« 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その3 阪神沿線訪問 | トップページ | 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その4 京阪ファミリーレールフェア2019に参加 »

2019年10月28日 (月)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その3 阪神本線と武庫川線の興味深い連絡方式

 

2019年10月19日の阪神沿線訪問の行程で一番興味深かったのが武庫川駅の構造と同駅から分岐する武庫川線と本線の連絡方式でした。

Dsc04257
2019/10/19 武庫川駅駅名標

Dsc04284
武庫川駅は下の地図のように尼崎市と西宮市の境界となっている武庫川の上に架かる橋梁上にあります。

Photo_20191027110501
武庫川駅周辺の地図 Yahooの地図から

本線の駅は武庫川の東岸(尼崎市側)にあり、武庫川線は武庫川の西岸(西宮市側)にあります。Dsc04275 武庫川線の階段を登った辺りから、阪神本線上りホームへの通路 武庫川を渡り、1番線ホームへ

Dsc04260武庫川線のホームへ行くには東武鉄道の西新井駅の大師線のように自動改札を通り抜けなければ行けません。

武庫川線には7861ー7961形、7890ー7990形が投入されており、本線との車両の交換が行われる際の連絡線は上の地図のように本線の下を潜り、北に抜ける引き上げ線に入り、そこでスイッチバックし、Dsc04271
本線に寄りそう連絡線から本線に合流します。合流する信号所は寝屋川信号所と呼ばれ、本線の寝屋川駅とは別扱いで、寝屋川駅は停留所となっています。

Dsc04269
この場所から阪神本線の列車を望遠で狙うと興味深い写真が撮れることも分かりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その3 阪神沿線訪問 | トップページ | 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その4 京阪ファミリーレールフェア2019に参加 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:阪神電気鉄道」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 こんにちは。武庫川線かつては単行だったですよね。何系だかはっきりしませんが、1両の電動車のため電源がなく冷房が使えない、といった話を聞いたことがあります。今は2両なのですね。さて台風の後はまた大雨で被害が。政治が悪いと天変地異がとは言いますが、またいい加減な大臣の辞任(罷免)文科相の入試をめぐる発言にも驚きと怒りを禁じえません。この政権を早くなくさないと日本もおしまいになってしまいます。

細井忠邦さま、おはようございます。

私も今回、阪神電車に乗ってまだこんな車両が走っているかと感じたことが多々ありました。1995年1月の阪神淡路大震災で多くの車両が被災してそこから立ち直ってきた過程も影響しているのかとも感じました。
それにしても何であんな政権がいつまでも続くのか、もっとスキャンダルが噴出して次の総選挙で終わればと感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その3 阪神沿線訪問 | トップページ | 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その4 京阪ファミリーレールフェア2019に参加 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村