« 1986年から1989年にかけ、前面スタイルを変更して投入された新7000系 | トップページ | 西武 2000N系2063F+2000系2411F 横瀬基地へ 廃車回送 »

2021年11月 3日 (水)

相模鉄道の車両基地 かしわ台車両センター

相模鉄道シリーズ、昨日の記事で車両シリーズは一応終了し、これからは車両基地、留置線に触れて行きたく思います。

最初は同鉄道の車両全般の検査、改造工事を担当しているかしわ台車両センターです。コロナ禍になる前に同所では鉄道イベントが開かれていましたが私は参加した経験はなく、まだ足を踏み入れたことが無い場所です。


180924 2018/9/24


かしわ台検車庫としての開設は1967年9月1日、それまで星川工場が担当していた検修を1971年12月15日の修車工場の完成でこちらが担当するようになりました。1972年1月16日にはかしわ台工機所が発足しました。2005年10月1日、現在の名称に改称されました。

210910 2021/9/10 かしわ台駅の海老名寄りから JR東日本との相互乗り入れが開始されてからは同所に留置されるE233系7000番台の姿も見ることが出来るように

19,059㎡の敷地面積、建物面積は13,623㎡で収容可能車両数は224本、19本の留置線があり、仕業検査、機能検査、重要部検査、全般検査を行っています。検修能力は年間174両です。

8000-8711-180924
2018/9/24 かしわ台駅北側の留置線

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 1986年から1989年にかけ、前面スタイルを変更して投入された新7000系 | トップページ | 西武 2000N系2063F+2000系2411F 横瀬基地へ 廃車回送 »

民鉄:相模鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1986年から1989年にかけ、前面スタイルを変更して投入された新7000系 | トップページ | 西武 2000N系2063F+2000系2411F 横瀬基地へ 廃車回送 »

カテゴリー

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村