« 初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その7 GSE70000形 | トップページ | 初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その9 3000形SE, SSE車に関する写真展示から »

2019年6月 9日 (日)

初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その8 マルタイ等の事業用車両達

2019年5月25日の「小田急ファミリーフェスタ2019」で展示された車両、今回は縁の下の力持ち、電気検測、保線、事故復旧などに活躍する事業用車両です。

小田急にはクヤ31形という2004年から運用されている軌道、架線の状態を検測する車両があります。Techno-Inspectorという愛称が付けられており、全長20mの制御車で1000形1051x4、1751x6、1752x6の3編成がこの車両向けの電源供給が可能なように改造されており、これらの編成による牽引の下、全線の検測を2日がかりで行うことが可能になっています。今回のイベントでは残念ながらこの車両の展示はありませんでした。

Dsc00978 Dsc00976 Dsc00975

2019/5/25 海老名車両基地

3枚の写真は、両端に動力車TMC2007、TMC2016-C、中間にトロッコ6両を挟んだ保線用編成で動力車はディーゼルエンジン駆動のようで、トロッコは砂利等を輸送するためでしょうか。TMC2016-Cの方にはクレーンが装備されています。

Dsc00981

Dsc00985

Dsc00987

続いての3枚はマルチプルタイタンパー(マルタイ)BS-5401です。マルタイと言えばオーストリアのPlasser & Theurer社製というように日本の鉄道会社の多くが導入している保線用機械です。

Dsc01069

この車両はレールに超音波を照射して傷を見つける探傷車です。形式番号はUIC-4201です。

Dsc01068

Dsc01065

この2枚はタワー車、架線のトラブルなどに対応する車両で、一般道も走ることが出来る軌陸車です。トラブルのあった箇所に一般道を走って向かい、近くの踏切から軌道に進入します。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その7 GSE70000形 | トップページ | 初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その9 3000形SE, SSE車に関する写真展示から »

催事」カテゴリの記事

民鉄:小田急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その7 GSE70000形 | トップページ | 初めての小田急ファミリー鉄道展2019 参加 その9 3000形SE, SSE車に関する写真展示から »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村