロのメリットとしては

1)台車などを小さくできるため、車体を小さく出来、建設費が縮減できる。
2)車輪粘着式の場合、30‰勾配が限界とされていますが、誘導式リニアモーターでは80‰まで対応可能
3)左右の車輪が一本の軸で繋がっている必要がないため、左右の車輪間に回転差を持たせることが可能であり、カーブの曲率に合わせて各車輪がカーブに適応した方向を向くセルフ・ステアリングシステムを採ることが可能で、カーブの曲率を小さくすることが出来る。用地買収などにも有利。
デメリットは
1)誘導式リニアモーターの構造上、漏れ磁束が大きく、1次側と2次側の距離があるので。磁界の強度を保つため大きな電流(励磁電流)が必要となる。
2)従来型の鉄道との相互乗り入れが出来ない。
などが挙げられます。

現在までにリニアメトロ方式で建設された路線は

1990年3月 大阪市営地下鉄鶴見緑地線・京橋~鶴見緑地間
1991年12月 東京都営地下鉄12号線・練馬~光が丘間
1996年12月 大阪市営地下鉄鶴見緑地線・心斎橋~京橋間延伸
1997年8月 大阪市営地下鉄鶴見緑地線・大正~心斎橋間、鶴見緑地~門真南間延伸
1997年12月 東京都営地下鉄12号線・新宿~練馬間延伸
2000年4月 東京都営地下鉄大江戸線・新宿~国立競技場前間延伸
2000年12月 東京都営地下鉄大江戸線・都庁前~国立競技場前間延伸
2001年7月 神戸市営地下鉄海岸線 新長田~三宮・花時計前間
2005年2月 福岡市地下鉄七隈線・橋本~天神間
2006年12月 大阪市営地下鉄今里筋線・井高野~今里間
2008年3月 横浜市営地下鉄グリーンライン・日吉~中山間
2015年12月 仙台市営地下鉄東西線・八木山動物公園~荒井間 で、6都市、7路線です。

大江戸線の場合、建設がバブル経済期と重なり、工期の延伸もあり、最終的な建設費は環状部で約1兆円と通常の地下鉄と大差ない300億円/km以上に膨らんでしまいました。さらに小規模地下鉄であるため、一部区間で混雑が激化しているというデメリットが目立つ結果にもなっています。ただ、小規模地下鉄方式で建設された故に今日、路線が存在するということも忘れてはいけません。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月27日 (木)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その6 リニアモータ方式L4形貨車加減速装置

日立製作所水戸事業所「さつきまつり」の展示物、今回は国鉄時代、ヤード継走式貨物輸送の最盛期にヤードの近代化、効率化推進のため開発された貨車加減速装置の紹介です。

鉄道貨物輸送は1872年(明治5年)の開業から間もなく開始され、鉄道網の拡充とともに陸上輸送の主流となって行きました。1906年の鉄道国有化で輸送量は増大し、それまで駅構内の付属施設(仕分け線)で行われていた貨車の入換え、貨物列車の組成作業を専門に行うための操車場が全国各地に建設されました。この時期に建設されたのが稲沢、吹田、田端、品川操車場で、品川は後に旅客化され、貨車の入換作業は新鶴見に移転しました。1937年の日中戦争勃発で軍需を中心とした輸送が増加、香椎、新潟操車場が新たに建設され、太平洋戦争後の復興期に、経済の復興に合わせて増大する貨物輸送のため、富山操車場などが建設されました。

ヤード継走方式(車扱貨物)と言われた貨物輸送方式においては、中継の拠点となる組成駅で、異なる方面から到着した複数の列車が「分解」され、行先の方向を同じくする貨車ごとに「仕分」し、異なる方面に向かう複数の列車を「組成」する作業が行われました。

操車場の形態は大きく以下の3つの方式に分けられました。
1)平面ヤード スイッチャーが貨車を仕分け線に押し込み、推進運転後、急ブレーキを掛け、貨車を「突放」、添乗した構内作業掛がブレーキを操作し、目的の位置に停止させる。

2)ハンプヤード 入換用機関車が貨車を推進運転でハンプに押し上げ、先頭の貨車から下り勾配を転がる。仕分け線のポイントを切り替え、貨車を仕分する。この際にカリターダーにより、貨車を減速する仕組みもありました。

3)重力ヤード 操車場自体が傾斜地に設置されたもので、多くがドイツやイギリスにあり、日本ではありませんでした。

我が国のハンプヤードなどにおける貨車の入換作業は多大な労力を要し、かつ事故も多く大変危険な作業であるため、その近代化、合理化、効率化を目指して、1965年に開業した郡山操車場では空気リターダー方式によるターゲット・シューティング方式が導入され、高崎操車場では1970年にYACS(Yard Automatic Control System)として油圧ユニット方式(ダウティ方式)が採用されていました。そういった情勢のなかで日立製作所水戸事業所ではリニアモータ方式によるL4形貨車加減速装置を開発、試作機を冨山操車場に納入、試験の後、塩浜操車場などに量産タイプが納入されました。

Dsc01242

Dsc01241
2019/6/1 日立製作所水戸事業所

プッシャーカー、ブレーキカー、コントロールカー、モーターカー、およびディスタンスカーの5両で1組となったL4カーが仕分線ごとに配置されており、ハンプから散転されてくる貨車を捕捉し、所定の距離を走行後、安全連結速度で停止中の貨車に連結させてゆく装置です。動力などのための電源は三相交流220Vで軌道間に張られたトローリ―線から給電されました。運転は微弱電界による無線運転とL4カー内に内蔵されたプログラムによる自動運転の二通りが可能でした。

Dsc01284
L4カーのサイズは貨車の輪軸に対してかなり小さいことがわかります。

プッシャーカーには前後2組のプッシャーローラーがあり、プッシャーローラーは貨車の進入を検知すると軌条の側面に突き出し貨車車輪のフランジを捕捉し、減速時には前側のローラー、加速時には後側のローラーで貨車の速度を制御します。コントロールカーは捕捉した貨車を制御し、停止している貨車に安全連結速度で連結するための制御装置が搭載されています。また、リニアモーターの逆相ブレーキの他、空気ブレーキ装置が取り付けられています。モーターカーには2台のリニアモータが搭載されており、地上側のリアクション♪レートとの間で推進力を出します。Dsc01285 L4カー試作1号機は鉄道技術研究所、2号機は富山操車場に納入され、量産型は各地のヤードに納入されましたが、展示されているのは新南陽ヤードに納入されたもので1978年3月に製造、1996年10月まで稼働したものです。一日に1800台の貨車の処理にあたりました。

1970年代をピークにモータリゼーションの発達で我が国の貨物輸送の主流はトラック輸送となり、輸送にかかる時間が不確定なヤード継走方式は1969年に東海道・山陽本線で「フレートライナー」が登場して以降、衰退の道を辿り、相次ぐストや国鉄経営の悪化で操車場の近代化は頓挫、1978年10月2日、1980年10月1日のダイヤ改正で貨物列車の大幅な削減が行われ、1984年2月1日のダイヤ改正でとうとうヤード継走方式は全廃となりました。

国鉄の解体、ヤード継走方式の廃止でL4形貨車加減速装置は全国のヤードに普及することは無くなりました。しかしここで終わらないのが、技術者たちの素晴らしいところで、1973年のオイルショック以降、地下鉄の建設工費は1kmあたり、約150億円にまで高騰しており、その70%が土木工事費用で、トンネル内径を小さくすれば工費が安くできる、そのためには小断面地下鉄が出来ないか、というアイデアから開発されたのがその後の大阪市営地下鉄7号線や都営地下鉄大江戸線に繋がるリニア地下鉄でした。この台車に繋がったのがなんとL4形貨車加減速装置で開発されたリニアモータとその制御技術でした。

ということで次の記事では同時に展示されていたリニア地下鉄用小型台車の紹介をします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月26日 (水)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その5 ED500の台車

再び日立製作所水戸事業所「さつきまつり」の展示物、今回は同所で製作されたED500の話題です。

Dsc01274
Dsc01273
2019/6/1 日立製作所水戸事業所

ED500は1992年、最急勾配10‰程度の平坦線での運用を想定し、交直両用4軸駆動機とし、当初ED-Xとして落成しました。運用試験のため、ED500-901と改称され、日立製作所が所有権を有したまま、JR貨物に貸し出されました。

主要諸元

軸配置 Bo-Bo
全長 17,600mm
運転整備重量 67.2 t
最高運転速度 120km/h
定格出力 4,000kW (1時間定格)
定格引張力 187kN (=19,080kgf)(1時間定格)

EF200を基本にサイズダウンしたようなスタイルで外部塗色はブラック系メタリック、運転室側扉は赤色、床下機器は黒色でした。前照灯、標識灯は丸型でした。

Dsc01276

Dsc01270

Dsc01269

制御方式はGTO素子VVVFインバータ、1C1M方式、台車はEF200のFD3とほぼ同一のボルスタレス台車、パンタグラフはシングルアーム式、関節部を中央に向けての設置でした。

