« 西武 40000系 40158F 営業運転を開始 | トップページ | 209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part4 »

2022年7月12日 (火)

209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part3

209系500番台のうち、三鷹区に移動した501から512編成は2018年、2019年に山手線のE231系500番台が中央・総武緩行線に転用されるまで同線で活躍しましたが513編成から517編成は波乱万丈の人生を歩みました。京浜東北線用として浦和電車区に転属したウラ81、82、83、84編成は2008年、同線用にE233系1000番台が配置されるにあたり、京葉車両センターに転属となりました。この転属で201系の貫通編成が淘汰されました。


3134


209500-32-090215-3


2009/2/15 蘇我 ケヨ32編成

209500-33-090215_20220711143001 2009/2/15 蘇我 ケヨ33編成

209500-34-171009 2017/10/9 南船橋 ケヨ34編成


E231500-4t-110608


2011/6/8 大宮 山手線用4扉T車の配給輸送 黄色の編成がB27編成


一方、山手線のホームドア設置でE231系500番台の6扉車(サハE230形500番台)を廃車するためサハE231形600番台、4600番台が製造されることになり、その配給輸送用に三鷹車両センターのB27編成が東京総合車両センターに転属の上、使用されることになったため、その分の穴埋め用としてウラ80編成はミツ516編成として三鷹車両センターに復帰しました。

516


209500-516-100403


2010/4/3 西荻窪 ミツ516編成


京葉線における209系500番台の4編成揃っての活躍期間は短く、2010年にはE233系5000番台の投入が開始され、ケヨ34編成以外は武蔵野線へ転用となります。一方で、E233系5000番台 の配置が一段落した現在においてもケヨ34編成は依然として京葉線で活躍中です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 
鉄道コム


最後まで読んで戴きありがとうございます。
上のリンクをクリックされると面白い鉄道記事満載のブログ村。もしくは鉄道コムに飛ぶことができます。

« 西武 40000系 40158F 営業運転を開始 | トップページ | 209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part4 »

電車209系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武 40000系 40158F 営業運転を開始 | トップページ | 209系500番台 JR東日本の通勤車両において各線を転々とした少数派 part4 »

カテゴリー

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村

  • 日本ブログ村