« 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 21 松本駅でみたED60牽引貨物列車 | トップページ | 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 23 明科駅あれこれ »

2020年10月20日 (火)

2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 22 明科駅そばの安曇野市龍門淵公園に保存されているC56 124号機

松本駅を出発し、約13分の乗車で2つ目の明科駅に到着します。

明科駅の西側、線路が走っている場所から少し下がったところを犀川が流れており、犀川の右岸に龍門淵公園、水産試験場などがあり、両者の中間位の場所、かつては安曇野市明科公民館があったばしょにポツンのC56形蒸機が1両残されています。

Dsc05682 2018/8/31 訪れた頃、塗りなおされたのか美しい状態を保っていました。

この機関車の履歴は沖田祐作氏の機関車表データによると
1938-3-5 三菱重工業神戸造船所 製番222
門司局配属 配置 麻里布
1941現在 備後十日市
1943現在 七尾
1972-3-31現在 七尾
1973-3-31現在 七尾
1974-3-31現在 七尾
1975-3-18廃車 木曽福島 とのことで、製造直後は九州に配置されましたが、戦中から七尾に転属し、廃車は木曽福島でした。

Dsc05683 現役時代、正面のナンバープレートは形式名入りだったそうですが、現在は緑地プレートが付いています。

Dsc05676 公民館の跡地と知らないで訪問するとなぜこんなところに蒸機がと思います。

Dsc05679 そのためなのかこうした説明板は設置されています。

Dsc05680
Dsc05689 バック運転で視界を確保するための炭水車の切り欠きはC56特異的なものです。

Dsc05677edit 近くの龍門渕公園には龍神宮の言われが書かれています。
龍門淵公園、あやめ公園は明科町のシンボルであり、6月中旬頃には花菖蒲が咲き誇り、あやめ祭りが開かれるそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 21 松本駅でみたED60牽引貨物列車 | トップページ | 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 23 明科駅あれこれ »

旅行・地域」カテゴリの記事

蒸機C56」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 21 松本駅でみたED60牽引貨物列車 | トップページ | 2018年晩夏 長野県内の保存蒸機を見て歩く旅 23 明科駅あれこれ »

カテゴリー

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村