動輪上重量が軽かったことで空転が頻発し、初期の性能が発揮できず、試験は中止となり、当機は1994年に返却され、水戸工場で保管されていました。2016年4月の公開時にはすでに解体されていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月25日 (火)

101N系の新宿線本線走行列車 玉川上水~小平~上石神井 折り返し 南入曽

2019年6月23日、日曜日東村山で西武園線運用に入った1245Fを撮影し、小平に向かうと、14:03頃、萩山方面から西武新宿方面に回送列車の表示が、もしかして6月17日の記事で報告した101N系の本線走行回送ではないかと待ってみると、やはり101N系で今回は伊豆箱根ラッピングの1261Fでした。

Dsc01596

小平で折り返すのか、それとも本線新宿線に入るのかを確認すると、本線に入って行きました。

Dsc01598

そこで小平14:10発2670レ急行で追っかけると

Dsc01602

東伏見で急行を待避

Dsc01604

Dsc01607

上石神井で急行を降りて待つと、中線に進入して来ました。

Dsc01609 そして上石神井の車庫に入庫、時刻は14:26頃でした。

その後、ライトが点灯し、下り本線に向かったと思いますが、ふと気がついて西武鉄道アプリの「列車走行位置」を見てみると、アイコンの表示があり、Dsc01611
中身をみると上のように南入曽まで回送されることが分かりました。

前回の小平での目撃も日曜日で、日曜日限定なのか、土日なのか、毎日なのか現時点では全く不明ですが、13:30頃から15:30頃にかけて、玉川上水基地から、一旦上石神井まで上り、その後、南入曽まで回送される101N 系の列車があることが分かりました。当然のことながら南入曽から、玉川上水に戻るスジも設定されているのだと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月24日 (月)

イエローベージュになった1245Fの西武園線運用投入

この春のダイヤ改正以来、101N系は西武園線運用にレギュラーで入るようになっているため、イエローベージュとなった1245Fの投入がいつかと思い、運用状況をチェックしたところ、6月23日日曜日に入っていたので早速、東村山で撮影しました。

101n-130813
2013/8/13 東村山 白色塗装時代の1245F 

Dsc01581

Dsc01584


Dsc01588
Dsc01590  
2019/6/23 6256レ到着から、折り返し6259レ出発まで

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月23日 (日)

イエロー・ベージュツートンになった西武101N系 1245Fのその後

6月22日土曜日朝、多摩湖線電車位置情報を見ると1245F、1249F、1257F、263Fと3本のイエロー系と白が運用に就いていました。

Dsc01440

2019/6/22 一橋学園~青梅街道 6405レ

まず263Fが6405レで萩山に向かうと、

Dsc01442

Dsc01443
2019/6/22 青梅街道~一橋学園 6034レ

続いてやって来たのは1245Fのイエローベージュ・ツートン、続いてやって来る6036レは1249Fのイエローベージュ・ツートンなので一橋学園での交換シーンを記録することに

Dsc01445

1249F 6036レ

Dsc01449

6035レの1245Fと6036レの1249Fの交換シーン @一橋学園

ということで、早速、イエロベージュ・ツートンの交換シーンを記録できました。前面窓周辺のベージュ色は両編成とも同じ色のようです。列車無線のアンテナに関しては1245Fがデジタルタイプに交換済みであるのに対して,1249Fは従来タイプのようです。

7月の多摩川線との車両交換で1245Fと1249Fどちらかが多摩川線に行くと思いますので、イエロベージュ2編成が多摩湖線で見られるのがあと僅かかも知れません。

Dsc01457
2019/6/22 萩山 6506レ

1245F、午後からは萩山~西武遊園地間の運用に入っていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月22日 (土)

西武101N系 1245Fがイエロー・ベージュツートンに

多摩湖線、多摩川線で活躍中の101N系4連、1245Fが武蔵丘車両検修場での検査から出場し、1249Fと同じイエロー・ベージュツートンになりました。

Dsc01431

Dsc01430
2019/6/21 一橋学園

10編成存在する101N系4連ですが、残る白塗装は1257F1編成に

Dsc01433
  Dsc01435
Dsc01439

 
2019/6/21 一橋学園 1245Fと1257Fの交換

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月21日 (金)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その4 EF200

年に1度開催される日立製作所水戸事業所「さつきまつり」で公開される同所で製造された電気機関車達、今回はEF200 901号機です。

Dsc01286
2019/6/1 日立製作所水戸事業所

2019年3月28日EF200 18号機が幡生操車場~吹田貨物ターミナル間の運行を終え、全機が運用離脱となり、JR貨物におけるEF200の歴史に幕が降ろされました。

Dsc01246

Dsc01259

Dsc01340
ライトの上には通風孔があります。

拙Blogでは試作機901量産機1~20を1機ずつ紹介しましたが、1990年6月の901号機誕生から29年弱、先輩格のEF65PFEF66がまだ活躍している間にEF200終焉のときが来るとは思いませんでした。国鉄が民営化され、JR貨物が発足した後に開発された形式であること、折しもバブル経済真っ盛りで輸送需要増大時期であったことら、6000kW出力、1600t牽引という後に登場したEF210に較べるとオーバースペックな出力が災いし、フル出力で運用すると変電所がパンクすることから、生涯を通じて部分出力による運用となりました。

Ef200901-030329

2003/3/29 新大阪

Ef200901-100710-3

2010/7/10 千里丘

EF200は途中から塗装が代わりましたが、901号機は旧塗装のバージョンで保存されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月20日 (木)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その3 ED78

年に1度開催される日立製作所水戸事業所「さつきまつり」で公開される同所で製造された電気機関車達、今回はED78 1号機です。

Dsc01240
2019/6/1 日立製作所水戸事業所

言わずと知れた奥羽本線板谷峠33‰通過用に開発された交流電機です。福島~米沢間は1949年に他線先駆け直流電化され、EF15、EF16が投入されていましたが、1968年10月1日のダイヤ改正で米沢~山形間が交流電化される際に、福島~米沢間も交流電化に切り替えられ、さらに仙山線仙台~山形間の交流電化切替も行われ、両区間で使用する機関車として開発されました。

Dsc01238

 

Dsc01296

 

交流機関車は主回路に抵抗器を持たないため、抑速は交流回生ブレーキ方式とし、軸重可変の中間台車を持つED94を製造し、各種試験の後、量産化されることになり、6軸方式のEF71、4軸方式のED78が製造されました。

主要諸元

軸配置 Bo-2-Bo
軌間 1,067 mm
電気方式 単相交流20,000V (50Hz) (架空電車線方式)
全長 17,900 mm (17,300 mm ※901)
全幅 2,800 mm
全高 4,220 mm
運転整備重量 81.5 t (80.0 t ※901)
台車 DT129I形<1エンド側>・DT129J形<2エンド側>・TR103B形<中間>(901)
DT129M形<1エンド側>・DT129N形<2エンド側>・TR103B形<中間>>(1 - 13)
動力伝達方式 一段歯車減速吊り掛け駆動方式
主電動機 直流直巻電動機
MT52形×4基(901)
MT52A形×4基(1 - 11)
MT52B形×4基(12・13)
歯車比 16:71=1:4.44
制御方式 サイリスタ連続位相制御
制動装置 EL14AS形自動空気ブレーキ(増圧・電磁)
応速度・応荷重対応サイリスタインバータ電圧制御抑速回生ブレーキ
電機子短絡ブレーキ
保安装置 ATS-S
最高速度 100 km/h
定格速度 46.1 km/h
定格出力 1,900 kW
定格引張力 14,100 kg

Dsc01326
台車と車体を結び牽引力を伝達する引っ張り棒はレール面のすぐそば

制御方式はサイリスタ位相制御で制御回路は全サイリスタブリッジ方式となっており、主変圧器の3次巻線から客車用電気暖房電源を確保する方式となっています。主電動機はMT52形で動力台車はDT129、牽引力は台車下部と車体を連結する引っ張り棒によるジャックマン式で伝達されます。中間台車はTR103形で空気ばねの圧力を調節することで軸重を14.0, 14.8, 16.0, 16.8tの4段階に変化させることが可能です。停電や故障で電力回生ブレーキが作動しない場合、自動的に非常ブレーキが作動するようになっており、下り勾配での暴走防止のため過速度検知装置、勾配上での長時間停車を想定した転動防止装置、主電動機の開路を短絡させる非常ブレーキ装置が装備されました。

Dsc01332

EF71と機器の共通化が図られ、KE71ジャンパ連結器を介して両形式の相互重連総括制御が可能でした。

ED94→ED78901号機、ED781~13号機、全機が日立製作所の製造で
ED94 1967年製造 各種試験実施後、郡山工場で量産化改造 ED78901号機に
ED78 1~9 1968年製造 誘導障害からサイリスタブリッジ回路の機器を非対称化、車体長を延長、主電動機絶縁強化MT52A、空転検出装置追加
ED78 10・11 1970年製造 TE,EB,ATS未投入防止装置の追加、凍結対策強化
ED78 12・13 1980年製造 重連総括時の電流アンバランス対策、主電動機電機子軸の強化MT52B、標識灯の小型化など

