« 阪急電鉄 路線について その3 神戸本線 | トップページ | 阪急電鉄 路線について その5 今津北線 »

2019年12月14日 (土)

阪急電鉄 路線について その4 伊丹線

阪急電車の路線シリーズ、今回は伊丹線です。
Photo_20191213201501
昨日の神戸本線の記事で触れましたが、神戸本線は当初、伊丹市内を通る予定でしたが、小林一三氏の意向で阪神間を短距離で結べる塚口、西宮北口経由となったため、伊丹へは塚口から分岐線で結ぶこととなり、神戸本線と同じ1920年7月16日に塚口~伊丹間(3.1km)が開業しました。

Dsc03827

Dsc03825
2019/10/18 塚口到着直前の伊丹線車内から 構内は単線に

開業時は単線で、票券閉塞方式でしたが、1943年2月1日、戦時中の輸送力増強のため複線化されました。ただ、塚口駅構内は単線となっています。

Dsc03819 2019/10/18 伊丹駅到着直前の車内から 伊丹駅は駅ビルの3階に発着となります。

1995年1月17日の阪神淡路大震災では伊丹駅が倒壊し、全線不通になりました。私もニュースでの映像を憶えています。同年3月に400m南に仮駅を設置し、営業を再開しました。完全復旧となったのは1999年3月6日のことでした。

運行形態は塚口~伊丹折り返しのみで神戸本線との直通運転はありません。昼間は10分間隔、平日朝ラッシュ時は5~7分間隔、平日夕ラッシュ時は7~8分間隔、土休日夜間は12分間隔での運行となっています。

3000-3003-191018_201912132024012019/10/18 3000系の最後まで残った2編成が伊丹線で活躍中で、塚口側の先頭車が3054

6000-6008-191018
2019/10/18 新伊丹ですれ違った6008F

車両は
3000系 3054F
6000系 6004F,6008F, 6012F
7000系 7034F+7035F(2連併結) の5本が伊丹線専用編成として投入されています。これらの車両の検査時には5100系5118Fが代走することもあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 阪急電鉄 路線について その3 神戸本線 | トップページ | 阪急電鉄 路線について その5 今津北線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

民鉄:阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 阪急電鉄 路線について その3 神戸本線 | トップページ | 阪急電鉄 路線について その5 今津北線 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村