« 通勤電車シリーズ 205系 28 2004年度の205系の動き part4 トウ33,34,14,51編成の転出 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 30 量産先行編成トウ1~4の転出 »

2022年3月 4日 (金)

通勤電車シリーズ 205系 29 2004年度の205系の動き part5 トウ52,53,16,55,56編成の転出

E231系500番台の東京総合車両センター新製配置による205系の運用離脱、転出の動き、今回はトウ52,53,16,55,56編成の転出です。

52-53-16-55-56

トウ52,53,16,55,56編成の転出

5編成のうち、トウ16以外は、これまでのトウ44,46、48、50、43、57、59、60、33、34と同様にサハ204は川越車両センターの埼京線用編成に組み込み、最も偶数よりのモハユニット以外の8両はサハ205をセンターにしたTcMM'TTMM'T'Cの8両編成となりました。改造担当所と竣工日は以下のようになっています。

モハ205/204-5051 東京 2005/2/22
       -5055,-5056 東京 2005/6/10
                -5059,-5060 大宮 2005/3/26
                -5063 大宮 2005/8/30
                -5061,-5062 大宮 2005/7/4
                -5067 東京 2005/9/7
                -5065,-5066 東京 2005/7/22
                -5068 東京 2005/9/5  

205-53-020427 2002/4/27 五反田 トウ53編成 

205-56-020427 2002/4/27 五反田 トウ56編成     

205-m28-081230 2008/12/30 南船橋 M28編成

205-m30-060422 2006/4/22 新座 M30編成

205-m31-110608 2011/6/8 大宮 M31編成

205-m33-151219-2 2015/12/19 新松戸 M33編成

トウ16編成に関しては細切れに裁断され、両端クハはM34編成、サハ204はハエ6編成、MM'-46は南武線ナハ51編成、MM'-47は鶴見線T19編成(MM'c)、TT-31,32は武蔵野線オリジナルM61編成のVVVF化でモハユニットに置き換えられたサハ(M35編成:2022/2/7の記事)に、そしてMM'-48 はVVVF化改造され-5058と改番されてM29編成に組み込まれました。

クモハ204-1109 秋田 2005/3/31
モハ205/204-5058 東京 2005/3/26

205-16-020427-edit2002/4/27 田町 トウ16編成

2051100-t19-071214 2007/12/14 八丁畷 なぜか南武支線を走る鶴見線T19編成

205-m34-090607 2009/6/7 越谷レイクタウン M34編成

これらの編成の転出で東京総合車両センターに残された205系編成は量産先行編成4本となりました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 通勤電車シリーズ 205系 28 2004年度の205系の動き part4 トウ33,34,14,51編成の転出 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 30 量産先行編成トウ1~4の転出 »

通勤電車」カテゴリの記事

電車205系」カテゴリの記事

コメント

B767−281様 今晩は。このシリーズ連続して拝見させていただいていて、まるでジグソーパズルのようで興味深いです。205系の編成がバラされてどこへ行ったのか、鉄道趣味誌でも一部出ていますが、これだけ詳細にご紹介していただきますと改めてその凄がわかります。サハ2両だけが「無駄」になったようですが、完璧な転用ですね。かつて151系にクロとサシが組み込まれてつばめが電車化された時、田町電車区では一両毎のコマを作って組み替えの手順を練ったという話が有名ですが、まあ期間は長いですがそれに匹敵するお話ですね。巷ではE233系も205系のようにこれから各地に転配されるという話がありますが、歴史は繰り返されるのでしょうか。それにしてもプーチンのソ連復活のような妄想は勘弁してほしいです。ここでの歴史の繰り返しはあり得ません。またそれに便乗して憲法改悪や核武装を言い出すおバカな元首相は許せませんね。

細井忠邦さま、おはようございます。

明日の朝、公開される記事で山手線205系の転出のまとめを表にしていますが、仰る通り、サハ205の2両以外は実に有効に改造して他線区に回したのが205系のケースでした。151系・161系の転用同様にどの車両もしっかり転用するという方針が徹底し、さらに各工場にうまいこと仕事を分担させ改造工事が行われたのですね。E231系500番台の転用の際にはサハが大量に廃車されたのが対照的でしたね。

安倍は首相時代に27回もプーチンと会談したと自慢し、多くの経済協力、天然ガスの輸送プロジェクトや北方領土の経済支援プロジェクトをスタートしましたが、今回のウクライナ侵攻でそれらもすべて回収不能になりそうで、またぞろ負の遺産を作ってしまったようです。プーチンがどんな人間なのかよく見もせずに己の政治的野心だけから行動する愚かな政治家の典型のような愚行ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤電車シリーズ 205系 28 2004年度の205系の動き part4 トウ33,34,14,51編成の転出 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 30 量産先行編成トウ1~4の転出 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村