全機、福島機関区に配置され、奥羽本線福島~山形間、仙山線で寝台特急「あけぼの」急行「津軽」などの優等列車から貨物列車まで牽引

1986年に901号機が廃車、1号機が1987年2月に廃車、2~13号機がJR東日本に継承されました。山形新幹線の改軌工事、開業で運用はもっぱら仙山線の貨物列車牽引となり、1998年に貨物列車運用終了で2~11が廃車となり、2000年に落ち葉清掃列車の役割を担っていた12・13が廃車となり、形式消滅しました。

1号機は廃車後、新幹線総合車両センターに保管・展示されていましたが、2015年に水戸事業所に移設されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月19日 (水)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その2 ED15

年に1度開催される日立製作所水戸事業所「さつきまつり」で公開される同所で製造された電気機関車達、まずはED15からゆきましょう。

Dsc01214
2019/6/1 日立製作所水戸事業所

ED15は国産初の民間が製造した本線用電気機関車で1922年に鉄道省大宮工場で輸入電機を見学した小平浪平ら製作所幹部が自社製造を決意し、1923年6月に製造に着手、1924年4月12日に組立完了したもので1070形という形式番号が付与されました。鉄道省から発注の無い状態で1070~1072の3両が製造されました。設計・製造は日立製作所、電気部分は助川工場(日立市)、車体を含む機械部分は笠戸工場が担当しました。

Dsc01217

1924年12月に大宮工場で公開、1925年1月から東海道本線東京~蒲田間で試運転を行い、成績は良好でした。

車体は機能本位の無骨なもので国産本線用電機としては初の先従台車無しの全粘着形式となり、車体の台枠を介して引っ張り力を伝えるスイベル式となりました。牽引定数は当時、欧米から輸入されたED10,ED11,ED12,ED13.ED14などと同等と評価されました。パンタグラフに関しては架線との距離により、高い時には押上力が弱く、低い時には強いという問題があったので、国鉄標準機に制式採用された際にPS10に交換されました。

Dsc01223

主要諸元

全長:13,260mm
全幅:27,80mm
全高:3,840mm
運転整備重量:58.12t
電気方式:直流1,500V(架空電車線方式)
軸配置:B-B
台車形式:板台枠
主電動機:MT18形×4基
歯車比:19:77(1:4.05)
1時間定格出力:820kW
1時間定格引張力:9,000kg
1時間定格速度:34km/h
最高運転速度:65km/h
動力伝達方式:歯車1段減速、吊り掛け式
制御方式:非重連、抵抗制御、2段組み合わせ制御、弱め界磁制御
主制御器:電磁空気単位スイッチ式
ブレーキ方式:EL14A空気ブレーキ、手ブレーキ

当初は東海道本線で貨物列車を牽引、1932年八王子機関区に転属、中央本線で使用され、再び東海道本線に戻されましたが、老朽化による台枠の変形等がみられたため、1959年から1960年にかけて廃車されました。

Dsc01225

1960年に廃車となった1号機が当所に保存されており、2011年7月24日、日本機械学会から、機会遺産に選定されました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月18日 (火)

日立製作所水戸事業所 さつきまつりに初参加 その1 概要

2019年6月1日、毎年6月第一週の土曜日に開催される日立製作所水戸事業所の「さつきまつり」に今年は周到な準備の下、忘れずに参加して来ました。

Dsc01360
2019/6/1

日立製作所は国内最大の電機メーカーですが、その発祥は茨城県日立市にあった銅と硫化鉄を産出する久原鉱業所日立鉱山で、同鉱山で使用する機械の修理製造部門が今日の日立製作所の母体となっており、最初の製品は1910年に造られた国産初の5馬力誘導電動機でした。

水戸事業所ではかつて鉄道車両の製造も行っており、同所で誕生したED15,ED78、EF200さらに解体されましたがED500の台車、L4形貨車加減速装置、小形地下鉄用リニアモーター台車などが展示されるため以前から参加したく思っておりました。

201906011 201906012

さつきまつり パンフレット

かつて水戸事業所では鉄道車両、特に電気機関車の製造を行っており、ここで製造された機関車が現役引退後、故郷に帰る形で展示されています。現在、鉄道車両の製造は山口県下松市の笠戸事業所で行われており、その殆どが電車となっています。2002年に阪急電鉄や東武鉄道の車両製造を担当していたアルナ工機が撤退した際に、それらの受け皿となったのが笠戸事業所でした。

水戸事業所ではもっぱら高速エレベーターの開発が行われており、1967年完成のG1TOWERはその研究のために建てられたもので、今回の公開の目玉でもありました。G1とはグローバルナンバーワンを意味し、213.5mでエレベーター研究塔としては世界一の高さだそうです。1960年代に霞が関ビルディングのエレベータ工事を受注した際に研究用に高さ90mの研究塔を完成させたのが最初で、その後、アジアでもクアラルンプール(ペトロナス・ツインタワー:1998)、台北(台北101:2004年)、ドバイ(ブルジュ・ハリファ:2010年)、上海(上海中心:2015年)などの超高層ビルが建設され、エレベータメーカー間でし烈な競争が行われているそうです。

Dsc01211

2019/6/1 G1TOWER

というわけで今回から数回シリーズで「さつきまつり」に関してレポートしたく思います。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月17日 (月)

101N系 1259Fがなぜか花小金井方向から走って来た。試運転だったのか?

昨日の記事に続いて西武線の話題、関東地方はほぼ平年通り、6月第一週に梅雨入りしましたが、6月9日、日曜日小平駅で電車を待っていると、花小金井方向から赤電の姿が。多摩湖線、西武園線で活躍中の1259Fがなぜ?

Dsc01423

2019/6/9 小平 回送表示の1259F

小平駅は通過することなく、数分停車し、信号のかわるのを待って出発して行きました。車掌も乗務していました。果たしてこの回送電車、新宿線をどこから(上石神井?)どこまで(南入曽?)走ったのでしょうかね。

Dsc01428

ちなみに1259Fの列車無線はすでに新型に交換されています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月16日 (日)

西武2007F LAIMO ラッピング終了

2019年4月23日2017年3月18日より「西武鉄道×台湾鉄路管理局 協定締結記念電車」(登場時リニューアル後)として各車両に川越、新宿、台湾の観光地のイラストが描かれていた2000系8連2007Fが武蔵丘車両検修場に入場し、5月下旬に出場しました。ラッピングは入場前の時点で剥がされていたようですが、約2年3ヶ月ぶりに通常スタイルでの運行になりました。
運用情報によると5月23日から目撃情報があります。

Dsc01381 Dsc01382 
2019/6/2 小平~萩山間 2343レ

Dsc01410 Dsc01412

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/6/2 萩山 2348レ

相棒2連は2409Fでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月15日 (土)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その14 特急ロマンスカー写真による紹介 VSE 50000形

歴代ロマンスカーの写真による紹介、今回は50000形RSE(Vault Super Express) です。

Dsc01072
2019/5/25 海老名車両基地

西武鉄道では40000系という系列が登場しましたが、小田急電鉄や東武鉄道などは4(死を想像させる)で始まる系列は敬遠され、30000に続く形式、系列は50000形となりました。EXE30000形は汎用特急というイメージが強く、小田急ロマンスカーのために創設されたとも言える鉄道友の会ブルーリボン賞の受賞を逃しており、50000形はロマンスカーの原点回帰、フラッグシップモデル、HiSE10000形のリプレイスを目的に2005年に登場しました。その意気込みが評価され、2005年には照明学会より「照明普及賞優秀施設賞」、同年度には日本産業デザイン振興会より「グッドデザイン賞」、2006年には鉄道友の会より「ブルーリボン賞」、2006年度に香港デザインセンターより「アジアデザイン大賞」、2007年にはドイツ・ハノーファー工業デザイン協会より "iF product design award 2007" を受賞しました。

50000-vse-091004-3
2009/10/4 千歳船橋

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 358名
編成重量 260.2 t
編成長 146.8 m
全長 18,200mm (先頭車)13,800 mm (中間車)
全幅 2,800 mm
全高 3,975 mm (先頭車)4,100 mm (集電装置付中間車)3,915 mm (集電装置無し中間車)
台車 日本車輌製造 ND-735(連接電動台車)日本車輌製造 ND-735T(連接付随台車)日本車輌製造 ND-736T(先頭付随台車)
主電動機 三菱電機 MB-5110-A
全密閉自己通風式かご形三相誘導電動機
主電動機出力 135 kW(端子電圧375V)
駆動方式 WN駆動方式
歯車比 79:19=4.16
制御方式 純電気ブレーキ対応、定速運転・抑速制動機能付IGBT素子2レベルVVVFインバータ制御
制御装置 東芝 SVF-073A0
制動装置 回生制動併用電気指令式電磁直通制動
保安装置 OM-ATS・D-ATS-P

