« 西武 2000N系 4連 2521F 横瀬基地へ廃車回送 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 42 東北本線・日光線用 600番台の登場 part4 日光色と観光列車「いろは」 »

2022年3月28日 (月)

通勤電車シリーズ 205系 41 東北本線・日光線用 600番台の登場 part3 107系の塗色を継承した600番台

日光線は当初、日光鉄道会社により計画され、その計画を引き継ぐ形で日本鉄道1890年6月1日に宇都宮駅~今市駅間を開業、このときに砥上駅・鹿沼駅・文挟駅・今市駅が開業し、同年8月1日に日光駅までが延伸開業しました。1906年11月1日、国有化され、官有鉄道となりました。1909年10月12日、線路名称規定により、日光線と命名、全線電化は1959年9月22日でした。

電化前はキハ45000形(後のキハ10系)快速が上野~日光間に投入され、エンジン2台搭載のキハ44800形(後のキハ55系)準急が同区間に投入され、所要時間は大幅に短縮されました。電化後はローカル運用で31系、40系、70系、80系、115系、上野からの直通準急「日光」には157系が投入されました。さらに伊東~東京~日光間に「湘南日光」、新宿~日光間に「中禅寺」、黒磯~日光間の快速にも157系は充当されました。この頃は東武鉄道との間で日光戦争が行われていましたが、全線単線であり、宇都宮でスイッチバックする線形の不利さから、軍配は東武鉄道に上がり、157系は撤退、165系が置き換えで登場、急行「日光」として使用されました。
107系がローカル運用に登場したのは1988年のことでした。ただ、小山車両センターの107系0番台は予備車が不足気味だったので、新前橋(高崎車両センター)の100番台や115系が運用に入ることがありました。また、烏山線用のキハ40形1000番台も運用間合いで鹿沼~宇都宮間を走行していました。107系の運行は2013年3月16日のダイヤ改正で205系600番台に置き換えられ、同年6月には0番台N1~N8編成全車が廃車となりました。

107-n1-111103-3 2011/11/3 日光 N1編成

107-n5-111103 2011/11/3 今市 N5編成

107-n4-130525-4 2013/5/25 大宮公開 N4編成

107-n8-060409 2006/4/9 自治医大~石橋 N8編成

107系0番台の塗装は登場当初はこのような日光線のNに「神橋」をイメージした赤1号のラインが入ったものでしたが、

107-n2-081228 2008/12/28 小金井~自治医大 N2編成

2008年3月から車体に日光線のステッカーが貼られ、2010年1月17日以降は全編成、上の写真のようなアイボリー・クラシックルビーブラウン、境界を金色帯とする塗装になりました。

205600-y2-140321-2 2014/3/21 宇都宮 Y2編成

205系600番台のうち、Y2,Y3,Y6,Y10編成の4本は107系の塗装を継承し、このようなスタイルでデビューしました。さらにY3編成はデビュー後、2018年に観光車両「いろは」に再改造されました。いろはについては別記事で触れる予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武 2000N系 4連 2521F 横瀬基地へ廃車回送 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 42 東北本線・日光線用 600番台の登場 part4 日光色と観光列車「いろは」 »

路線について」カテゴリの記事

通勤電車」カテゴリの記事

近郊形電車」カテゴリの記事

電車205系」カテゴリの記事

電車107系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武 2000N系 4連 2521F 横瀬基地へ廃車回送 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 42 東北本線・日光線用 600番台の登場 part4 日光色と観光列車「いろは」 »

カテゴリー

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村