« 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 宇治線 | トップページ | 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 樟葉モールSANZEN-HIROBA »

2019年11月 3日 (日)

関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 交野線

順番は前後しますが枚方市から分岐する交野線の紹介です。


Dsc04658 2019/10/20 枚方市駅 駅名標

まず京阪電鉄の駅名には守口市、門真市、寝屋川市、枚方市、交野市、八幡市(→石清水八幡宮に2019年10月1日に改称)と自治体の名称に市を付けるのが京阪の駅ネーミングのルールだそうです。阪急京都線にも摂津市、茨木市、高槻市と同様の駅名がありますが、これらも京都線は(新)京阪が建設したからだそうです。そういった○○市のひとつである枚方市駅から分岐しているのが交野(かたの)線です。

この線は元々、現在の近鉄生駒線(生駒~王寺間)を建設した信貴生駒電鉄が建設した路線で、京都方面から信貴山朝護孫子寺への参拝客輸送を目論んで計画され、枚方東口(現、枚方市)~私市(きさいち)間は1929年7月10日に開業しましたが、同年世界大恐慌が起こり、利用者の大幅な減少で経営難に陥り、私市~生駒間の建設は断念されました。枚方市~私市間は軌間1435mm、架線電圧600Vと京阪本線の支線のような区間で、同社は経営改善策として自前の電車は投入せず、京阪からの借り入れ車で対応していました。1931年には京阪に経営を委託しました。

1939年5月1日、京阪が100%出資した交野電気鉄道へ事業を譲渡、1945年5月1日京阪と阪急が国策で合併した会社、京阪神急行電鉄が同社を吸収合併しました。1949年12月1日、京阪神急行電鉄から京阪電気鉄道が分離して以降、京阪本線の支線として位置づけられています。


路線データ
路線距離(営業キロ):6.9km
軌間:1435mm
駅数:8駅(起終点駅含む)
複線区間:全線
電化区間:全線電化(直流1500V)
閉塞方式:自動閉塞式
保安装置:K-ATS
踏切数:15か所(すべて第1種甲)、うち12か所に踏切障害物検知装置が設置
最高速度:90km/h
最急勾配:33‰(河内森駅 - 私市駅間)


Dsc04655


当初から複線化、中間駅化を考慮して設計されたためか、駅はコの字型のホームとなっています。東北本線利府支線の利府駅と同じ構造です。

Dsc04656 交野線の車両はワンマン対応の10000系や13000系が投入されていました。

因みに難読駅である私市の由来は私部(きさべ:天皇の后のために農耕をした人々)というそうで日本書紀に出てきます。私部が住んだ村の中心が私部内でこれが転じて私市になったそうです。


京阪の路線は元々道路に軌道を敷くことを基本とした「軌道」で、カーブが多いのが特徴ですが、交野線はその歴史から分かるように地方鉄道法で建設された路線であり、線路は一直線に敷かれ、本線よりも立派と言われたそうです。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 宇治線 | トップページ | 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 樟葉モールSANZEN-HIROBA »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:京阪電気鉄道」カテゴリの記事

コメント

B 767-281様こんにちは。宇治線は何回か乗車したことがありますが、交野線はまだ乗ったことがありません。なる程そういう経緯で出来た線でしたか。お伊勢参りと言い、その時の巡礼の流行で鉄道ができるとはなる程と感心します。相模線の寒川支線を思い出しました。京阪は全体的に車両を大事に使う会社で(関西の私鉄は多いですが)高感度が高いです。そう言えば何処の本で社内の人が「京阪電気鉄道カーブ式会社」と書いていたのを思い出しました。さて話は飛びますが、大臣の辞任ドミノ止まりませんね。次は萩生田の首、そして任命責任者の首も欲しいです(笑い)

細井忠邦さま、こんにちは。

路面電車が始まりで、人が住んでそうな集落をつないで路線を形成していったのでカーブが多いそうですね、東海道線とのスピード競争にはどうしても勝てないのでテレビカーを導入したり、そのテレビカーもカーブに合わせてアンテナを回したりといろいろ苦労があったようですね。関東でも新京成は陸軍の演習用線路だったためカーブが多いとの話はよく聞きますが、皆それぞれ歴史的事情があるのですね。
文科大臣として教育の機会均等も理解せず、あんな発言をする人間は失格ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 宇治線 | トップページ | 関西私鉄沿線巡りと鉄道イベント参加の旅 その5 京阪線全線の旅 樟葉モールSANZEN-HIROBA »

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村