2004年から2005年にかけて日本車輌製造にて2編成が製造されました。

50000-vse-091010-3
2009/10/10 千歳船橋

2000年に制定された交通バリアフリー法では車両を大規模にリニューアルする際にバリアフリー化が義務づけられましたがHiSE10000形は高床構造であるがゆえ、バリアフリー対応は困難で、HiSE車は更新改造なしに、新型特急車両に置き換えが決定しました。各社の特急車両を見て回り、SE3000形, NSE3100形の製造時の資料を見返し、EXE30000形で採用されなかった連接構造を採用し、展望車スタイルも復活させました。さらに小田急では過去に車体傾斜制御の試験を行っていましたが実用化に至りませんでした。VSE車では車体支持位置を通常より約1m高くし、台車操舵制御を採り入れ、車軸回転数から走行距離を計算し、地上設備から位置を認識し、カーブに合わせて車体を傾斜制御する方式が採用されました。

Dsc01157

Dsc01158

2019/5/25 海老名 イベント当日、VSE車2編成が海老名駅でのすれ違いがありました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月14日 (金)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その13 特急ロマンスカー写真による紹介 RSE 20000形

歴代ロマンスカーの写真による紹介、今回は20000形RSE(Resort Super Express) です。

Dsc01074

2019/5/25 海老名車両基地

第二次世界大戦中、東海道本線が爆撃を受けた際のバイパスとして松田~新松田間で小田急線と御殿場線を結ぶという案が出され、連絡線の用地確保、工事着手がなされました。しかし、ほどなく終戦となりました。戦後、大東急が策定した「鉄軌道復興3か年計画」では同様に小田急線と御殿場線を結び、新宿駅から沼津駅まで直通させる計画が含まれ、1948年に大東急から分離独立した小田急の車内でも検討がなされました。

20000-rse-091010-3 20000-rse-091010-2

2009/10/10 千歳船橋

1952年小田急は国鉄に対して直通運転の申請を行い、そのための車両として20m級の車体にエンジン2基を搭載した気動車の開発を東急車輛製造とともに開始しました。1955年8月16日、直通運転が承認され、9月7日には直通運転に関する契約と協定が締結され、9月5日に完成したキハ5000形気動車による1日2往復の運転が10月1日のダイヤ改正からスタートしました。小田急線内は特急、御殿場線内は準急として運行されるため、列車種別は「特別準急」とされました。愛称は富士に関係する「銀嶺」「芙蓉」となりました。1959年7月の改正では4往復に増強され、愛称に「朝霧」「長尾」が加わりました。1956年6月10日からはシートピッチを拡大し、定員が94名から82名になったキハ5100形も加わりました。

20000-rse-091010-2_1
2009/10/10 代々木上原

1968年、御殿場線が電化されると気動車の運用は終了し、5連接車となったSSE3000形が充当されることになりました。愛称は4往復とも「あさぎり」に統一されました。1968年10月のヨンサントウ改正では準急が急行に統一されたため、「あさぎり」も急行となり、小田急線内は「連絡急行」となりました。1987年に車齢30年を迎えるまでSSE車は使用され続け、1988年7月小田急はJR東海に対してSSE車に代わる新特急車の投入を申し入れ、JR東海も御殿場線沿線から運転区間延長の要望が出されていることから、両社が相互直通運転をそれぞれが開発した神経車両、RSV2000形371系で行い、特急に格上げしたうえで運行区間を新宿~沼津間とすることで合意しました。

20000-rse-090813 2009/8/13 沼津

RSE20000形は1991年3月16日から特急「あさぎり」で相互直通運転が開始されました。2編成が日本車輛製造、川崎重工業で1990年から1991年にかけて製造されました。

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 140 km/h
最高速度 120 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.0 km/h/s
編成定員 402名
(普通席338名・特別席64名)
編成重量 291.4 t
編成長 142.3 m
全長 20,900 mm(1・7号車)20,000 mm(2・5・6号車)20,250 mm(3・4号車)
全幅 2,900 mm
全高 4,190 mm(1・2・6・7号車)4,040 mm(3・4号車)4,093 mm(5号車)
台車 住友金属工業 FS546[1](電動台車)住友金属工業 FS046(付随台車)
主電動機 東洋電機製造 TDK-8420-A 三菱電機 MB-3262-A
主電動機出力 140kW(直巻整流子電動機・端子電圧375V・420A・定格回転数1,920rpm)
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式 (中実軸撓み板継手方式)
歯車比 80:19=4.21
制御方式 電動カム軸式抵抗制御 力行…全界磁13段・弱め界磁4段 制動…全界磁16段
制御装置 東芝 MM-39-B
制動装置 発電制動併用全電気指令式電磁直通制動 (MBS-D)
保安装置 OM-ATS・ATS-ST

 

 

Photo_5

RSE20000形の編成構成

景気が良い時代、駿東地域ののリゾート開発、富士山麓のゴルフ場への旅客、中伊豆・西伊豆への旅客輸送などで特急に接続するバスも設定されましたが、景気が低迷し、リゾート開発の頓挫、ゴルフ場への乗客の減少、マイカーへの移行が進み、2010年頃には乗車客は御殿場プレミアム・アウトレットに向かう買い物客という状況になりました。

2012年3月17日のダイヤ改正でRSE20000形と371系の運用からの離脱が発表、以降はMSE60000形6連による運用となり、2018年3月17日の改正で「あさぎり」から「ふじさん」に改称されました。

小田急で運用終了、廃車された20000形のうち第2編成の先頭車2両、中間車1両(デハ20302)が富士急行に譲渡され、同社8000系となりました。また371系も富士急行に譲渡され8500系となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月13日 (木)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その12 特急ロマンスカー写真による紹介 HiSE 10000形

歴代ロマンスカーの写真による紹介、今回は10000形HiSE です。

Dsc01075
2019/5/25 海老名車両基地

昨日のLSE7000形は4編成で製造が終了しましたが、1987年、日本がバブル経済に突入した頃、各社の特急車両や観光バスにハイデッカー車が登場するのに乗り遅れまいと小田急ロマンスカーでも同社の開業60周年を記念する形で展望席以外の客室を高床化した車両がデビューしました。HiSEはHigh Decker, High Grade, High Levelなどの意味合いが込められているそうです。1987年から1989年にかけて日本車輛製造と川崎重工業で4編成が製造され、1988年にはブルーリボン賞が授与されました。小田急では最初の5桁の形式番号の車両となりました。 

10000-hise-091004
2009/10/4 千歳船橋

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 145 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度(常用) 3.5 km/h/s
減速度(非常) 4.0 km/h/s
編成定員 432名
車両定員 46名(1・11号車)44名(2・5・6・7・10号車)28名(3・9号車)32名(4・8号車)
編成重量 274 t
編成長 146.1 m
全長 16,390 mm(新宿方先頭車)16,310 mm(小田原方先頭車)12,500 mm(中間車)
全幅 2,900 mm
全高 4,179 mm(先頭車)4,190 mm(集電装置付中間車)4,050 mm(集電装置なし中間車)
台車 住友金属工業 FS533A(連接電動台車)
住友金属工業 FS533B(先頭電動台車)
住友金属工業 FS033(連接付随台車)
主電動機 東洋電機製造 TDK-8420-A
三菱電機 MB-3262-A
主電動機出力 140kW (直巻整流子電動機・端子電圧375V・420A・定格回転数1,900rpm)
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式 (中実軸撓み板継手方式)
歯車比 80:19=4.21
制御方式 電動カム軸式抵抗制御 力行…全界磁13段・弱め界磁4段 制動…全界磁16段
制御装置 東芝 MM-39-A
制動装置 発電制動併用全電気指令式電磁直通制動 (MBS-D)
保安装置 OM-ATS

Photo
10000形HiSEの編成構成

10000-hise-091010-3

2009/10/10 千歳船橋

ハイデッカー構造のため、バリアフリー化には難があり、VSE50000形の登場後、淘汰が開始され、2012年3月に営業運転が終了しました。2編成が2005年8月に長野電鉄に譲渡され、4両編成に改造後、同社の1000系として長野~湯田中間のA特急「ゆけむり」として運用に就きました。私も2018年8月に湯田中~長野間、乗車しました。

1000-s1-091231

2009/12/31 須坂 長野電鉄1000系 S1編成

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月12日 (水)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その11 特急ロマンスカー写真による紹介 LSE 7000形

歴代ロマンスカーの写真による紹介、今回は7000形LSE:Luxury Super Express です。

Dsc01076
2019/5/25 海老名車両基地

この車両は耐用年数10年で設計された3000形SE車の老朽化、置き換えを当初の目的に1980年に登場したタイプで、NSE3100形のイメージを保ちつつ、斬新さを追求し、居住性、機能性の向上を図った車両でした。NSE車と同様の連接式、11両編成で1984年までに4編成が日本車輛製造、川崎重工業で製造されました。1981年には鉄道友の会からブルーリボン賞を授与されています。

