« 意外と奥が深い東武 50000系一族 その4 50050型 51057編成 ~51060編成 | トップページ | 意外と奥が深い東武 50000系一族 その6 50090型 51091編成 ~51094編成 »

2021年12月20日 (月)

意外と奥が深い東武 50000系一族 その5 50070型 51071編成 ~51074編成

51060Fが2007年1月に竣工した後の同年3月には東上線から有楽町線直通用として、50070型が登場しました。2006年度中に51071F,51072Fの2編成、2007年度に51073F, 51074Fの2編成が竣工しています。

51071510742 50070型の竣工と営業運転

基本的には50050型に準じていますが、
・地下鉄線内の駅のホームドアに対応して先頭車の全長を130mm延長し、20130mmとしました。
・車端部の側窓は車椅子スペース部2か所を除いて、全て開閉可能な下降窓に変更しました。
・両先頭車の床下にはATC/S装置の設置に加え、ATO装置と戸閉制御切換装置を、クハ50070形にはATO送受信装置(トランスポンダ)を搭載し、誘導無線装置はサハ57070形に設置しました。
・行先表示器を50000型・50050型の3色LED式からフルカラーLED式に変更しました。
・地下鉄への直通運転に対応するため、主ハンドルの形状やレイアウトを大幅に変更し、計器盤右側には機器操作箱を新設し、上部には車上CCTV(ホーム監視用モニター画面)を設置しました。

51071510741 編成構成

50000-51071-160423 2016/4/23 多摩川

51072-151212 2015/12/12 朝霞台

50070-50073-170121 2017/1/21 朝霞台 2019/11 案内表示器LCD2画面化改造施工

51074-131006 2013/10/6 多摩川 営業運転開始日に一駅分走行し立ち往生したことがあったそうです。2020/4 案内表示器LCD2画面化改造施工

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 意外と奥が深い東武 50000系一族 その4 50050型 51057編成 ~51060編成 | トップページ | 意外と奥が深い東武 50000系一族 その6 50090型 51091編成 ~51094編成 »

民鉄:東武鉄道」カテゴリの記事

コメント

先週の土曜に、成田山新勝寺へ向かいました。
横浜から東急東急メトロパス使用で日比谷線・東西線乗継で西船橋へ、京成西船-京成成田と言った、乗り換えの多くややこしい経路を使用しましたが、JRの休日お出かけパスより安上がりとなり、その分、成田の参道の飲食店で冷酒を楽しむ事が出来ました。
成田山の境内には、書道美術館もあり、魅力深かったです。

(株)上村工業 さま、おはようございます。

週末のプチ旅行良いですね。私も成田はつくば時代に再三、空港を訪れましたが、新勝寺周辺を通過するばかりでゆっくり訪れたことはありません。一度機会があれば訪れたく思っています。またJRでなく京成線を使うのが安い方法なのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 意外と奥が深い東武 50000系一族 その4 50050型 51057編成 ~51060編成 | トップページ | 意外と奥が深い東武 50000系一族 その6 50090型 51091編成 ~51094編成 »

カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村