« 桜巡り その3 千鳥ヶ淵 | トップページ | ウクライナからの避難された方々、20名がポーランドから帰国した政府専用機で入国 »

2022年4月 5日 (火)

桜巡り その4 目黒川 池尻大橋から中目黒へ

3月30日水曜日、千鳥ヶ淵を後にして、九段下駅から東京メトロ半蔵門線に乗車、向かったのは池尻大橋駅でした。この駅を利用するのは数年ぶりですが、玉電が走っていた頃は大橋の電停をよく利用していたものでした。高校時代は入学後、しばらくは渋谷から目黒区下馬まで東急バスで通学しており、三宿までは国道246号線を走るため、この辺りをよく通過していました。

Dsc08174 2022/3/30 目黒川の水に関する案内板

Dsc08173 大橋から下流方向

三宿の東仲橋付近で北沢川と烏山川が合流し、目黒川となり、天王洲アイル付近で東京湾に注ぎますが、合流地点から国道246号が架かる大橋付近までは暗渠となっています。玉電が走っていたころはまさに生活排水が流れており、大雨が降ると濁流となり、今にも氾濫しそうなときもありました。現在は1995年から始まった清流復活事業により、大方の水が新宿区の落合水再生センターで処理された水が流されています。

Dsc08176
左手の構造物は首都高速道路3号渋谷線と中央環状線を結ぶ大橋ジャンクションですが、1969年までは玉電の大橋車庫、その後は東急バス大橋営業所でした。

Dsc08177
Dsc08179 説明板にあるようにこの辺り、かつては多くの水路に沿って水車屋が存在したそうです。こういったミニチュアの水車屋もあります。

Dsc081843月30日の時点で桜の花の離層形成はだいぶ進んでおり、花吹雪状態でした。

Dsc08186

Dsc08191満開の桜を見て感じるのは異なる樹木(個体)間でこれだけ見事にタイミングを合わせるように開花する生物時計の同期性のすばらしさですね。
山手通りを超えるところがちょっと厄介ですが、

Dsc_0102 左手の赤い橋は歩行者専用の中の橋

Dsc08205 花見客用にこんな案内も用意されています。

Dsc08214

Dsc08215 東横線・メトロ日比谷線のガードを超えて下流方向にも桜並木は続いています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村  鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 桜巡り その3 千鳥ヶ淵 | トップページ | ウクライナからの避難された方々、20名がポーランドから帰国した政府専用機で入国 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜巡り その3 千鳥ヶ淵 | トップページ | ウクライナからの避難された方々、20名がポーランドから帰国した政府専用機で入国 »

カテゴリー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村