7000-lse-4-091010
2009/10/10 経堂 登場時の塗装に復元された7004x11編成

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 145 km/h
編成定員 456名→454名
車両定員 50名(1・11号車)44名(2・5・6・7・10号車)32名→30名(3号車)36名(4・8号車)32名(9号車)
編成重量 267.44 t
編成長 145.20 m
全長 16,390 mm(新宿方先頭車)16,310 mm(小田原方先頭車)12,500 mm(中間車)
全幅 2,900 mm
全高 4,060 mm(先頭車)4,015 mm(集電装置付中間車)3,835 mm (集電装置なし中間車)
台車 住友金属工業 FS508A(連接電動台車)住友金属工業 FS508B(先頭電動台車)住友金属工業 FS008(連接付随台車)
主電動機 東洋電機製造 TDK-8420-A 三菱電機 MB-3262-A
主電動機出力 140kW(直巻整流子電動機・端子電圧375V・定格回転数1,900rpm)
駆動方式 東洋電機製造 KD333-A-M TD平行カルダン駆動方式 (中実軸撓み板継手方式)
歯車比 80:19=4.21
制御方式 電動カム軸式抵抗制御
力行…全界磁13段・弱め界磁4段
制動…全界磁16段
制御装置 東京芝浦電気 MM-39-A
制動装置 発電制動併用全電気指令式電磁直通制動 (MBS-D)
保安装置 OM-ATS, D-ATS-P

NSE車と較べて変化している点は
・車体中央部が低床構造から平床構造にしたこと
・先頭車前面窓の傾斜角を60度から48度とし、前面の灯火類、愛称表示器を埋め込み式としたこと
・NSE車ではなかった連結部の貫通扉を設置したこと
・座席は2300形以来となるリクライニングシートを設置し、シートピッチを970mmとしたこと
・終端駅でのシートの方向転換はSWひとつで可能な回転式リクライニングシートを国内の鉄道で初めて採用したこと

LSE車の特記すべき点は当時の国鉄が新型特急電車の開発のために、ボギー車(183系)と連接車の比較試験を行いたいとの希望からSE車以来となる走行試験に7002x11編成が使用されることとなり、1982年12月10日から15日にかけて東海道本線大船~熱海間で最高速度130km/hの走行試験が行われたことです。試験の結果はボギー車と連接車では乗り心地の差はなし、同程度の性能」といったもので、結局国鉄は連接特急車両の開発は行いませんでした。

4次車7004x11編成の導入をもってLSE車の製造は終了し、1985年10月に小田急では初めて車内公衆電話が設置されました。

Photo_1
LSE7000形の編成構成

 

7000-lse-091004
2009/10/4 千歳船橋 リニューアルを機会に10000形HiSE車と同じカラーリングになったLSE車

1996年から1998年にかけて日本車輛において全編成のリニューアルが実施され、外部カラーリングはHiSE10000形と同じホワイトベースに濃淡ワインレッドの帯が入るデザインとなりました。

2007年には小田急開業80周年・SE車登場30周年記念で7004x11編成が旧塗装に復元されました。

7000-lse-150401-3
2015/4/1 豪徳寺 最晩年、オリジナル塗装のみとなったLSE車

2010年1月には7002x11編成が最初の廃車になり、解体、2012年2月7003x11が旧塗装に、7001x11は運行を終了しました。2018年6月には7003x11が廃車解体、7004x11も2018年10月のイベント列車で運行を終了、全車解体されました。7003x11の先頭車のみが保存され2021年開業予定のロマンスカーミュージアムで保存されることとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月11日 (火)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その10 特急ロマンスカー写真による紹介 NSE 3100形

昨日の記事に続いて、写真による歴代特急ロマンスカー車両の紹介です。

Dsc01077

2019/5/25 海老名車両基地

最初は3100形NSE:New Super Express です。この車両は1957年に3000形SEがデビューして以来、特に週末になると特急ロマンスカーの人気はうなぎ登りで、全編成を投入しても輸送力不足の状態が続くようになり、車内から特急車両の増備を求める声が上がるようになりました。1960年9月には箱根ロープウエイが全通、1964年には東京オリンピックも控えており、SE車を増備する、もしくはSE車の中間車を製造して編成を増強する、あるいは全く新しい編成(新型車両)を製造するの3つの案が検討され、「特急車両は企業の看板であり、斬新さと華やかさで乗客に夢を与えるべき」との考えから新型車両が製造されることが決まり、当初10両連接車として製造が予定されましたが、軸重制限の関係で11両連接、全長140mの編成として製造されることとなりました。SE車の経験を活かしつつ、「安全」「経済」「デラックス」「魅力」「快適」「高速」の6項目を取り込んで設計されたのがNSE車でした。

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 170 km/h
起動加速度 1.5 km/h/s
減速度(常用) 3.7 km/h/s
減速度(非常) 4.7 km/h/s
編成定員 464名[2]→456名
編成重量 222.56 t
編成長 144.47 m
全長 16,465 mm (先頭車)12,400 mm (中間車)
全幅 2,900 mm
全高 4,000 mm(先頭車)
4,015 mm(集電装置付中間車)
3,435 mm(集電装置無し中間車)
台車 住友金属工業 FS346A[4](連接電動台車)住友金属工業 FS346B(先頭電動台車)住友金属工業 FS46(連接付随台車)
主電動機 東洋電機製造 TDK-807-A
主電動機出力 110kW(直巻整流子電動機・端子電圧375V・定格回転数2,250rpm)
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式(撓み板継手方式)東洋電機製造 KD309-A
歯車比 75:19=3.95
制御方式 電動カム軸式抵抗制御 力行…17段 制動…13段
制御装置 東京芝浦電気 MM-15-A[2]→MM-56-A
制動装置 発電制動併用電磁直通制動 (HSC-D)
保安装置 OM-ATS

1963年から1967年にかけ日本車輛製造、川崎車輛にて7編成が製造され、2000年に引退しました。

Photo_2
NSE3100形の編成構成

3100-nse-3181-180820

2018/8/20 開成第二公園に保存されているNSE 3181

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月10日 (月)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その9 3000形SE, SSE車に関する写真展示から

2019年5月25日の「小田急ファミリーフェスタ2019」、展示車両に関する紹介は前回の記事で終わりですが、小田急の歴代ロマンスカーやSE,SSE保存車両の車内の写真の展示がありましたので、そちらを紹介します。

1)3000形SE,SSE保存車の車内の様子

これらの写真は雑誌「旅と鉄道」に掲載された記事の展示のようで、会場では掲載誌も販売れていました。

Dsc01078

最初は運転室内部の様子です。現代の車両に較べると極めてシンプルな運転台です。

Dsc01079

続いて新宿より先頭5号車、4号車の客席の様子です。登場当時は冷房も未装備でした。

Dsc01083

3,2,1号車の客席と喫茶室、トイレの様子です。

今回、展示車両は内部には立ち入れなかったのでこれらの写真展示は大変参考になりました。

2)小田急秘蔵写真にみる3000形

1_1

こちらも3枚組の展示で、最初は3000形の製造過程、国鉄東海道本線で行われた高速度試験、そして保存の様子
5両編成として展示されるのか今回が最後で、2025年に開館予定の「ロマンスカーミュージアム」では両先頭車と中間車1両が展示される予定で中間は2両はこれから解体されるとのことです。

2

SE車として活躍していた時代

3
SSE化され、御殿場線等を走る姿、そして「さよなら」運転の様子

Dsc01084

イベント会場にはこういったコーナーもあり、結構賑わっていました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 9日 (日)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その8 マルタイ等の事業用車両達

2019年5月25日の「小田急ファミリーフェスタ2019」で展示された車両、今回は縁の下の力持ち、電気検測、保線、事故復旧などに活躍する事業用車両です。

小田急にはクヤ31形という2004年から運用されている軌道、架線の状態を検測する車両があります。Techno-Inspectorという愛称が付けられており、全長20mの制御車で1000形1051x4、1751x6、1752x6の3編成がこの車両向けの電源供給が可能なように改造されており、これらの編成による牽引の下、全線の検測を2日がかりで行うことが可能になっています。今回のイベントでは残念ながらこの車両の展示はありませんでした。

Dsc00978 Dsc00976 Dsc00975

2019/5/25 海老名車両基地

3枚の写真は、両端に動力車TMC2007、TMC2016-C、中間にトロッコ6両を挟んだ保線用編成で動力車はディーゼルエンジン駆動のようで、トロッコは砂利等を輸送するためでしょうか。TMC2016-Cの方にはクレーンが装備されています。

Dsc00981

Dsc00985

Dsc00987

続いての3枚はマルチプルタイタンパー(マルタイ)BS-5401です。マルタイと言えばオーストリアのPlasser & Theurer社製というように日本の鉄道会社の多くが導入している保線用機械です。

Dsc01069

この車両はレールに超音波を照射して傷を見つける探傷車です。形式番号はUIC-4201です。

Dsc01068

Dsc01065

この2枚はタワー車、架線のトラブルなどに対応する車両で、一般道も走ることが出来る軌陸車です。トラブルのあった箇所に一般道を走って向かい、近くの踏切から軌道に進入します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 8日 (土)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その7 GSE70000形

