« 阪急 2000系 | トップページ | 阪急 3000系・3100系 »

2019年11月 9日 (土)

阪急 2200系

昨日の記事で紹介した2000系・2300系の投入から15年が経過した1975年、次世代モデルの模索車的位置づけで、電機子チョッパ制御の実用試験車として導入されました。編成は8両固定、車体も大きくモデルチェンジし、ワンハンドルマスコンも導入されました。あくまでもパイロット的位置づけでの導入であり、増備計画はなかったので2000番台の予備番号2200番台が使用されました。1985年にはVVVFインバータ制御の実用試験車両2両も製造されました。


2200-2250


1981年頃 西宮北口 

2200系の10両は試作的要素が強い車両だけに、電機子チョッパ試験、VVVF試験が終了した後は複雑な経緯を辿っています。

2200


電機子チョッパ車による営業運転はワンハンドルマスコンへの習熟や制御器から発生する高周波ノイズによる踏切障害などの問題で編成落成半年後からようやく開始されました。近鉄3000系などと同様に、回生ブレーキによる省エネルギー効果の低さ、製造コストの高さから、採用には至らず7000系7300系では界磁チョッパ制御方式が採用されました。
1985年にVVVF電動車ユニットの2720+2721が製造されると8両固定編成から2両の付随者2750+2751が抜かれ、これらは6000系8連に組み込まれ神戸線10連化に使用され、6M2T8連による電機子試験は1992年まで続けられました。試験終了後、電機子チョッパ電動車は電装解除され、6000系に組み込まれました。残った制御車2両とVVVF電動車の4両は6000系2連とで6連を組み今津北線で使用されましたが、1995年1月17日の阪神淡路大震災の際に宝塚南口付近で被災、脱線し、2721の機器が復旧不能なダメージを受け廃車となりました。2720は電装解除され、6762に、2721は代替新造され6772となり、制御車も6000系に組み込まれました。この時点で2200系は形式消滅となりました。

6000-6114-191018 2019/10/18 箕面 箕面線で活躍中の6000系6014F 6114の隣に連結されている6760は2200系2700として製造された車両




にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 阪急 2000系 | トップページ | 阪急 3000系・3100系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

B 767-281様こんにちは。阪急と言えば新快速で正雀工場のそばを通過するとき、綺麗に下地を直している車を見かけます。マルーンの車体がどれも丁寧に整備されていて好感がもてます。さて阪急でも電機子チョッパ制御は上手くいかなかったのですね。そうなると営団地下鉄はよほど技術が優れていたのか、地下鉄路線に合っていたのか知りたくなりました。

細井忠邦さま、おはようございます。

阪急のあのマルーンの塗装というのは外板に歪みやひずみが生じると表に出てしまい美しく保つのが難しいそうです。ですから伝統を維持するというのも人並み以上の苦労があるそうですね。
国鉄などが電機子チョッパに拘ったというのは直巻き式電動機しかなかったからという話は聞いたことがありますが、営団も同じ理由だったのでしょうか。あとは素子が結構高額他言う点もありますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急 2000系 | トップページ | 阪急 3000系・3100系 »

カテゴリー

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村