« 公園保存蒸機 C60 1号機 仙台西公園  | トップページ | 東北本線の盲腸線 通称「利府線」について »

2019年8月 8日 (木)

公園保存車両 ED71 37+オハフ61 2527

2016年秋の仙台方面旅行で撮影した公園等保存車両、今回は東北本線の桜の名所、船岡駅横の緑地に保存される初期量産形交流電機ED71形37号機とオハフ61形客車です。

ED71形1959年から1963年にかけて、日立製作所、東芝、三菱電機・新三菱重工業により、55両製造された50Hz交流機で、北陸本線用に登場したED70形の実績を踏まえ、25‰勾配において単機で1000t、重連で1200t貨物列車の牽引が可能な性能を求められました。

試作機として3両が製造され、
1号機 日立製作所 送油風冷式変圧器+風冷式エキサイトロン水銀整流器 を搭載
2号機 東芝    乾式変圧器+風冷式イグナイトロン水銀整流器
3号機 三菱電機・新三菱重工業 送油風冷式変圧器+水冷式イグナイトロン水銀整流器 と変圧器、整流器の組み合わせが異なる方式が試され、黒磯~白河間で試験を繰り返した結果、1号機の方式が量産車で採用されることになりました。2号機の方式は鹿児島本線門司港~久留米間電化で登場したED72.ED73形に採用されました。

Dsc04827


Dsc04808
Dsc04803 2016/10/21 船岡

量産1次形として1960年から1961年に4号機から44号機が製造されました。1号機のシステムを継承しつつ、機器構成の見直しで自重が64tから67.2tに増加、重量の吸収のため台車を揺れ枕式DT114に変更しました。客車暖房用の電気暖房電源を主変圧器の3次巻線から取り、運転室ドア脇(1.4位)側に電気暖房表示灯が設置されました。
量産2次形は1962年から1963年に製造された45号機から55号機で、クイル方式から主電動機を防振ゴムを介して車軸に載せる”半釣りかけ式”に変更し、同時にMT101電動機の防振対策問題を解決するためにトーションバーをアンチローリング装置として用いることで問題が解決されました。さらに側面のルーバーの形態が変更されました。

オハフ61形客車は1947年2月25日に八高線東飯能~高麗川で発生した客車列車脱線転覆事故(184名が死亡)を契機に明治末期から大正末期にかけて製造され、製造後20年から40年が経過し、老朽化が進行していた木造客車(当時の国鉄保有客車数10800両の約6割)を1949年から鋼体化として鋼製客車に改造する事業が開始され誕生した形式です。

Dsc04811
Dsc04812

Dsc04814

この頃は戦後の混乱期でインフレが進行しており、短期間で大量に鋼製客車を新製することは不可能であり、木造客車の台枠、台車、連結器などを再利用し、車体のみを新製し鋼製としました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 公園保存蒸機 C60 1号機 仙台西公園  | トップページ | 東北本線の盲腸線 通称「利府線」について »

旅行・地域」カテゴリの記事

客車」カテゴリの記事

電機ED71」カテゴリの記事

コメント

B 767-281様お早うございます。よく残っていた、と思うと同時に早く何とかしないと貴重な文化遺産が朽ち果ててしまうと感じる一枚です。特に機関車とともに客車も残っているのは素晴らしい。ところで昔職場が昭島だった頃多摩川の鉄橋から八高線事故で転落した客車の台枠

またすみません😅台枠が見えていました。

細井忠邦さま、おはようございます。

八高線といえば、終戦直後、2度の大きな列車事故がありましたね。ひとつは1945年8月24日、まさしく終戦直後の多摩川鉄橋での列車正面衝突事故。この事故の残骸は長く多摩川の河川敷に残されていたと言いますね。まさにこれがコメントされている台枠ですね。
一方、1947年2月25日の事故は所謂、「買い出し列車」が大量の乗客を乗せて勾配20‰のカーブで横転した事故でした。
いずれも書籍等で読んだだけですが、そういった苦い経験、尊い犠牲が今日の鉄道の安全運行に役立ってきているのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公園保存蒸機 C60 1号機 仙台西公園  | トップページ | 東北本線の盲腸線 通称「利府線」について »

カテゴリー

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村