2019年5月25日の「小田急ファミリーフェスタ2019」で展示された車両、今回はGSE70000形 Graceful Super Expressです。

Dsc01019

Dsc01016
2019/5/25 海老名車両基地

2018年にデビューした小田急最新のロマンスカーで、2004年にデビューしたVSE50000形を使用した特急列車の特急券が取りにくい状況が続いていること、1980年LSE7000形が就役して37年が経過し、老朽化が進み、他の特急車両と較べサービスの低下が顕著になってきていたことから、「箱根につづく時間を優雅に走るロマンスカー」をコンセプトに、観光を意識した非日常性と「モーニングウェイ」・「ホームウェイ」などの通勤向け特急としての使用に向けた日常性を併せ持った特急車両として2012年に社内プロジェクトが発足し、開発がスタートしました。代々木上原~登戸駅間の複々線化をメインにした2018年3月17日のダイヤ改正で就役しました。

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s(小田急線内)2.4km/h/s(箱根登山線内)
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.7 km/h/s
編成定員 400名
車両定員 56名(1号車・7号車)60名(2号車・6号車)64名(3号車・5号車)40名(4号車)
編成重量 268.7 t
編成長 142.600 m
全長 21,300 mm (1号車・7号車)20,000 mm (2号車-6号車)
全幅 2,878 mm
全高 4,057 mm(2号車-6号車)
車体 アルミニウム合金
台車 タンデム式ボルスタレス台車
主電動機 全密閉外扇式三相誘導電動機 三菱電機 MB-5157-A
主電動機出力 190 kW
駆動方式 平行カルダン,WN駆動方式
歯車比 96:23=4.17
制御方式 純電気ブレーキ対応、回生制動・抑速制動機能付SiC-MOSFET素子VVVFインバータ制御
制御装置 三菱電機 MAP-198-15V310
制動装置 応荷重・電空演算装置付・遅れ込め方式・滑走防止弁付・編成滑走制御付電気指令式
保安装置 OM-ATS、 D-ATS-P

外装・内装デザインは建築家の岡部憲明氏がVSE,MSE車に続いて担当しました。車体はアルミ合金、ダブルスキン構造で展望席には25tトレーラーに85.5km/hで衝突する踏切事故を想定し、クラッシャブルゾーンとサバイバルゾーンが設けられました。車両間にはアンチクライマと衝撃吸収材が装備され、編成全体で衝撃を吸収し、客室を守る構造としました。外板塗色は「ローズバーミリオン」、屋根は「ルージュボルドー」とし、側面窓下にはSE車から伝統の「バーミリオンオレンジ」の帯があしらわれました。床下台枠覆部は「ムーンライトシルバー」としました。

編成は7両でボギー台車方式です。現在までに日本車輌製造が2017年、2018年に2編成製造しています。

Dsc01049
最古参と最新鋭の並び

列車情報管理装置(TIOS:Train Information Odakyu management System、元々はJR東日本と三菱電機が共同で開発したTIMS:Train Information Management Systemの小田急バージョン)により、車内、車外間の情報が管理されており、基幹伝送路は二重化されています。VVVFインバータ制御装置は定格3300VのフルSiC-MOSFET素子を使用したPGセンサレスベクトル制御方式で回生ブレーキ領域が従来に較べて拡大され、省エネルギー化が図られています。1台の制御装置が4台の主電動機を制御し、それが2台並列接続された1C8M構成となっています。

Dsc01162

Dsc01163

2019/5/25 登戸

登場後、2018年10月には公益財団日本デザイン振興会主催のグッドデザイン・ベスト100、グッドデザイン金賞(経済産業大臣賞)、2019年5月には鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 7日 (金)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その6 MSE60000形

2019年5月25日の「小田急ファミリーフェスタ2019」で展示された車両、今回はMSE60000形 Multi Super Expressです。

Dsc01004
2019/5/25 海老名車両基地

この車両は地下鉄線直通可能な座席指定制特急列車というユニークな車両です。

もともと小田急電鉄は鬼怒川水力電気の傘下で1919年に東京都内に複数の地下鉄路線の免許を申請した東京高速鉄道が新宿~大塚間の免許の交付を受けた際にその路線を郊外方向に延長する路線として設立された会社で、当時は小田原急行鉄道と称しました。(ちなみに地下鉄銀座線の新橋~渋谷間を建設、運営していた会社とは同名異会社です)。戦前の統合で大東急の一部だった小田急電鉄が分離・発足し、1948年8月には南新宿から東京まで地下鉄免許を申請しました。さらに1955年には箱根と日光を直結するため、東武鉄道との連絡を想定し、出願路線の一部を変更しました。やがて営団地下鉄千代田線が1978年3月31日に全通し、小田急との相互乗り入れが開始され、会社設立以来の地下鉄との相互乗り入れが実現しました。

60000-mse-091010
2009/10/10 千歳船橋 10両フル編成 MSEはEXEに較べると4連の編成数が少ないためか10両フル編成を見かけることが少ないように感じます。

2005年5月17日、小田急と東京メトロはロマンスカーを千代田線に乗り入れる計画を発表、この計画が実現したのがMSE60000形でした。2007年から2015年までの間に6両編成5本、4両編成3本の計42両が日本車輛製造により製造されました。地下鉄線内から小田原、箱根湯本方面のみならず2012年3月からは御殿場線直通の特急「あさぎり」改め「ふじさん」にも使用されています。

2008年に第10回ブルネル賞車両部門奨励賞、日本産業デザイン振興会グッドデザイン賞、2009年に鉄道友の会ブルーリボン賞を受賞しています。

60000-mse-131006

2013/10/6 代々木八幡

60000mse-131221-2
2013/12/21 山北 御殿場線に乗り入れた「ふじさん」

主要諸元

最高運転速度 小田急線内 110 km/h 東京メトロ線内80km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s(小田急線内)2.4km/h/s(東京メトロ・箱根登山線内)
減速度(常用) 4.0 km/h/s 減速度(非常) 4.7 km/h/s
編成定員 578名(4両+6両)
編成重量 359.8 t
編成長 200.44 m
全長 20,220 mm (1号車・10号車)20,000 mm (2号車-9号車)
全幅 2,850 mm
全高 4,140 mm(2号車-9号車)
台車 日本車輌製造 ND-739(電動台車)
日本車輌製造 ND-739TA(先頭付随台車)
日本車輌製造 ND-739T(中間付随台車)
主電動機 三菱電機 MB-5123-A2
全密閉自己通風式かご形三相誘導電動機
主電動機出力 190 kW
駆動方式 WN駆動方式
歯車比 79:19=4.16
制御方式 純電気ブレーキ対応、定速運転・抑速制動機能付IGBT素子2レベルVVVFインバータ制御
制御装置 東芝 SVF089-A0(6両固定編成)
東芝 SVF089-B0(4両固定編成)
制動装置 回生制動併用電気指令式電磁直通制動
保安装置 OM-ATS, D-ATS-P, 新CS-ATC,ATS-PT

Photo_3
6000形MSEの編成構成

60000-mse-60051-161210-6
2016/12/10 片瀬江ノ島

EXE30000形と同じく6+4に分割可能な10両編成で両端1,10号車は正面に片開き式プラグドアの非常用貫通扉が設けられ、中間6,7号車は両開き式プラグドアの貫通扉付となっています。運転席床面の高さは通常の床の高さと同一です。外部塗色は地下鉄線内での視認性を考慮してフェルメールブルーと基調に窓下にバーミリオンと白の細帯が引かれています。

室内の設計はEXE30000形をベースとしています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 6日 (木)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その5 EXE30000形

2019年5月25日、海老名車両基地で開催された「小田急ファミリー鉄道展2019」の展示車両、今回はEXE30000形特急ロマンスカー(Excellent Express)です。

Dsc01005
2019/5/25 海老名車両基地 MSE60000形と並んで展示されたEXE30000形(4連)

小田急のロマンスカーは本来、箱根や江ノ島への観光客を輸送する列車でしたが、沿線の宅地開発が進み、途中駅から新宿駅までの遠距離通勤客を輸送する有料通勤電車(ビジネス利用)としての性格も帯びるようになりました。

EXE30000形 の登場は1996年3月23日で、車齢30年を超えていた3100形NSE車の置き換えと、ビジネス利用に対応した車両形態が検討され、連接車でなく、ボギー車、6+4連の分割・併合が可能な編成形態、編成連結部には貫通路が設けられ通り抜け可能な構造、迅速な乗務員交代を可能とする前面展望席の無い構造となりました。

30000-exe-090813
2009/8/13 新松田

従来の特急ロマンスカーとは一線を画す特急車両となったため、通産省からグッドデザイン商品に選定されましたが、鉄道ファン的な印象はあまりよくなく、小田急のロマンスカー車両としては鉄道友の会ブルーリボン賞の候補とはなるものの授与はされず、運用開始後の特急年間利用者数も大幅に減少するという結果になりました。

