« 秩父鉄道の駅 その11 御花畑(芝桜)駅 | トップページ | 秩父鉄道の駅 その13 三峰口駅 »

2021年9月 9日 (木)

秩父鉄道の駅 その12 影森駅

秩父鉄道の駅シリーズ、今回は影森駅です。

210731_20210908083101 2021/7/31 駅名標

貨物輸送の話題でも登場しましたが、鉄道ファン的に非常に興味深い駅です。

210806_20210908083301 2021/8/6 秩父よりから駅全体を見る 1面2線の島式ホームを挟んで両側に留置線があり、6000系、7500系、7800系などが休んでいます。ホームは曲線状に沿って設置されているため、羽生方面の2番線に到着した4扉車は4か所のドアのうち中間の2,3番目の扉のみが開くことになっています。

210806_202109080836012021/8/6 影森No3踏切から駅方向を眺める 手前の線路が三輪線、奥の線路が秩父本線、両者の間に武甲線の線路がありました。

1917年9月27日、秩父駅から当駅まで延伸開業した際に開業しました。1918年9月16日には貨物専用の武甲線が武甲駅まで開業しました。当初は非電化でしたが、1922年1月20日に熊谷駅~宝登山(現、長瀞)駅、1月21日に秩父駅~影森駅間、5月20日に宝登山駅~秩父駅間が電化されました。1930年3月15日には影森駅~三峰口駅間が当初から電化されて開業しました。ただこの時点の架線電圧は1200Vでした。架線電圧が1500Vに昇圧されたのは1952年2月1日でした。

210731_20210908084101 2021/7/31 ホーム待合室に展示されている秩父鉄道、影森駅の歴史

210731_20210908084301
2021/7/31 地下通路入り口と公衆トイレ

2016年4月23日に旧駅舎と宿舎は取り壊され、地下通路のみが残されたため、現在はこのような光景になっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 秩父鉄道の駅 その11 御花畑(芝桜)駅 | トップページ | 秩父鉄道の駅 その13 三峰口駅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

私鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩父鉄道の駅 その11 御花畑(芝桜)駅 | トップページ | 秩父鉄道の駅 その13 三峰口駅 »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村