« 2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その1 | トップページ | 2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その3 125系 »

2020年7月 9日 (木)

2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その2 103系3550番台

加古川線の旅、今回は車両編、まずは2004年12月19日の電化にあわせて準備された103系の話題です。

Dsc03095
2019/8/5 粟生 クモハ103-3551
Dsc03090_20200708181201

2019/8/5 西脇市 クモハ102-3551

森ノ宮電車区や奈良電車区に配置され、体質改善40N工事施工済みだったモハ103/102形のMM'ユニットに運転台を取り付ける改造が吹田工場と下関車両センターで施工され、ワンマン運転対応の2両編成8本が準備されました。九州の唐津線、筑肥線・福岡市営地下鉄1号線(空港線)直通運転用の1500番台と似た貫通スタイルでの落成となりました。

谷川方制御電動車  モハ103-659・660・714・715・726・728・730・731→クモハ103-3551 - 3558
 3555・3556・3558は運転台側屋根上に冬期架線霜取用パンタグラフを増設

加古川方制御電動車 モハ102-815・816・870・871・882・884・886・887→クモハ102-3551 - 3558
 洋式車椅子非対応トイレを設置

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その1 | トップページ | 2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その3 125系 »

旅行・地域」カテゴリの記事

電車103系」カテゴリの記事

コメント

B 767-281様お早うございます。貫通式と言う事は併結運動も有るのでしょうか?地の色は常磐線のエメラルドグリーンに近い感じですね。通勤型と言えば、中央線のE233系に12年振の新車が1本出ました。続番を取ったためT71を名乗っていますが、先頭車の2両の番号が違っています。209系1000番台だけでは予備が不足するのか、209の脚が無くなるのか?いずれにしろトイレは無いので、他線区へ何れは異動となるのかも知れません。さすがに車内はLEDでした。

細井忠邦さま、おはようございます。

朝夕、厄神~加古川間などでは結構混むようなので2連を併結し、4連で走っているようです。ですから貫通式になっているようです。地の色はまさに仰る通り関東では常磐線のエメラルドグリーンですね。
中央線のT71編成も面白いですね。両端のクハが順当に続番とした関係で片方は71、反対側は68となっているのは青600台編成のためですね。わたしも写真を撮ったら記事にしようと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その1 | トップページ | 2019年8月の岡山・広島・鳥取・兵庫旅行 17 加古川線の旅 西脇市まで往復 その3 125系 »

カテゴリー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村