主要諸元

最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 120 km/h
起動加速度 2.0 km/h/s
減速度(常用) (初速100km/h) 3.5 km/h/s(常用最大)(初速60km/h)4.0 km/h/s
減速度(非常) (初速100km/h) 4.0 km/h/s(非常)(初速60km/h) 4.5 km/h/s
編成定員 588名(4両固定編成+6両固定編成)
編成重量 376.7 t(4両固定編成+6両固定編成)
編成長 199.500 m(4両固定編成+6両固定編成)
全長 19,750 mm(非貫通型先頭車)20,000 mm(貫通型先頭車、中間車)
全幅 2,900 mm
全高 4,065 mm(集電装置付車)4,050 mm(集電装置無し車)
台車 住友金属工業 SS146(電動台車)住友金属工業 SS046(付随台車)
主電動機 東洋電機製造 TDK6335-A 三菱電機 MB-5065-A かご形三相誘導電動機
主電動機出力 195kW
駆動方式 TD平行カルダン駆動方式 (中実軸撓み板継手方式)
歯車比 98:15=6.53
制御方式 IGBT-VVVFインバータ制御
制御装置 東芝 SVF-024A(4両固定編成)東芝 SVF-024B(6両固定編成)
制動装置 回生制動併用電気指令電気演算式電磁直通制動 (MBSA-R)
保安装置 OM-ATS, D-ATS-P

1996年から1999年にヵけて日本車輛製造、川崎重工業にて6+4セットで7編成の計70両が製造されました。

技術的には特急ロマンスカー車両として初のVVVFインバータ制御方式が導入された車両でした。車体は屋根板と床板にステンレス鋼板が使用され、それ以外は普通鋼製となりました。先頭形状は10両編成時の両端1号車と10号車は非貫通構造、中間に入る6号車、7号車は貫通型となり、貫通扉は両開きプラグドアとなりました。運転室の床面の高さは通常の床の高さと同一となりました。側面客用扉は1か所で片開き引き戸となり、車椅子対応設備がある、2,5,8号車は1000mm幅、それ以外は800mm幅となりました。

Photo_4

30000形EXEの編成構成

30000-exe-091010-12
2009/10/10 千歳船橋

VVVFの制御方式は4両編成は1台の制御装置で6台の主電動機を制御する1C6M方式、6両編成は4台の主電動機を制御する1C4M方式が2組搭載されました。4両編成は1.5M2.5T、6両編成は2M4Tとなっています。9号車は箱根より台車が電動台車、新宿寄りが付随台車です。

 

30000-exe-30055-161210
2016/12/10 片瀬江ノ島

Dsc07412

片瀬江ノ島出発時

Dsc07418
新宿到着時

EXE30000形は小田急ロマンスカーの中で今のところ、唯一乗車経験のある車両で、片瀬江ノ島から新宿まで乗車しました。因みに藤沢でスイッチバックするため、片瀬江ノ島~藤沢間は全員後ろ向きで進行します。

2017年、登場から20年が経過したことから愛称をEXEαとし、外観、内装のリニューアルが開始されました。リニューアルに際してはインバータ素子がIGBTからフルSiC素子に交換され、3号車のサハ30450形は電動車化されデハ30400形になり、9号車のデハ30000形が0.5Mから1Mになりました。これらはSiC素子による電力削減効果でしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 5日 (水)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その4 1000形4連(Rhätische塗装編成)

2019年5月25日、海老名車両基地にて催された「小田急ファミリーフェスタ2019」での展示車両、今回は1000形4連1060編成です。

Dsc00991
2019/5/25 海老名車両基地

1000形は1988年9000形に代わる営団地下鉄千代田線直通対応車として登場した通勤車両で1988年から1993年までに4連25編成、6連8編成、8連1編成、10連4編成の計196両が製造されました。4連25編成のうち、1058x4から1061x4までの4本は箱根登山鉄道線に乗り入れる関係で箱根登山鉄道が姉妹鉄道提携をしているスイスのRhätische 鉄道と同じ赤色の塗装になっています。

1000-1158-180825
2018/8/25 箱根湯本

特徴としては同社初のステンレス鋼採用車であり、2600形で実用試験がなされたVVVFインバータ制御方式の初の量産車です。ステンレス車ではありますが、光沢を抑えるため全面ダルフィニッシュ仕上げとし、前面は繊維強化プラスティック(FRP:Fiber Reinforced Plastics )製となっています。同車と10000形HiSE 車は小田急開通60周年記念車として登場しました。

1000-1059-180820
2018/8/20 入生田 現在も残る三線軌条区間を走る1059x4

主要諸元

最高運転速度 100 km/h
設計最高速度 110 km/h
起動加速度 3.3 km/h/s 2.7 km/h/s (在来車併結時)
減速度(常用) 4.0 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
車両定員 144名(先頭車)157名(中間車)
全長 20,150 mm(先頭車)20,000 mm(中間車)
全幅 2,860 mm
全高 パンタグラフ搭載車 4,145mm その他 4,060 mm
台車 アムストリンク式空気ばね台車
主電動機 かご形三相誘導電動機
主電動機出力 175 kW × 4 (更新前)190 kW × 4 (更新後)
駆動方式 WN駆動方式
歯車比 101:16, 6.31
制御方式 三菱電機製GTOサイリスタ素子VVVFインバータ制御(更新前)SiC-MOSFET素子VVVFインバータ制御(更新後)
制御装置 三菱電機 MAP-184-15V15(更新前) 三菱電機 MAP-198-15V267(更新後)
制動装置 回生制動・自動空気ブレーキ併用電磁直通ブレーキ(更新前) 電気指令式電磁直通ブレーキ 純電気ブレーキ
保安装置 OM-ATS D-ATS-P CS-ATC(現在は撤去)

1061-130629
2013/6/29 箱根板橋

2009年3月のダイヤ改正から箱根登山鉄道線内折り返し運用や新松田~箱根湯本間の直通運用に充当される4連3本、1059x4~1061x4は箱根登山鉄道の1000形、2000形に準じた赤色(Rhätische 色)に変更され、2012年3月には 1058x4も同様に変更されました。以後、これらの赤い色のの1000形が小田原~箱根湯本間に専用に充当されています。配置は4編成とも海老名区で、2014年以降、1000形のリニューアルが始まり、4連と6連の10連化なども行われていますが、赤色の4編成は現時点では未更新のようです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 4日 (火)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その3 SSE3000形

2019年5月25日の「小田急ファミリーフェスタ2019」の話題、1968年の御殿場線電化に際し、新たな車両を製作する案も出たそうですが、国鉄側の反応も考慮して、SE車3000形を改造(先頭車改造、編成短縮8両から5両化)して対応することとしました。

Dsc01011
2019/5/25 海老名車両基地

既存の8両編成から3両分を抜き、5両連接車を4本つくり、外した中間車(3両x4)から5両連接車2本を作りました。この際、運転台は4両分中間車に同一形態の運転台を新設しました。その結果、8x4-5x6=2で2両(3003, 3023)が廃車となりました。台車は電動台車KD17、24台、付随台車KD18、12台で変わらぬため、編成中間の3号車の両端台車がKD18となり、新たにサハ3000形が登場しました。

Dsc01007

Sse

SSEの編成構成、5連化に伴う改番

御殿場線の連続勾配に対応するため、ギア比は80:19=4.21に変更され、その結果、高速性能が落ちるのを防ぐため、弱め界磁を3段から4段に改め、最弱界磁率を50%から40%としました。すべての台車の車輪径を840mmから860mmに変更しました。

Dsc01033
A号車というのは5連を2編成併結運転した際にそれぞれの号車番号が重複するため、A,B編成で区別した際の名残だそうです。

先頭形状は愛称表示器をNSE車と同様のものに改め、前照灯は愛称表示器の両側に配置、国鉄から連結器設置が要求されていたため、前面の連結器を電気連結器付き密着連結器とし、着脱式カバーを設置しました。

Dsc01035

トイレ、化粧室は2号車、喫茶カウンターは3号車に揃えられ、喫茶カウンターの面積も拡大しました。保安装置は国鉄ATS-S型を設置、先頭部に信号炎管、冷房装置は床置き方式から屋根上設置方式とし、先頭車に冷房能力4000kCal/hのCU-11集約分散式冷房装置を6台、中間車に5台設置し、外部塗装もNSE車に準じた塗り分けとしました。改造は日本車輛製造蕨工場で行われました。編成が短くなったことからSSE(Short Super Express)となりました。

1968年7月1日から連絡準急行、同年10月からは連絡急行「あさぎり」、さらに「さがみ」「えのしま」として運用され、OM-ATSの設置、さらに1972年には保安ブレーキ装置の設置、1973年には列車無線装置の更新が行われました。多客時には2編成併結の10連で運用されることもありました。1970年代に入り、もともと耐用年数10年での設計もあり、老朽化が進み、1976年から後継特急の開発が開始され、1980年LSE車7000形が登場、1983年に3001F5連が廃止、大井川鐡道に譲渡されました。1984年から3011Fを除く、4編成についてリニューアルが行われ、「あさぎり」を中心に運用されましたが、1988年にJR東海との間で相互直通運転、新型後継特急開発の話がまとまり、1990年RSE車20000形が登場し、1992年3月全車廃車となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 3日 (月)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その2 SE3000形

