« 秩父鉄道の車両たち その4 5000系 | トップページ | 秩父鉄道の車両たち その6 電機 デキ500形 »

2021年7月28日 (水)

秩父鉄道の車両たち その5 100形 デハ107とクハニ29(二代)

秩父鉄道の車両シリーズ、現在活躍中の電車は7500(7800)系、7000系、6000系、5000系の5系列で、2014年3月をもって全廃された1000系に関しては、2014年5月22日6月1日6月11日の記事で触れました。

29-100425 2010/4/25 三峰口鉄道車両公園 クハニ29+デハ107 保存車輛

続いては、2019年の三峰口駅構内の鉄道車両公園リニューアルで残念ながら解体されてしまった100形の2形式デハ100形、クハニ20形について触れます。これらは木造車の鋼体化改造車両として1950年から1954年にかけ日本車輛東京支店で製造されもので、デハ100形101-113、クハ60形61-67、クハニ20形21-30、クハユ30形クハユ31の31両が在籍しました。

107-100425-3
107-100425
107-100425-2
それまでの秩父鉄道の電車は電化当初の1922年から1925年にかけ製造されたデハ10形等の国鉄払い下げ電車で、老朽化が著しく、体質改善と輸送力増強のために100形が導入されました。

主要諸元
車両定員
・デハ100形 - 126(座席56)
・クハ60形 - 116(座席46)
・クハニ20形 - 100(座席46)
車両重量
・デハ100形 - 35.2t
・クハ60形 - 29.2t
・クハニ20形 - 31.2t
全長 17,630 mm
全幅 2,840 mm
全高
・デハ100形 - 4,100mm
・クハ60形、クハニ20形 - 4,066 mm
駆動方式 釣掛駆動方式
歯車比 57:26
編成出力 95kW×4基
(電動機形式:MB-146-CF)
制御装置 手動進段式抵抗制御
制動装置 自動空気ブレーキ

29-1004253
29-1004252
29-1004254

唯一の郵便合造制御客車だったクハユ31は郵便輸送の廃止により、1973年にクハニ20形に編入されクハニ29 (2代)となりました。長年にわたり主力車両として活躍しましたが800系および1000系の入線により、1980年から1988年にかけて廃車になり、1988年にはさよなら運転が行われ、最後の花道を飾りました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 秩父鉄道の車両たち その4 5000系 | トップページ | 秩父鉄道の車両たち その6 電機 デキ500形 »

旅行・地域」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩父鉄道の車両たち その4 5000系 | トップページ | 秩父鉄道の車両たち その6 電機 デキ500形 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村