« 西武2000系8連 最後の1編成 2007Fが「ありがとう2007F」HMを掲示して運行 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 45 南武線の3編成から武蔵野線の2編成へ »

2022年4月11日 (月)

通勤電車シリーズ 205系 44 横浜線からの撤退とH26編成の6両が南武線への転属

少し間が空きましたが、再び205系の話題に戻ります。

1988年9月から蒲田電車区に新製配置が始まり、保安装置は根岸線用にATC6形、横浜線用にATS-Bを搭載、1993年にはヤテ2編成が編成を短縮し、一時的に貸し出され、1994年には26編成体制となり、サハ204-100番台の連結、大転配では2003年にH27編成が加わり、同時期デジタル無線・D-ATC導入がなされ、最後は8両全てが4扉のH28編成が2009年に加わるという歴史を刻んできた横浜線の205系も埼京線に続き、2014年2月16日からはE233系6000番台による置き換えが開始されました。

205-h26-120512

2012/5/12 八王子みなみ野 在りし日のH26編成

置き換えが行われる中、2014年3月15日のダイヤ改正に向け、余剰となったH26編成がサハ205-232、サハ204-126を抜き取られ、6連として2月25日、中原電車区に転属、新たにナハ17編成となりました。尚、このナハ17編成の存在は私も205系のヒストリーを調べるまでは気づかず、撮り逃がしていました。編成から抜かれた2両は2月5日付で廃車となりました。横浜線における205系の活躍は2014年8月23日をもって終了、

205_20220410103901

H1,H2,H4,H6,H7,H8,H9,H11,H12,H13,H14,H15,H17,H18,H19,H21,H22,H23,H24,H25,H27,H28の22編成は廃車後インドネシアへ譲渡されました。また鉄道総研に譲渡されたサハ204-105はその後、国立の鉄道総研から搬出され、広島県三原市の三菱重工総合交通システム検証施設「MIHARA試験センター」に移され、試験に供されました(情報はこちら)。

E2336000-h001-170911 2017/9/11 長津田 E233系6000番台 H001編成

2014年1月から8月にかけ、E233系6000番台28編成(8両編成)が新製配置され今日に至るまで活躍を続けています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武2000系8連 最後の1編成 2007Fが「ありがとう2007F」HMを掲示して運行 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 45 南武線の3編成から武蔵野線の2編成へ »

通勤電車」カテゴリの記事

電車205系」カテゴリの記事

電車E233系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武2000系8連 最後の1編成 2007Fが「ありがとう2007F」HMを掲示して運行 | トップページ | 通勤電車シリーズ 205系 45 南武線の3編成から武蔵野線の2編成へ »

カテゴリー

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村