« 大川端・佃島周辺を散策する part2 佃島 住吉神社 | トップページ | 流鉄 5000形 ニューデザインの「流星」 »

2022年5月 9日 (月)

常磐線快速E231系デビュー20周年記念HM

新型コロナウイルス蔓延以来、初めての外出制限の無いゴールデンウィークが終わりましたが、果たしてこれから数日間、新規感染者数がどうなるのか気になるところではあります。ロシアによるウクライナ侵攻は5月9日の第二次世界大戦の対ドイツ戦勝記念日を迎え、ロシアが戦果を出そうと躍起になっているようですが、やればやるほど泥沼のように感じます。そもそも今のロシア軍にプーチンが求めるような戦果を挙げる気力が残っているのでしょうか?

 さて今年のゴールデンウィークはいつものことですが、混雑する行楽地などには一切行かず、ひたすら近場で鉄道写真を撮影したり、自宅で趣味に没頭する日々でした。そんな中、4月30日には、久しぶりに常磐線沿線にでかけ、馬橋で常磐線や流鉄線を撮影してきました。

E231-101-220430 2022/4/30 馬橋 マト101編成

 松戸車両センター(東マト)に配置されているE231系基本番台は2001年11月から2004年2月にかけて新製配置され、その後、三鷹車両センターから転属した編成と合わせて現在は基本10両編成18本(101~119、118は欠)、付属5両編成19本(121~139)が配置されていますが、2002年3月3日の運転開始からこの3月で20年になることを記念し、マト101編成に「E231系デビュー20周年」のHMが装着され、運転しています。

 なお、松戸車両センターでは2022年3月19日に「常磐快速線 E231系 デビュー20周年記念 撮影会&見学会」が開催され、E231系マト101編成、同マト125編成(常磐線開業125周年記念HM掲示)、E233系2000番台マト6編成、E531系K451編成(赤電ラッピング)、EF8181号機(寝台特急「ゆうづる」HM掲示)が展示されました。なお、当日のマト101編成は営業運転開始前、試運転をしているときのエメラルドグリーン一色帯の姿が再現されたそうです(情報はこちら)。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム

最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 大川端・佃島周辺を散策する part2 佃島 住吉神社 | トップページ | 流鉄 5000形 ニューデザインの「流星」 »

電車E231系」カテゴリの記事

コメント

B 767-281様お早うございます。馬橋駅での撮影私はとても懐かしいです。85年頃九州から大挙状況してきたクハ481赤スカート車を良く撮りました。筑波万博輸送で生き残った401系も良い被写体でした。E231系20年ですか❗️年月の経過が年と共に早く感じます。ウクライナ危機、やはり武力たい武力では解決しない見本だと思います。9条について「時代にそぐわなくなった」などとしたり顔で語る人々がいますが、現実はどうあれ理想を掲げなければ人類の進歩はないと思います。

細井忠邦さま、おはようございます。

東京近郊にあって、編成全体が撮影出来て、快速線のみならず、緩行線、さらには流鉄線も撮影できるという点でも馬橋は貴重な殺意ポイントですね。

TBSの報道特集でウクライナ危機に乗じて、核シェアリングや防衛費の増強などを盛んに発言する安倍晋三を始めとした自民党議員のことをやってましたが、まさに被爆国の元首相が核シェアリングについて言い出すなんて恥ずかしい限り化と感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大川端・佃島周辺を散策する part2 佃島 住吉神社 | トップページ | 流鉄 5000形 ニューデザインの「流星」 »

カテゴリー

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村