« JR東海の211系 その2 2次車投入後、現在に至る編成内の車両番号の変化 | トップページ | 2019/8/31 久しぶりの成田空港 その1 ANA A380 »

2019年9月14日 (土)

JR東海の211系 その3 大垣から静岡に転属した編成

昨日の記事で触れたように、JR東海の211系5000番台のうち、2次車の一部、3連11本が1989年から大垣電車区に配置され、東海道本線の運用に就きました。神領区投入の車両もこのときに、大垣区の車両とともに中央西線の運用のみならず、東海道本線の運用に就きました。列車番号表示器は使用されず、先頭車の車番が表示されました。

1990年に4次車が投入されると神領区の2次車3連1本が大垣区に転出しました。
C22 クハ210-5026+モハ210-5026+クモハ211-5026

1992年、国鉄時代に投入された211系0番台の予備車を確保するために、2次車3連1本と4連K20編成のサハ211-5018とともに神領区から大垣区に転属しました。
C23 クハ210ー5033+モハ210-5033+クモハ211-5033 サハ211-5018

1999年313系が投入され、神領区211系の東海道本線運用が消滅。関西本線での運用が大垣区から神領区に移管され、神領区から2次車3連7本が大垣区に転属しました。これを機に大垣区の編成番号は車番順に振り直されました。東海道本線の運用範囲は菊川まで延長され、飯田線直通運用は313系に置き換えられました。サハ211-5018は神領区に戻され、K125編成に組み込まれK20編成となりました。

2115000-k20-170805
2017/8/5 亀山 一時はサハ211-5018が大垣区の4連化に転属し、3連唯一のクハ210-5300番台(K125編成)となり、1999年12月の改正でサハが戻され再びK20編成に戻った編成

クモハ211ー5011(ex.K108), 5012(ex.K109), 5013(ex.K110), 5014(ex.K111), 5015(ex.K112), 5017(ex.K114), 5024(ex.K120)
を先頭とする3連が加わり、3連20本体制となりました。5017を先頭とする編成は2005年に愛知万博関連輸送で神領区に貸し出されました。

2115000-c11-050705

2005/7/5 枇杷島 大垣区時代のC11編成

2115000-c14-050705

2005/7/5 枇杷島 C14編成

2115000-c24-050705

2005/7/5 清洲 C24編成

2115000ll

2006年、313系が増備され、大垣区の211系の運用は消滅、静岡への転属となりました。C11ーC30 の20編成がLL1ーLL20となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« JR東海の211系 その2 2次車投入後、現在に至る編成内の車両番号の変化 | トップページ | 2019/8/31 久しぶりの成田空港 その1 ANA A380 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車211系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JR東海の211系 その2 2次車投入後、現在に至る編成内の車両番号の変化 | トップページ | 2019/8/31 久しぶりの成田空港 その1 ANA A380 »

カテゴリー

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村