« 通勤電車シリーズ 205系 47 富士急行への譲渡 part1 2017年度までに譲渡された編成 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 49 富士急行への譲渡 part2 6502編成 トーマスランド20周年記念号 »

2022年4月15日 (金)

通勤電車シリーズ 205系 48 川越・八高線からの撤退

八高線八王子~高麗川間は、1996年3月16日に電化開業し、103系3000番台、3500番台、201系、209系3000番台が投入されました。埼京線開業時の1985年9月30日に電化された川越線高麗川~川越間とともに八王子~高麗川~川越間が一体で運用されるようになり、八高線は高麗川を境に南北に系統分離されました(2023/5/7文章修正)。

1033000-03500_20220419141001

1033500-56-020102

1033500-56-020102-2

2002/1/2 拝島 103系3500番台 ハエ56編成

103系3000番台は何度も登場していますが、72系のアコモデーション改造車、3500番台は編成不足を補うために103系0番台からの改造車でした。3000番台の側扉は半自動の場合、手動開閉式だったのに対し、3500番台では押し釦開閉式でした。

2093000

2093000-61-101231 2010/12/31 高麗川 209系3000番台 ハエ61編成

209系3000番台は八高・川越線向け単線仕様車となっており、列車交換時の長時間停車を考慮し、客用扉が通年で半自動扱い可能とされ、ドアスイッチが装備されました。

205系の改造車、3000番台は2003年より投入されました。

当初はTcMM'T'c4両編成7本が投入される予定でしたが2004年10月16日のダイヤ改正で埼京線の東京臨海高速鉄道りんかい線相互直通運転用に車両が急遽必要となった関係で改造は5編成となりました。2本分は東京臨海高速鉄道70-000形全車10両編成化に伴う編成組み替えの際に余剰となった70-000形の先頭車4両と中間車2両の計6両をJR東日本が購入し、2005年3月、中間車2両を新規に製造し、4両編成2本を組成、209系3100番台(ハエ71,72)編成としました。これら7編成の投入により、103系3000、3500番台は廃車となりました。

2053000

それから13年、山手線にE235系が投入され、E231系500番台が中央総武緩行線に転属、E231系0番台が八高・川越線に改造の上、転属することとなり、2018年7月に205系3000番台が運用離脱・廃車、一部は富士急行に譲渡されました。また209系3000番台4本も2019年2月で運用を終えました。
さらに2022年3月のダイヤ改正ではワンマン運転が開始され、それに先立って209系3100番台も2012年12月25日に運用離脱、2022年1月9日の特別運行を以って運行を終了しました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 通勤電車シリーズ 205系 47 富士急行への譲渡 part1 2017年度までに譲渡された編成 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 49 富士急行への譲渡 part2 6502編成 トーマスランド20周年記念号 »

電車_旧形国電」カテゴリの記事

通勤電車」カテゴリの記事

電車103系」カテゴリの記事

電車205系」カテゴリの記事

電車209系」カテゴリの記事

三セク鉄道」カテゴリの記事

民鉄:富士急行」カテゴリの記事

コメント

B 767-281様こんにちは。八高線も今回のダイヤ改正でワンマン運転になりました。E231系に統一されたのはその関係でしょうが、本当に車両の入れ替えは目まぐるしいです。ぼーとしているとまだキハ35が走っているような感覚になります。全く別のお話ですが一昨年E233のT37編成に出くわしましたら、車内が車端部を除きLEDに変わっていてとても明るく感じました。これもサロ導入の準備でしょうか。

細井忠邦さま、おはようございます。
209系3100番台も1月にリタイアしていたのですね。これは失念していました。後で追記します。
中央快速線の12両化も車両面、駅のホーム延長などかなり進んできましたが、社長の一声とはいえ、いざ実現となると大変なプロジェクトですね。

いつも懐かしい日々の記録をありがとうございます。
楽しく見させていただいています(*^.^*)
さて、サハ103-3005 ですが、旧番は モハ72979 と思われます。
また、川56編成のクハ103は、モハ102側が偶数向きですので、3501と3502が逆と思われます。
余計なお話、失礼いたしました。

モハ1005-モハ1006-クハ2003 さま、こんにちは。

ご指摘、ありがとうございます。サハ103-3005の旧番号の件、さらに改造担当工場も集成いたしました。またハエ56編成の編成向きが逆になっていました。種車の番号と照らし合わせながら修正いたしました。

早速のご指摘、誠にありがとうございます。

はじめてコメントさせて頂きます。
205系大転配の事を調べていたらこのブログに辿り着き、詳細な内容に圧倒され、以来ちょくちょく拝見させて頂いております。
本当にいつもありがとうございます。
そんな中で、珍しく記事に誤りがあったので(おそらく単なる勘違いだと思いますが)コメントさせて頂きました。
記事冒頭の電化開業時期について、川越〜高麗川間は埼京線開業と同時の85年9月30日に電化されています。
当時自分は小6で御徒町に住んでいて、開業翌日の都民の日の休みを使って早速乗りに行ったのでよく覚えているんです。
開業記念乗車券は今でも大事に取ってあります。
埼京線はATCの不具合かなんかで初日からダイヤが乱れまくりで、都民の日に自分が乗った電車もノロノロ運転でした。

あれから38年近く経つんですねえ(笑)

これからも楽しみに拝見させて頂きますので、よろしくお願い致します。

sapporo-nagashimaさま、はじめまして。

間違いをご指摘頂き、誠にありがとうございます。
1985年9月30日と言えば、つくばで開催された科学博の最終日でした。私は大学院を修了し、つくばの研究所に就職し、2年半が過ぎた頃でしたが、科学博のおかげで常磐道が東京の首都高と繋がり、つくばにも活気が出てきた頃でした。
205系の大転配の記録、ついこの前の話と思っても、もはや20年前だったりして、時間の経つのはつくづく速いと感じる今日この頃です。
 身近なことでも意外と知らないで通り過ぎていることは多くあるものです。それをある時点でもう一度しっかり、掘り起こしてみると意外な事実に気づくものです。
これからも拙Blogの記事がお役に立てればと思います。
ご指摘の個所は修正しておきました。ありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 通勤電車シリーズ 205系 47 富士急行への譲渡 part1 2017年度までに譲渡された編成 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 49 富士急行への譲渡 part2 6502編成 トーマスランド20周年記念号 »

カテゴリー

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村