2019年5月25日、土曜日に参加した「小田急ファミリーフェスタ2019」の話題、まずは3000形SE車から行こうと思います。

Dsc01050
2019/5/25 海老名車両基地

現在、60歳前半の世代の人間には幼少時から絵本などで初代小田急ロマンスカーとして慣れ親しんだ車両であり、画期的な軽量高性能特急車両としても有名な車両です。しかし私は小田急線沿線住民ではなかったため、この姿を実際に見たことはありませんでした。後年SSEに改造されてからは数回見かけましたが。

Dsc00995

新宿と小田原を60分で走破することを目標として、小田急が国鉄鉄道技術研究所の技術協力を受けながら開発したエポックメーキングな車両で日本の鉄道車両として初となる技術、例えば連接車(関節車)、シールドビーム方式の前照灯などが採り入れられました。小田急では1954年に軽量化車体の2100形、さらにカルダン駆動方式の2200形が登場しており、これらの最新技術を取り込んで1954年9月11日に新型特急車両の開発が決定されました。

Dsc00999

登場は1957年5月で、1959年までの間に8両編成4本32両が製造され、その後の東海道新幹線0系へ発展的に引き継がれた技術もあり、「新幹線のルーツ」「超高速鉄道のパイオニア」とも言われました。SEはSuper ExpressもしくはSuper Electric carの両方の意味を含むとされています。

1957年9月27日、東海道本線三島~沼津間で当時の狭軌鉄道世界最高速度記録145km/hを樹立し、後の国鉄特急電車151系の開発に向けたデータも提供しました。鉄道友の会は本形式の登場をきっかけにブルーリボン賞を創設し、1958年に第1回ブルーリボン賞が授与されました。

主要諸元

編成 8両連接車(登場当初)5両連接車(1968年以降)
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 147.5 km/h
最高速度 125 km/h
起動加速度 1.6 km/h/s
減速度 4.15 km/h/s
編成定員 348名(登場当初)316名(1962年以降)222名(1968年以降)
編成重量 146.75t(登場当初)159t(1962年以降)113.47t(1968年以降)
編成長 108.1 m(登場当初)70.4 m(1968年以降)
全長 15,950 mm(先頭車・登場当初)16,150 mm(先頭車・1968年以降)12,700 mm(中間車)
全幅 2,864mm(先頭車・集電装置付中間車)2,800mm(集電装置無し中間車)
全高 3,450mm(先頭車・集電装置無し中間車)4,015 mm(集電装置付中間車)
台車 近畿車輛 KD17(電動台車)近畿車輛 KD18(付随台車)
主電動機 東洋電機製造 TDK806/1-A
主電動機出力 100kW(直巻整流子電動機・端子電圧375V・定格回転数1,800rpm)
駆動方式 中空軸平行カルダン駆動方式 (撓み板継手方式)
東洋電機製造 DND143-SH9921 歯車比 78:21=3.71(登場当初)80:19=4.21(1968年以降)
制御方式 電動カム軸式抵抗制御
制御装置 東京芝浦電気 MM-50A 力行…17段 制動…14段
制動装置 発電制動併用電磁直通制動 (HSC-D)
保安装置 OM-ATS・ATS-S

製造 車体 日本車輌・川崎車輛

Dsc00997

編成は8両連接方式の固定編成で

Se
SE3000形の編成構成

SE車は当初、耐用年数を10年として設計され、登場から11年が経過した1968年には御殿場線が電化され、1955年からキハ5000形気動車で運行されていた御殿場線直通の特別準急が電車化されることとなり、SE車を改造、5連化6編成としました。この際の改造で先頭車の顔も変わりSSE車となりました。

保存された3021x5編成は新宿側先頭車を原形スタイルに変更し、3021、3022の塗装もオリジナルに変更しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 2日 (日)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その1 概要

関東地方が梅雨に入る前の5月末のこの時期、京急久里浜、大宮車両センター、高崎鉄道ふれあいデーなどの鉄道系のイベントが週末各所で開催されます。わたしも今回はこれまで参加したことのなかった5月25日、海老名電車基地内の特設会場で開催された「小田急ファミリー鉄道展2019」に参加しました。

Dsc01148
2019/5/25 愛甲石田 駅構内に掲示されたイベントのポスター

なんといっても今回の目玉は海老名車両基地に保存されている3000形SE,SSE初代ロマンスカー編成が5両編成の状態で最後の公開となることです(2019年度中にスペース確保の関係で中間車2両は解体されるそうです)。小田急電鉄は私にとっては殆ど縁のない鉄道で、これまでの拙Blogの記事でも小田急線内での撮影の記事はありません。最近はまだ記事にはしてませんが、箱根登山鉄道の写真撮影、相鉄の写真撮影、東京メトロ千代田線内を走行する小田急 の写真などで触れる機会も多くなってきました。

Dsc00956
2019/5/25 府中本町 南武線上りホームから武蔵野線電留線を 武蔵野線の車両も最近、205系が大分少なくなり、手前の209系500番台E231系を多く見るようになりました。

週末でしたので新小平からJR武蔵野線で府中本町、JR南武線で登戸、そこから海老名へと向かいましたが、その僅か数日後、登戸駅そばでスクールバス待ちをしていた小学生19名が刃物を持った人間に襲撃され、外務省職員と11歳の女児が死亡し、多く人間が傷害をを負う凄惨な事件が発生しました。亡くなられた方のご冥福をお祈りし、負傷された方々の一刻も早い完治を願う次第です。

Dsc00961

海老名では小田急のホームの横に相鉄のホームが併設されており、同線の主力の11000系が入線していました。そして車両基地の方に目を転じると

Dsc00964

最新鋭のロマンスカーGSE70000形とSSE3000形の姿が

Dsc00973

海老名駅西口から、いよいよ車両基地へ
今回の展示車両はSE,SSE3000形、1000形(箱根登山鉄道乗り入れ編成)、EXE30000形、MSE60000形、事業用車(マルチプルタイタンパー、軌陸車)でした。また歴代のロマンスカー車両の写真展示なども非常に興味深く拝見しました。

以降の記事ではこれら車両別に触れて行こうと思います。なお、イベントの後は、2駅先の愛甲石田からバスで森の里に向かい、同所の若宮公園に静態保存されているD511119号機を見学しました。同機関車は現役の際に追分で撮影している機関車です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

2019年6月 1日 (土)

公園保存蒸機 D51 194 津和野駅横

SLやまぐち号」の旅で津和野に到着すると駅の益田側の駐車場スペースに蒸気機関車が1両静態保存されています。それが今回紹介するD51194号機です。

D51-194-150802-4

2015/8/2 津和野駅横

この機関車は沖田祐作氏の機関車表によると
D51194     国鉄大宮工場=8                1939-03-25 S77.60t1D1T(1067)
   車歴;1939-03-25 製造→ 納入;国鉄;D51194→ 配属;東京局→1939-03-25 竣工→
      1939-03-30 配置[東鉄達222];田端→1944-08-15 国府津→
      1945-10-30(10/31?)白河→1949-12-17(12/16?)宇都宮→1950-04-17 白河→
      1960-06-19(6/20?)借入;高崎一→1961-05-10(6/20?)高崎一→
      1961-09-29(9/28?)原ノ町→1967-09-30(10/1?)広島→
      1968-02-23 借入;長門→1968-08-05 借入;小郡→
      1971-03-25 山口線管理所津和野支所→1973-11-30 廃車;山口線管理所→
      保存;山口県津和野町「国民宿舎青野山荘」;D51194(最終走行距離1973-01 時点2,032,405㎞)

D51-194-150802

先日のD51516号機同様、鉄道省(国鉄)大宮工場製です。1939年3月25日、竣工後、東京局に新製配置、田端、国府津、白河、宇都宮、白河、高崎、原ノ町と関東周辺で活躍し、1967年広島に異動、長門、小郡、1973年に廃車となるまでこちらで働きました。廃車後は国民宿舎青野山荘の前で保管されていたそうですが2006年にこの場所に移されたとのことです。

D51-194-150802-2
正面のスタイルは広島工場の「ハの字エプロン・埋め込み式尾灯」スタイルとなっておりますが、前照灯のガラスと尾灯の一方が欠損しているようです。

D51-194-150802-5
砂管のパターンは大宮工場製のものとは異なり、3本とも垂直に落ちるタイプとなっています。逆転機リンクプレートの穴は小穴です。

D51-194-150802-3
長野式集煙装置が装備されています。機関助手側の前方、オイルバルブにはカバーがかかっており、ランボード後方には潅水清浄装置が搭載されています。

D51-194-150802-9
炭水車側の前照灯ガラスも欠損しており、埋め込み式に改造された尾灯も片方は埋められています。

「SLやまぐち号」をD51200号機が牽引するようになり、番号の近いD51が津和野駅で顔を合わせるようになりました。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

カテゴリー

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村